私の散歩道

毎朝の散歩でのあれこれ、雑感

早朝の芝川土手の出会い

それは26日朝5時20分ごろ芝川土手を歩行中、かられた草の上に大きな亀を発見、これは何亀?
私は草亀のように思いましたがもし違いましたら教えて下さい。しゃがみ込みつついても何をしてもびくともしない。首を多少動かす位、水に戻してよいのやら、何故川から這い上がってじっとしているのか?
帰りに見たときはもういなかった。あらゆる角度から写真を撮ってみましたがびくともしない。
20年の余この道歩いているが亀を見たのは初めての事、ああ驚いた朝。
カメ1
カメ2
カメ3
カメ4
カメ5
カメ6
この日の朝は好天だった。モンシロチョウが舞っている。シャッター半押しで粘ること数分、何とか撮れたと思ったら同じ道でトンボが飛んでいるのを見た今シーズン初めての事。これでは公園到着定時は到着は無理。
ツマグロヒョウモンチョウの雄?とモンシロチョウ
ツマグロヒョウモンオス
モンシロチョウ
モンシロチョウ1
モンシロチョウ2
トンボ何トンボか判らない?麦わらトンボかな?
トンボ1
トンボ2
トンボ3
季節の代わりを知らされた朝の事でした。公園到着ピッチを上げ何とか間に合った。ホッとしたひと時です。

トウカエデの緑とワルナスビの花

天気の合間を見ての散歩に美しい新緑の季節、見惚れます。この季節には花後の実がイッパイ下がっている。
小さいプロペラ上の実でした。秋の紅葉が何とも言えない美し衣替え。私の好きな散歩道大和田公園です。
IMG_6056
IMG_6059
IMG_6060
トウカエデの敷地内の日当たりの良い隅にワルナスビの花がこの世の春とばかりに咲き誇っていますが
対峙することが困難な植物、これを称して*ワルナスビ*といいます。以下ネット参照

生態. ヨーロッパ原産の帰化植物で牧草地や荒れ地、道ばたなどに生育します。茎は節ごとに曲がっています。葉はナスの葉に似ていますが、縁は波状に浅く切れ込み、葉や茎にトゲがたくさんあります。6〜9月にかけてナスに似た白または紫色の花を咲かせ ています。実は有毒、副作用は、嘔吐

此の悪ナスビの生態をご存知ないかた方はご自分の庭に植えているのを見ましたが、
実は有毒、副作用は、嘔吐。退治の困難な植物ご自分の庭には植えないでください。
IMG_6063
IMG_6065
IMG_6066
IMG_6067
畠の周りの散歩に見る花に、黄色い花のクサノオウは、ケシ科の4弁花、ちょいと見愛らしい花ですが
くれぐれもお子様にご注意くださいね。

ムクゲの花と西洋人参木の花

ムクゲの花の一斉開花です。
IMG_7694
西洋人参木(セイヨウニンジンボク)も咲きだした。優しい花色が好き。名前の由来は朝鮮人参のはににている。
又ヨーロッパ南部原産地であることから西洋人参木と名付けられたそうです。またハーブとしての効用も
素晴らしいものがあります。

セイヨウニンジンボクは女性特有の体の不調に効果があります。
PMSと呼ばれる月経前緊張状態の改善、月経不順や無月経、不妊の改善や女性ホルモンの分泌の正常化など、悩んでいる人にはありがたい効能が多くあります。

目立った健康被害や副作用も報告されておらず、比較的安心なハーブとされています。
IMG_7697
IMG_7698
IMG_7699
IMG_7700
天気が良いとウオーキングに汗が流れます。タオルと忘れたら大変なことです。ご注意ください。

見沼市民の森農園めぐり

雨も上がり午後より晴れ間が出ました。久しぶりに市民の森の農園めぐりをしてみましょう〜
目指す畑にはもうスイカが沢山なっています。昔と栽培方法も変りました。大きくなった実はネットの袋に入れ
支えに結んであります。幾つもブラブラ楽しい風景です。
IMG_7162
IMG_7164
IMG_7165
IMG_7170
IMG_7178
IMG_7176
種類の違う西瓜です。色が黄色くなるのです。IMG_7177
パッションフルーツも栽培されていました。昨年はここの耕作者に2個のパッションフルーツ頂きましたっけ。
IMG_7167
IMG_7168
IMG_7169
ここからは南瓜のブラブラゴロゴロ、大豊作です。IMG_7181
IMG_7182
IMG_7196
IMG_7197
IMG_7204
IMG_7205
IMG_7206
IMG_7207
アリウム(ネギ科の花)も咲いています。たくさんの実がなり楽しい農園めぐりでした。
IMG_7208
IMG_7210
一生懸命に頑張っている方が多いのですが、中には草まみれの畑も見られます。何か侘しい気持ちになってしまいます。借りられる年限は2年が限度らしいのですが耕作希望者がいないときは同じ畑を続け手借りられるということでした。畑の隅に花が咲き楽しい農園めぐりでした。

グロリオサが満開

この画像は24日朝の散歩の帰り道友のお庭拝見、グロリオサの花が見事に咲いています。
何時もこのお庭拝見には、一種の羨ましさを感じます。花の季節が来ると吸い込まれるように寄りこんで
しまいます。私の家はのびのびと花を咲かせる余地がありませんが優しい友が沢山いるから楽しい散歩も出来ます。以下参照・・・・・

グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産のユリ科グロリオサ属の植物の総称。 球茎を持つ落葉性の多年生植物。乾季のないモンスーン気候に適している。別名、ユリグルマ、キツネユリ。 日本では高知県などで観賞用の球根の商業栽培が行われている。 ウィキペディア
IMG_7299
IMG_7300
IMG_7302
今朝は雨の為朝の散歩は休みましたが午後より市民の森に行ってみたいと思います。
大宮公園で皆さんと明日会えると嬉しいですね。

真っ赤なナワシロイチゴ

毎朝の行事大宮公園でのラジオ体操。ストレッチ。仲間と楽しいおしゃべりも終わり今朝は一人でのお帰りです。今朝の帰り道の選択は、見沼田んぼ周りと決めて歩きだし東武野田線
沿線まで来ると線路際に赤い粒粒が見える。草をかき分けそばによるとなんとまあそれは
ナワシロイチゴですよ〜早速一粒口に・・・味はイマイチです?早すぎたのでしょうか?
一面のヘビイチゴは見ましたが、線路際ずっと続いたナワシロイチゴの集団も見事なもの。
見沼田んぼ周りの帰宅遠回りですが一人気ままに歩く楽しみあじわったけさのこと。
歩行数は一万五千6百歩でした。カンカン照りでないとまだ歩けますね。
IMG_7334

IMG_7337 IMG_7338 IMG_7341 IMG_7344 IMG_7346 IMG_7347 見沼田んぼ周りの帰宅は様々な植物に恵まれカメラを友達に歩くのもいいものです。この次来るときは 菊芋の花盛り目指しましょう〜明日の天気はどうなんでしょうね。 ナワシロイチゴ バラ科キイチゴ属。 落葉低木で全体に棘があり、他の草の上に覆い被さるように育つ。 蕾を見ると萼の回りの腺毛が生えている。鮮赤色の宝石のような果実を集合果につける野苺の仲間なのです。 別名サツキイチゴ。

様々な白い花

6月22日に撮った花は偶然のことに白花オンリーです。アベリアの花が咲き始めました。
今から21年前、歩き始めたころの友から教えてくれた名前はアベリアというんだけれど
アベサンと覚えておけば忘れないと言われこの花の名は当時の思い出と共に忘れないでいるが、友はその後大手術をしてウオーキングもままならなくなり寂しいがお互いの交流は絶えない。私にとっては忘れられない花となりました。
IMG_7010
IMG_7013 橋の下に見える花、コリアンダーの残り花、こぼれた種から芽生えて花を咲かせたのでしょう〜 IMG_7017 IMG_7019 IMG_7021 IMG_7023 IMG_7096 IMG_7099 IMG_7100 クチナシロードの花。ここを歩くとクチナシの香りが漂ってきます。この季節の変わらない風景です。 友の庭の花、インドハマユウの開花です。この方とは花を通して仲良しになりました。 九州では降り続く大雨、皮肉な事に私の住むところではろくに雨が降りません。ダムの取水制限10% 周辺の大雨情報に気が休まりません。

夕焼け空の思いで

18日夕方の画像です。コンビニに送金依頼しに行きましたその帰りに見た月です。何回も
何回もシャッター切りました。
IMG_6699 IMG_6700 IMG_6702 大分日が伸びていたんですね振り返った西の空は夕焼け小焼けが始っています。
IMG_6705 友の店花屋さんに寄ったら親子で忙しそうにお花の組み付けをしています。今度の日曜日は父の日。 道理でラッピングされた向日葵が沢山ショーケースに入っていました。長居は無用向日葵パチリで退散。 仕事の邪魔してごめんなさい。
IMG_6733 IMG_6734 IMG_6737 IMG_6748 自宅まで帰った時の空は暗くなり始めています。
IMG_6773 IMG_6777 最近は日中の暑さにたまりかね、夕方の用足しが多くなります。思いがけない夕焼け空に子供のころに見た 思い出懐かしい。

ウオーキング朝の風景

18日の朝の大宮公園付近の風景です。夏椿は一日花、地面には前日の花が無数に
落ちている人に踏まれて、車に惹かれ・・・・・無残です。蓮の花の名残花、エゴの実
IMG_6579

IMG_6580 IMG_6621 IMG_6622 IMG_6628 ラジオ体操を終わり帰りに見た池は水鏡です。何とも穏やかな眺め、陽射しが強くなり水面は写りこむ陽射しに ギンギンぎらぎら、今朝は所要の為大宮公園より電車に一駅乗車します。その前にお蕎麦屋さんのそばの花 撮りましょう IMG_6629 IMG_6631 IMG_6632 IMG_6636 IMG_6639 IMG_6640 厳しい真夏日のウオーキングは早朝に限ります、帰宅後のシャワーは何よりのご馳走です。今日も元気で。

葡萄とサフランモドキ

近所の生け垣の外にブドウが…大分、房も大きくなりました。もう少しで食べられますよ〜
野鳥の餌に、子供がつまむときも…ときには喉のかわいた私が私が頂くときもあります。
美味しいブドウです。
IMG_6581 IMG_6582 IMG_6583 IMG_6585 IMG_6586 サフランモドキの花が一斉開花可愛い花です。何故モドキがつくのかネット検索しました。以下参照。 江戸時代に鑑賞用として導入され、サフランと呼ばれていたが、 後にハーブの本物のサフランが導入されてからサフランモドキと呼ばれるようになった。 IMG_6594 IMG_6595 IMG_6596 IMG_6598 朝の散歩も楽しく又花の様子も実の様子も変ってくるのですから毎日の観察も楽しいです。また明日。
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ