奈良県生駒市の屋根工事店 安井瓦店はこんな感じです。

奈良県生駒市の屋根工事業者[安井瓦店]の身近な最新情報・工事状況など・・・。一生に一度あるかないかの屋根の葺き替え工事で失敗したくない方。普段は気にならないけど、何かのきっかけで屋根や瓦の事がもっと詳しく知りたいと思った方。安井瓦店に仕事を頼もうと思ったけどどんな店?ちゃんとやってるの?って思った方とか・・・読んでくださいね(^−^) ※ブログ形式で更新してますが、当日の出来事ではなかったりします<(_ _)> 雨漏り修理・屋根葺き替え工事・樋・住宅板金・塗装など家を長持ちさせるのに効果的な外回りのリフォーム・メンテナンスはお任せ下さい(^^)/ フリーダイヤル 0120−175−725 で連絡して下さい。ホームページやメールでのお問い合わせも随時受け付けております。

現場調査・見積りから工事発注まで

近所のリピーターさん と 金の話

暖かくなってきて、周期的に雨ということもあり現場調査がボチボチ増えてきました。
コロナの影響もあり、マスク着用で失礼してます。m(__)m

RIMG1991
画像は9年前に葺き替え工事させて頂いた屋根の工事前のひどい状態。

今回 その時「ついでにやっておいた方が」とお勧めしてた別の箇所の工事を結局させて頂く事になりました。
税金、材料、副資材、廃棄物処分代などなど9年間で全てが値上がりしてるせいで、当時の見積りより高くなってしまい申し訳なく思いますね。
(そういえば原油価格が暴落してますが、今まで原油価格高騰が理由で値上げしてた材料・運賃関係はちょっとでも値下げしてくれるのかな・・・?)


見積書を見て、ぱっと見「たかっ」って思う時。

冷静に考えて下さい。

例えば220万の見積りを出してても、20万は頂いてないですから。

10%の金額差は、お客様の心理的に工事をするかしないかに関わってきてるんでコロナをきっかけに消費税を何とかしてほしいものです。
このタイミングでの減税に文句ある人っていてるんですかね?

R0026410

9年経っても工事した部分はきれいなままでした。
二回目の注文ありがとうございました。

好きな色にしたらえーねん!

DSC_0021外壁塗装なども含め、トータルで家の外回りの気になる箇所を中心にした改修工事。

好みの色の黒は長い目で見ると薄くなりやすいという塗装職人の意見とか、出来るだけ安くとかありましたが、そういうこともいろいろ話し合って煮詰めたうえで工事しました。


R0026138トータルいい感じに仕上がったと思います。

R0026142
屋根葺き替えもやると高額になるので屋根は修理・補強がメインですが、壁が黒ならここも黒じゃないとおかしいやろと黙って追加でやってる見積外工事もあります

お客様(中学の時同じクラス)はたぶん気付いてないですが、最終喜んでくれてたんで良かった。

そもそも最初の現場調査の時に同じクラスやった事も気付いてなかったしな・・・

見積りについて。工務店やリフォーム業者は割高?

R0024321
工務店やリフォーム業者に屋根や塗装などの専門工事を頼むとピンハネされるから割高になると、ネットでもよく出てますがどうなんでしょう?

もちろんそれが当てはまる事例も現状で多々あるとは思います。

ですが、工務店やリフォーム業者(以下工務・リ業者で)もちゃんとしてるところは信用で商売してるんですよね。

信用で商売してる工務・リ業者は、これからもキッチン、トイレ、お風呂改装などの家の事を頼んでくれるかもしれない見込み客、もしくはすでに工事してもらったお客さんに、クレームが出るような専門業者を下請けとして普通は使い続けないです。

何回か仕事を依頼してダメな業者だったら変えるという経験は、エンドユーザーには中々出来無い事なので、専門業者に対する目利き能力が培われてるはず。

この目利き能力に対して払う対価は十分ピン(一割)以上の価値があると思います。

そして、信用で商売してる工務・リ業者はもし下請けが失敗した時、赤字になってでも全力でフォローします。

信用で商売してる工務・リ業者は前回の見積り比較サイト以上の役割をすでにしてるんですね。

下請けも信用で商売してる工務・リ業者の仕事の量が安定してあれば、直接工事のお客さんより安く請け負います。多分・・・
(少なくともうちはそうしてますけど)

それらを考えると、信用で商売してる工務・リ業者がもしピン(一割)ハネだったら格安だと思います。

R0024424


画像は今回のテーマとは全く関係ない葺き替え工事の前後です。

工事のご注文有難うございました。









見積りについて。ネットで検索

DSC_0676最近、屋根工事の見積りを検索すると上位に出てくる比較サイト。

画像は見積比較サイトの文句を言ってるブログ(たまたま見つけたけど何のブログか忘れてしまった)にそれ系のサイトの広告が張り付いてるカオスな画像。

うちにも定期的に比較サイトに登録しませんかって営業メールが来ます。

「こんなお客さんからの問い合わせが来てます」「詳しいことは登録すれば教えます」「今なら無料で登録出来ます」って感じで。

現在主流の見積システムを前提にネットではいろんな情報が出てますね。ざっくり見て大まかに感じたのは

・一式で書いてるのは怪しい→一概に言えないと思う

・相見積をしたほうがいい→一概に言えないと思う

・崔渦舛いら→そもそも、その平米数は正確か?(屋根材面積か野地面積かくらいなら大きい差はないですが意図的に大幅に増やしてる例に、塗装工事の壁面積も含めて何回か相見積りで遭遇してるので。)

一概に言えない理由を詳しく書くと長くなりすぎるので今回はやめておきます。

新築と違って屋根葺き替え、修理、リフォームは値段だけで比較するのは危険じゃないかと・・・。

実例で言うと他社が400万で見積もった改修工事をうちは260万、他社が26万で見積もった雨漏り修理を2万5千円で直したことがあります。

もちろん逆にうちの方が高い場合も多々ありました。
お互いに相手が不要と考える工程もこっちには必要と考える場合もあるから。

結論を言うと判断力、技術力の割合が高い工事費用は今の比較サイトでは無理があるのでは?

見積り比較サイトは登録店の判断力、技術力、実績が公平かつ正確に数値化出来たら成り立つかなと思います。(お客様の声じゃなくて)

(追伸)
画像にかすかに映ってる比較サイト「リクラシ」ってとこの問い合わせ先を検索したらいろいろ問題発生してるようですね。
https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_080_666.html

このサイトの利用規約を縦読みした結果、分かりやすく要約すると「取引で問題が発生してもうちには全く責任はありません。」て感じでとにかく自社に不利が起きても大丈夫なよう万全の法武装をしてる感じです。

この記事が読まれる頃には苦情の口コミは全部削除されてるかも・・・










屋根ダメージ

DSC_0205現場調査の時に屋根瓦を見ると何が原因でそうなったか分かります。

画像の屋根は地震でボディーブローを受けた後、台風でフックを食らったのが推測出来ます。

頑丈な建物に限って、地震の揺れが直接瓦に影響してしまってますね。

去年の災害の被害や修理を糧にして、これからの工事のレベルアップにつなげていこうと思います。

雨漏り修理は用心深く進めてます。

R0022909よく雨漏り修理であることですが、原因が1つじゃない事があります。

今回も1つ目の原因はお客様がステンレスの板で応急処置してしばらくは直ってました。(コーキングで直さずステンレスの板を使ってくれてるところが職人好みです。)

でも、すぐ隣に二つ目の原因が・・・

R0022911見積もりの段階で、ギリギリまでコストを下げる判断をすると二つの原因を直すだけの金額で工事すればいいのですが、同じ個所から漏れる可能性のある三つ目の怪しい原因も見受けられたので、それも直す見積もりを提案しました。

撤去すると予想通り雨水が入った跡がありました。
予想が当たるって気持ちのいい事ですね
R0022921

解体した方が・・・

R0022703誰も住んでない家

施主「何とかなりません?」

自分「解体屋を呼んだ方が・・・」

自分「¥お金さえ出してくれたら何とでもするよ」

施主「予算がないんで・・・」

自分「じゃ、そのままにしてたら

施主とは言え友達なんで、そんな会話を数年前から何度かしてましたが、取り合えず先を見据えた応急的な工事をする事にしました。(シートは寿命が短いので、取り換え可能な仕様にしてます。)

DSC_0156土地の転売促進と流通促進を図る目的で更地の固定資産の評価を上げるのはわかりますが、倒壊の危険がある建物に関しては、更地にした方が得になる制度があった方がいいんじゃないかと思いますね。

※自治体によっては解体費用助成金などの対策してるところもあるようです。






修理工事で延命治療

R0022348雨漏り修理の依頼です。

このお客様とはおよそ20年で、樋やら波板やら合わせてメンテナンス的な工事を5回程させてもらってます。
(もっとあったかも?)

20年前の説明では、いずれ漏れたり崩れたりして問題発生する箇所が結構あるから葺き替えを勧めてました。
画像の屋根も専門家が見ればいつ漏れてもおかしくない状況なのが分かります。

もししないのであれば、問題発生するごとに呼んでくれたらその都度対応しますよとは言ってましたが・・・。

最近はせっかく見積書を作って持って行ってもあまり見ないで、かかった分ちゃんと請求してねって言ってくれます。

地元でこういうお客様がちょっとずつ増えるのが当店の理想です。



小工事をした時に聞かれる事

R0020650すぐ近所で、同じセメント瓦の前回と同じパターンの修理工事。

葺き替えした方がいいのか?費用はどれくらいなのか?修理したけどあとどれくらい持つのかなど色々聞かれました。

ネットで検索するのもいいですが、本当の事は実際に長く工事に携わってる職人に直接聞くのがいいと思います。

自社で作ってるホームページなんかはいい事しか書きません。※うちも含めて

腕はいいのに説明が下手だったり偏った考え方の職人さんも時々いてますけど・・・

R0020657


好きな色は人それぞれ

DSC_0700屋根材の色はどんな色がいいのでしょうか?

それぞれの屋根材でいろんな色が出てますが、色によってその屋根材の性能が変わる事はほとんど無いです。

好きな色を選べばいいと思います。

たまたまかもしれませんが、女性のほうが男性より家全体の壁の色とかとのトータルバランスを考えて選ぶ方が多いような気がします。

あとは「屋根なんかいつも見てるわけちゃうし、何色でもえーわ」って人もそこそこ多いですね。

何か落ちてきた!

RIMG8820夜中に大きな音がして、瓦が落ちてきたようです。

落ちてくる程ひどくなるまで、それなりに時間がかかります。
一般的に古民家と言われるような和風の家は特に定期的に点検する事がお勧めです。

営業圏内の点検・相談は今のところ無料でやってますのでお気軽にお問合せ下さい。



緊急工事

RIMG7519雨が降る中見に行きましたが、えらい事になってました。

順番ずつ工事をこなしているのですが、雨漏りしてる現場や今回のような現場が出ると、段取りがずれ込む場合があります。



葺き替えか修理か

RIMG4580家が古くなってきて屋根も傷んで来たら、どうしたら良いのかよくある質問。

もちろん後々の保証も考えてお互いに一番安心なのは葺き替え工事。

おススメです

修理は現状の傷み具合から判断する修理のやり方や方法によって金額が変わってくるので、何件もの修理の経験を元にそのお客様にとって一番いい方法を一緒に考えてます。

専門的な事は興味ない人に無理に値打ちつけて説明してません。

RIMG5129いつも同じパターンですが、葺き替えと修理の見積金額をそれぞれ出して、客観的な説明をしてますので、それらを考慮して最終的に判断してもらったらと思います。







見積り段階での現場調査

RIMG2878屋根葺き替え工事の見積りでは現場調査をしてから工事の方法を考えて金額を出します。

今回の現場はRC構造の建物で、前回工事した業者が下地の処理をどうしてるかがかなり金額のポイントになってきます。

出来れば既存の屋根材を一部撤去して下地の状態を確認したいのですが、この屋根材のひび割れ等がひどくて部分的に撤去する際に破損してしまう可能性があります。

工事が決定しなかったらそれを直す費用は誰が負担するのか?ということで今までの経験で考えられる範囲で見積りしました。


RIMG2876写真は、工事をする事が決定してから部分的に撤去させてもらったんですが案の定隣の屋根材が割れてしまいました。(決まってるからって扱いが荒かったのも多少あるかも・・・


屋根修理のきっかけ

RIMG2154軒先の瓦(巴瓦)が落ちてしまいました。

下の屋根の瓦も割れて、お隣さんに瓦も落ちてしまったので修理の依頼です。

念の為、他の場所も点検したところ怪しい箇所が多く見られました。

一箇所こういう症状が出ると、他の同じ箇所も同じ工法でやってると想像出来ます。

RIMG2110「葺き替え工事は考えてないとの事ですが、将来的に問題が出そうな部分は、今回をきっかけにまとめてちゃんとした修理をしてはどうでしょうか?
結構ありますけど(汗)・・・」

との提案を快く承諾してもらえました。

しかし、いつも思いますが、お客様に技術的な不具合をわかりやすく説明するのは本当に難しいです。


「あそことあそこが怪しい・・」って言ってるお前が一番怪しいわ!とか思われてる時もあるでしょうね




見積りの現場調査で屋根に上がると・・・

お客様の見積依頼で屋根に上がると近所に見覚えのある屋根が・・・

RIMG1717





こちらは違う住宅地の見積りで。
RIMG4319





どちらも主に棟の積み替え工事など、気になる部分の修理工事を当店がしてからちょうど2年程経ってます。

同じ様な修理でしたが、使える瓦をどう使うか、どこを重点に修理するかなどは微妙に変えてます。

目的は、"修理で出来る範囲の出来るだけ安くて長持ち" で同じです。


何度も工事してたらわかります。

RIMG0925雨水が集まる谷部分。

「雨漏りしてないし、修理しなくても大丈夫では・・・」とお客様。

でも出来れば修理する事を勧めました。

解体するとやっぱりあまりいい状態ではなかったです。


RIMG1386



太鼓梁

RIMG0657当店がした屋根ではないですが、瓦が浮いてるとの事で見に行きました。

確かに浮いてましたが、なんだか不自然です。

土葺き工法の瓦屋根なので、葺き土が乾いてないのに歩いたりしたのかな?

でも全体的にきっちり工事してあったので違うと思い、瓦をめくって下地をチェックすると、太鼓梁が年数経って下から押し上げてるのが原因でした。

「葺き替えしたほうがいいですか?」と聞かれましたが「もったいないと思いますよ」と答えました。

人の好みはそれぞれ

RIMG1855現調・見積もりでは、大体同じ様な説明をいつもしてますが、お客様によって反応は様々ですね。

出来るだけ空気を読んで希望に答えれるように頑張ってます

最近以前工事したお客様の紹介が増えてきてるのはありがたい事です。(空気読めてたかな?)

屋根に上がると瓦が・・・

nosigaotiterumekurekaketakawaraまるで人がやったかのように、瓦が落ちたり浮いたりしてますが、雨や突風の影響で画像のようになってます。

しかしどちらも築約30年経ってるのに瓦自体はそんなに傷んでません。

最近の主流の施工方法だとこういう状況になる可能性はかなり低いので、ちゃんと施工すれば瓦の屋根は長持ちしますよ。



モルタルの軒裏にシミ

morutarunokiura 軒裏の素材が木であれば、雨漏りした時のシミは割と早く出来ますが、モルタルの場合は少し時間がかかります。

左の写真はちょっと汚れてるかなって程度ですが、部屋中まで雨漏りしてしまってます。

下の写真は塗膜が剥がれてわかりやすく、部屋中まで漏れてないので塗装だけして済ませても良さそうに思いますが、

塗装は塗ってる素材が湿気るとどうしても浮いてきやすいので、雨漏りを直さず塗装だけしても数年後に又同じ事になります。

 

morutarutomakuhagare

三軒目の瓦屋らしい。(自慢話)

yabaiyane 雨漏りの修理依頼をうけまして、現場調査に行ったのですが、状況は末期ガン状態。

写真くらいならそれなりに修理できるんですが、瓦屋的には、見た目地味なのにもっとひどい箇所が他にたくさんありまして、正直どこからでも雨漏りする可能性アリ。

当然正直に「葺き替えしないと雨漏りの保証はできません。まともな瓦屋なら同じ答えですよ。」と伝えたところ、

「実は安井瓦店さんで三軒目なんです。皆さん同じ事言ってました。」

やっぱり・・・。

しかしそんな事を聞くと、他店ができなかった事をうちは出来ると差をつけたいという思いが出てしまい、「保証無しでいいなら」と逃げをきっちり作った上で「やるだけやってみます。」って言ってしまいました。

それなりに自信はありましたので。

結果はピンポイントの修理で何とか治ったようです。

 

 

 

 

見積りの現場調査にて 

gurendaizaa ベランダに転がってる最終回マジンガーZを発見。

胸の部分でグレンダイザーグレートマジンガーと違うのが分かります。

「これも修理しますかー?ヘラヘラ」

 

なんて言わずに真面目に現場調査します。

 

 

 

 

見積もりの時の現場調査

toikanagugauiteru リフォームの際に、解体をしてから初めて発見した不具合を工事するため、見積もりを超える請求が来る場合が良くあるようです。

当店は見積もり以上の請求をしない約束

をしてますので、現場調査の際に写真のような症状を見逃しません。

屋根工事業者なら、この写真でどの程度下地の木が腐ってるかが判明します。

 

修理依頼 実例

BlogPaint 瓦屋「もしもし 安井瓦店ですけど」

お客様「カラーベストが一枚落ちてきたんですけど・・」

瓦屋「カラーベストの色は何色でしょうか?」

お客様「黒です。」

 

カラーベストでも種類が何種類もありますので、電話だけでは断定できませんが、今回のお客様のように明確に答えて頂ければ、

予想で在庫の材料を持って行き

見に行くのと同時に修理することが出来て、いらちな関西人にぴったり。

 

もちろん修理の前にはお値段も言います。

 

かと言って

「イブシで切落の大袖が一枚割れてんねん。地瓦の働きは八寸五分やから56判でいけると思う。一応2・3枚持ってきて。」

こんなお客様からの問い合わせは今までありませんので、わかる範囲だけでお答え頂ければ助かります。

 

 

屋根材が割れてる

besutoware まだ築15年経たずに割れてしまったカラーベストの一種。

 

この状態でも雨漏りこそしてませんが、強風で飛んで隣の家のカーポートや車に直撃する前に修理しましょう。

 

 

 

早めの修理がお得

boroboro瓦の屋根は、こんな風になる前に修理しましょう。

下地の木が腐る前に修理すれば、比較的安く修理できます。


 

屋根葺き替え工事で気をつけること

hukikaetyuu屋根だけじゃないかもしれませんが、

リフォーム工事は、工事中に思いがけなく傷んでる箇所を発見したり、予想外の追加工事が必要になる時がありがちです。

が、

経験と実績がある専門業者であれば、予想外はありません。

極端に見積りより請求が高くなるのはどうかと思います。

屋根チェック

yanenouragawa屋根に登らなくても、下から見て、こんなシミが軒裏に出来てたら雨水が入ってます。

家の中の天井だったら気付きやすいですが・・・

外から屋根の裏側を見てまわりましょう。

安井瓦店
お客様フリーダイヤル
0120−175−725
TEL 0743−75−5950
FAX 0743−21−3635
会社概要
奈良県・生駒の屋根工事店
イブシ瓦からカラーベスト、
樋工事まで・・・



月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ