2016年05月31日

小まめにON/OFF?

我が家で起こった、第一次電気論争。

皆さんも聞いたことないですか?

「蛍光灯はこまめにON/OFFすると
余計にお金がかかる」


妻はこれを主張し付けっぱなし派。

私も、その話は聞いた事がありますが、
小まめにON/OFF派。

かくして、第一次電気論争が起こります。


妻を言いくるめるために理論武装しようと
色々調べてみました。

電気を付けた際に発生する大電流を
「突入電流」といいます。

しかし、照明器具のような商品では
「突入電流」が発生しても、
ほんの一瞬。

電気を多く消費するといっても、
ほんの一瞬なので、付けっぱなしに
するよりは、小まめにON/OFF
したほうが電気代は安く済みます。


では、なぜ、小まめにON/OFF
すると余計にお金がかかるといった
噂が流れるのか?

実は、蛍光灯は、ON/OFFするたびに
製品寿命が30分〜1時間程短縮
するそうです。

電気代を節約しても、製品代が
かかってしまうと、どっちが安上がり?

といったところから、
小まめにON/OFFは、
余計にお金がかかるといった内容に
なっていったということでした。

かくして、我が家の第一次電気論争は
引き分けにおわるのでした。

_20160531_215743



yasukiti2 at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック その他 

2016年05月29日

シンスプリント

運動盛りのお子さん、
そういったお子さん特有の症状に
悩まされるケースがあります。


クラブ活動で大会が目前に
迫ってくると、練習量が増えます。

勿論、生徒もそれにこたえようと
一生懸命練習します。

そうすると、筋肉に疲労が溜まります。

ある時、この疲労が一気に噴き出し、
スネの部分で痛みが発症します。

跳んだり跳ねたりで痛みが出ます。


陸上部やバレー部などの競技者で
多い症状です。
(シンスプリントと言います)

対策には色々あります。

ゞ敍を休ませる
(出来ればそうしたいと思っていても
部活などを考えてなかなか・・・)

▲汽檗璽拭爾筌好肇譽奪
(筋肉にかける負担を減らす)

シューズを新調する
(クッション性の高いシューズを
使用し、筋肉への負荷を減らす)

ぢ里力弔澆鮗茲蟒く
(体が歪んでいると、負担が
一部に集中し、痛みに繋がる)

ナ發方を修正する
(足にかける負担を減らす)


自分で出来る対策をしても、まだ痛い。

こういった時には、体のバランスを調整
してあげると、驚くほど症状が改善する
そういったケースも珍しくありません。

痛みを退治するには、
痛んでしまう原因を取り除くことが
一番ですね。

IMG_20160529_193308

yasukiti2 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 愛知西尾カイロの症例 

2016年05月28日

梨ジャムのてるてる坊主

これからの時期、大活躍の
てるてる坊主さん。

おとついの記事の梨ジャムの布を
再利用して、リュックにも
付けれるよう金具をプラス。

可愛く仕上げてくれました。
(嫁さんが^^)

くるくると丸めてしばるだけなので
アイデア賞ですね。

_20160528_193029
IMG_20160528_193340

yasukiti2 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック その他 

2016年05月27日

隠れた歴史スポット イオンの古墳

西尾市のお隣、岡崎市。

この岡崎市の中心部に
イオン岡崎があり、
隠れた歴史スポット?として
古墳があります。

店内ではなく、駐車場の一角に
ひっそりと佇んでいるのですが、
桜の木や、藤棚が整備されていて
気持ちいい風が吹いています。

この古墳周りの駐車場は、
空いている確率が高く、穴場です。

当院にお越しのついでに、
寄られる患者様もちょくちょく
いらっしゃいますよ^^

_20160527_221250
_20160527_221343

yasukiti2 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック その他 

2016年05月26日

朝のお楽しみ〜

西尾に住んで、本当に美味しいな
と思ったものの一つ、「梨」。

採れたものを採れた場所で、
すぐに頂けるので、みずみずしさが
違います。

去年は、加賀(私)史上最高に梨を
食べた一年でした。


その梨農家さんが作った梨ジャム。
産直市場で購入してきました。
(当院から歩いて10分ほどの場所。
西尾市の農業屋さんというお店)

明日の朝食のお供はこれで決まり。

生活にちょっとした彩りが出て、
幸せですね^^

_20160526_215754


yasukiti2 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック その他 
profile



院長: 加賀 泰之

「学生時代から肩こりでしんどい思いをしてきた妻」
私の初めての患者様は、慢性的な肩こりで悩んでいた妻でした。
私が治療家になる練習台として、日々、妻が私の施術を受けていたのですが、ある時から全くと言ってよいほど、肩が凝らなくなりました。
そのおかげですいすいと家事をこなせ、その結果、週末に時間の余裕が出来、楽しく過ごす時間が増えました。

食べるものが変わったわけでも、生活スタイルが変わったわけでもありません。

変わったのは「体質」です。妻だけではなく、その後、義父さんや義祖父など凝りや痛みで悩んでいた私の身の周りの方から効果を実感して頂け、今では多くの患者様から笑顔を頂いております。次はあなたの笑顔の番かもしれません^^






Archives