私の散歩道

毎朝の散歩でのあれこれ、雑感

エケベリアと芭蕉の花

昨日の続きです。自治医大から大宮に向かって歩いているときに、非常に珍しい多肉種の花を見ましたが
エケベリアまでわかりましたが同じ多肉種でも形状が違います。やっと探し当てた名前は、エケベリアの仲間の
シャビアナ・ピンクフリルというそうです。花が咲き始めています。丈は30センチの余はありましたでしょうか?
シャビアナ・ピンクフリル花

シャビアナ・ピンクフリル・えけべりあ

次に見たのは中学校の校庭に芭蕉の花が咲き又実もなっていました。ここで芭蕉の花と実に出会えるとは・・・・
夢のよう〜
IMG_1295

IMG_1296

IMG_1297

IMG_1298

芭蕉の実と花

歩く道が変っただけで嬉しい花と出会うことが出来ました。医大病院で3時間待ちした苦が消えました。
次回の来院にはどんな花に出会えるでしょうか?楽しみです。

眼科通院の帰りに

この日は自治医大の眼科に通院。庭に見た花見ず木の実が見事です。まず一番に目についたのはハナミズキの実がスカイブルーの空に見事な彩、この風景眺めながら大宮駅まで歩くことにしましょう〜
IMG_1271

IMG_1271

IMG_1272

病院の庭に見られる紅葉した木々も気分を和ませるものがあり木の名前はハゼ?
この木何の木気になる木名前がはっきりしないのが残念。
IMG_1273

木の幹
IMG_1274

ズームで思い切り引き寄せて撮りました。葉の形お判りになりますか?
IMG_1275

しばらく歩かなかったこの道、まだまだ私には楽しいものが見られる道でしたがまた明日に続きます。
眼科通院も待ち時間の長いことがつらいです。何処までもどこまでも歩いている方が楽しい。また明日。

サネカズラの実

ウオーキングの帰り知り合いと出会いました。おじ様の言うことは、サネカズラの実が沢山なったから写真を
撮って欲しいとのこと依頼され早速ご希望にこたえ印刷して届けました。私もこのようにたくさんの実を付けた
サネカズラは初めて見たのです。写真とどけたら大変喜んでおいででした。
IMG_1113

IMG_1114

IMG_1115

IMG_1116

下手な写真でも喜んでくださいました。その姿を見てまた嬉しい私です。
この知り合いは庭いっぱい花、木を植えて楽しんでいます。私もそれに便乗して写真パチリです。
毎日が楽しい散歩です。サネカズラは昔の殿方の整髪料とのことです。水につけて出た粘りで髪を整えたことから出た名前と思います。

アプチロンの花2種と椿の花

友人に頂いたアプチロンの花、地植えにしたら花も木も元気になりました。これは割に花は大きい方と思います。
5センチ位あります。
私のアプチロン

このアプチロンは可愛い花2.5センチ位の花色はオレンジと紅色を混ぜたような色をしています。
私の知り合いの花です。
知人のアプチロン

今年は椿の開花が早いような気がします。この花を持ってきた方は茶道の先生でした。頂いた人は早速
飾りましたが名前は聞き忘れてしまいました。後で確認次第入力いたします。
イザヨイバラ様よりこの椿の名前お知らせありました。マンヨウゴシキ(万葉五色)
椿の開花

この椿は清楚な感じのする花です。山茶花と椿の見分けはおおよそわかるようになりましたが名前までは
判らないのです。トホホホ(゚∇゚ ;)エッ!?
今回の、マンヨウゴシキの検索は難しかったです。
イザヨイバラ様のお蔭で名前の判明嬉しかったです。ありがとうございます。(⌒-⌒)

大宮公園の黄葉と私の町の紅葉

朝のストレッチ、ラジオ体操も終わり家路に着こうとするときに目に入った黄葉を撮りましたが今は銀杏、
メタセコイヤなどが松の緑と共にとても穏やかな景色に寒さも苦にならず楽しみながら写真をパチリパチリ。
家路を急ぐ人影も見えます。公園の中、池の周りは私のオアシスです。
IMG_1184

IMG_1185

IMG_1186

IMG_1189

IMG_1193

IMG_1194

毎年、越冬しにくる渡り鳥(オオバン) 体の黒い嘴の白さが目立つ野鳥、渡り鳥と聞きました。
IMG_1203

これか等は帰宅途中に見た紅葉、真っ赤だなといいたい。南天とその実です。
IMG_1210

IMG_1211

楓の紅葉もきれいです。
IMG_1221

最期はドウダンツツジの紅葉の見事さにウットリしながら写真撮る楽しさ味わいました。まさに真っ赤だな
IMG_1324

これで朝の楽しみは終わりました。本日歩行数17,168歩

花の名前は難しい

ヘミジギア・ピンクサファイア。初めて見る花でした。
ヘミジギアは、ごく最近出回るようになったシソ科の半耐寒性宿根草です。ヘミジギア属は、南アフリカ原産で ... ヘミジギアの花. 草丈. 30センチ 花は、シソ科によく見られる小さなピンクの花が穂状に咲きます。
ヘミジギアピンクサファイア・

シクラメン。と聞くと布施明思い出します。
シクラメン

ピンクッション(pincushion)  
学名  leucospermum cordifolium
分類  ヤマモガシ科 レウコスペルマム属
原産  南アフリカ
ピンクッション

プリンセチア。
ポインセチアとの違いは、葉色です。花のように見える色づいた葉っぱが、ポインセチアが真っ赤なのに対して、プリンンセチアは、薄いピンク色の葉色をしています。
プリンセチア

金魚草
金魚草

ゼラニューム。別名テンジクアオイ。フウロソウ科。多年草(ハーブの一種)
IMG_1003

千紅花火(アルテラナンセラ)熱帯アメリカ原産
千紅花火

花の世界も広がり名前が判りにくくなりました。これも栽培技術の向上によることも多いと思います。

皇帝ダリア早く咲かないと・・・

寒くなりました。コウテイダリア早く咲かないと霜に当たり枯れてしまいますよ〜
IMG_9903

スイカズラ科・ツクバネウツギ属の常緑低木。花ツクバネウツギ又は花園ツクバネウツギの和名も有りますが
私達はアベリアと呼んでいます。園芸種にはピンクの花を咲かせるものもあります。
IMG_0882

友の菊の花
IMG_1026

散歩道で見た柚子、今年は大当たり見たい。何処にも色づき始めた柚子が目立ち始めました。
IMG_1032

IMG_1033

シシユズ
IMG_1034

柊の花。この花は撮り難いのです。リベンジしましたが・・・・・思うようにいかないものです。
IMG_1041

アプチロン。この花は散歩で知り合った方から頂いた花。鉢植えから地植えにしたら、まあなんと元気モリモリ
寒くなった今でも花を咲かせています。
IMG_1042

20数年あの道この道歩きながら大勢の方から声をかけた頂けるようになりました。嬉しい事散歩の楽しみにも
拍車がかかります。

三日月と花たち

11月16日AM5時5分の東の空に見た消え入りそうな三日月です。
IMG_1043

公園到着6時朝のストレッチとラジオ体操終了後帰宅時に見た池に写りこむ銀杏の葉の黄葉です。
IMG_1047

IMG_1049

IMG_1050

自宅近くで見たムシトリナデシコの花
IMG_1059

ツルハナナスの花。別名・ヤマホロシ。
IMG_1064

ミヤコワスレの鉢植え
IMG_1065

ゴヨウマツバックの薔薇。
IMG_1067

ヒイラギの花が咲きだしました。香りできずきました。
IMG_1070

IMG_1072

IMG_1073

ひいらぎの花開花白い小さな花の撮り難い事、参った・・・・・もう一度挑戦してみよう〜

山茶花か椿の花か?

11月10日椿開花、椿にしては早い開花と思います。
IMG_0851

IMG_0850

IMG_0852

花弁がバラバラに落ちるのが山茶花、花ごとポトンと落ちるのが椿と覚えた私。咲きだしたこの花を早い開花に
山茶花???or椿考えてしまいましたが今朝の散歩帰りに地面に落下した花は丸ごとポトリと落ちていました。
矢張り椿でした。
IMG_1028

IMG_1029

丸ごとポトリ花が落ちました。これは椿の花でした。
山茶花と椿の葉は大きさも違います。山茶花の葉は椿より小さくまた細かいギザギザが付いている。
IMG_1028

IMG_1029
又花の開花も山茶花の方が早い私なりに考えた、椿と山茶花の見分け方でした。本日歩行数17,735歩。 歩きすぎました。

散歩道に咲く花

早朝ウオークの帰りに見た花、美容室の入り口に置かれていたアプチロンの花です。同じアプチロンでも我が家のアプチロンはクリーム色の花で花もこの花の倍は大きいと思います。アプチロンも種類が多いですね。
IMG_1007

見上げるほどの金柑の大木。実は沢山なりますが、この沢山の実どうするのでしょうね?今に山の様に
ポタポタ落ちてくるのです。ああもったいない。
IMG_1009

四季なり苺毎日のように花を咲かせていると思ったら何時の間に実が付き始めました。
四季なり苺とはよく名づけましたね。
IMG_1016

IMG_1017

山茶花の花、この家の奥様と何時の間に会えばおしゃべりをするようになりました。以前この山茶花は
このようにたくさんの花を咲かせた記憶がないと話したら、植木鉢から地植えに変えたとのこと。見事でしょう。
IMG_1020

IMG_1021

IMG_1022

花を通して多くの方々と知り合いお喋りを楽しんでいます。袖触れ合うも多生の縁とやら…散歩も楽しい。
午後より雨が降り始めました。これからは一雨ごとに気温が下がるそうです。風邪引きませんようにお大事に。
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ