帰ってきた「スキーヤーは幌付車の夢をみるか?」

「オープンカーで如何にしてスキーに行くか?」という難題に挑戦してきた迷サイト「スキーヤーは幌付車の夢をみるか?」がブログで復活!

image
例年ですと、12月の後半、雪がたっぷり積もってから初滑りをするのですが(寒暖差で硬くて狭いコースで混み合うのが嫌)、今年はちょっと早めに行ってきました。というのも、Little Gree Monsterと並んで私がここ数年注目している新潟のローカルアイドルユニットNegicco(ネギっこ)のライブイベント「私をネギーに連れてって」が苗場で開催されたから。

このイベントは昨年から始まったのですが「まだ滑れないのに新幹線代払って苗場まで行くのはどうも」と参加に踏ん切りがつきませんでした。
しかし今年はカメムシも多く雪が早い気がしたので、初滑りを兼ねてチケットをゲット。

越後湯沢は前日からの雪が残り、なかなか寒い朝。否が応でも盛り上がります。
image
ゲレンデは例年より早くみつまたに雪があり、広い中間斜面で基本的な動きやポジションの確認、昨シーズンからの宿題のおさらいができました。例年この時期だと、急で混んでて硬いかぐらのメインゲレンデしか滑れないので、これはラッキー。幸先のいいシーズンインになりました。
image

Negiccoの方は、単純に苗場プリンスのブリザーディウム(ユーミンのコンサートをやる会場)で2日間ライブをやるだけかと思ったらさにあらず、歴代のポスターや衣装の展示、プロデューサーと一緒にミニ四駆を楽しめるサーキット!スタッフが店主をつとめる居酒屋(ファンとスタッフが語り合うイベントもあり)、メンバーの描いた絵の個展、ファンから募集した似顔絵コーナー、と「年に一度のお祭り」という様相で、翌日もライブだけでなく、朝からメンバーによるラジオ体操、エアロビ、ヨガのレッスン(?)があったり、食事もネギや彼女たちがCMに出演している地元企業の食材を使った特別メニューだったりと、二日間に渡り苗場プリンスという空間を使い切るかなり濃いイベントでした。
image

私は物販コーナーの予想以上の大行列に時間をとられ、それらのイベントを見る時間がなかったのが惜しまれます。
image

ライブ自体はかなり満足度の高いものでした。バラエティ豊かでありながらかなり聴かせる楽曲のクオリティの高さは兼ねてから認識していましたが、ステージで躍動する彼女たちの唄とダンスのパフォーマンスレベルは、事前にネットで見ていた映像よりも格段に高かったです。また映像では伝わらない、メインで歌っていない時の表情や仕草など、三人三様の個性とステージに対する真摯さが垣間見えて、やはり現場は大切だな、と思いました。
image

印象的だったのはファンとの信頼関係。意外にもコアなドルオタ世代の男子は6〜7割で、それ以外は彼女たちと同年代や女性や、壮年から老年のご夫婦、子供連れ、とローカルアイドルらしい幅広いファン層が印象的で、コアなファンたちも、誰もが一緒に楽しめるように配慮してか、過剰に統率的でない熱くもユルイ抑えの効いた応援スタイルだったのが好印象でした。
それに応えるように、彼女たちも間奏では幾度も客席に降り、メンバー全員取りこぼしのないように通路を巡ってハイタッチ。そればかりか、通路から離れたお客のために客席の中に入り込む熱の入りよう。
この距離感はファンがオトナで、アーティストやスタッフとの信頼関係がないと不可能です。

Negiccoの結成は14年前、1か月限定の企画だったのを自らの意思で延長し、孤立無援の中でメンバー自身や家族、ファンの手弁当で活動を続けここまで来た、というストーリーをステージのこちらと向こうで「自分の事」として共有している証だと思います。私のイチ推し井上昌己さんとファンの間にもそのような空気がありますが、こういうアーティストは強いです。おそらくこれから10年20年、彼女たち自身が望む限り活動していけると確信しました。

翌日はやはりみつまたで。やや気温は高くなりましたが、いい天気の下、シーズンオフのブランクは感覚的には解消したので、昨日練習したポイントを抑えつつ滑り込みました。
image

スキーとアイドルという私の二大趣味を満喫した有意義な初滑りでした。
image
来年も行くかも…

fullsizeoutput_1bbb
今度は986の時に万が一に備えて準備していたタイヤチェーンを出品してみました
テスト装着はしましたが、結局一度も走行していません。東京だとタイヤチェーンは粗大ゴミになるので、売れて欲しいです。

ちなみに、先日出品したウインターブレードは売れましたが、スキーアタッチメントはまだ売れてません

IMG_2665
このブログでも何度か触れていますが、私の一推しアーティストは井上昌己さんです。例年クリスマスライブで一年のファン活動を締めるのですが、今年はチケットが早々にSOLD OUTしてしまい、昨日の東京タワー展望台のCLUB333でのフリーライブが今年最後の応援になりました。
IMG_2664
来年から東京タワーは大規模な改装工事に入るそうで、いままで幾度となく開催してきたCLUB333でのフリーライブも当分お預け(ひょっとしたら最後?)とのことでした。アコースティック編成での生演奏で2ステージ、フリーライブとは思えない内容。
IMG_3574
タダでは申し訳ないので、物販コーナーで来年の卓上カレンダーを買おうと思っていたのですが、生産が間に合わなかったようで、本日メールで注文しました。

東京タワーを舞台にした1曲「星空からのエレベーター」作詞の松井五郎さんを迎えての熱唱、年の瀬恒例の「Merry X'masをあげたい」でサイリウムを振り、大満足で今年の応援を締めることができました。来年もいい曲、いい音楽に巡り会えるといいなあ。

image

昨日のような連休でない祝日は、やり残したことをやるのに絶好のチャンス。午前中にヤフオク出品を済ませて、天気が回復した後は紅葉ツーリングの汚れを落とすべくコイン洗車場へ。
先日、トイレ掃除のブラシがホイールの掃除に便利との情報がみんカラ(どなたのエントリーか忘れてしまった汗)があったため、100円ショップ「Seria」で購入した「ナイロントイレクリーナーB」を試しててみました。

結論から言うとこれは使えます!まず柄が長いので姿勢がラクですし、凹んだ隅の部分にも先端のスポンジがフィットします。
image

スポンジ部には薄いプラ板のような芯が入っていて、コシがあるのに薄く潰れるので、ブレーキキャリパーとホイールの隙間にもしっかり入って綺麗にできます。
image


トイレ掃除に不可欠な先端の曲がりはホイールの裏側の掃除にもピッタリフィット。
image

なんだかホイールがだんだんトイレに見えてきますが、丸くて凹みがあって裏側もあるので、意外と似てるのかも?

思わぬ便利グッズの発見と綺麗なった愛車に満足しながら近所のコンビニで一服。ジョージアは相変わらず不味い。
image

先日、981に買い換えて不要になったワイパーブレードゴムをヤフオクに出品しましたが、今度は純正のスキーアタッチメントと
yafuoku01
BOSCHのウインターブレードを
yafuoku02

それぞれ出品しました
そろそろスキーシーズンも近づいてきたので、売れるといいなあ。

私がここ数年注目しているアーティストの一組がリトグリことLittle Gree Monsterです。ちょっと懐かしい感じのモータウンやディスコっぽい曲を心地よく綺麗なコーラスアレンジで聴かせてくれるところが気に入ってます。わかりやすくいうと現代女子高生版フィンガー5みたいな感じで、R&B好きのおっさんにも刺さるサウンドだと思うのですが、先日はフリーライブにでかけてみたら、ファンは同年代の女の子が多いみたいですね。
IMG_2630
そんな彼女たちがついに紅白歌合戦に出場することになりました。

メンバーに関西出身が多いこともあり、人気は西高東低な気がします。リトグリと聞いてもピンとこない人もこのCMをみれば「あー」と思ってもらえると思います。(メインの女の子はモデルの唐田えりかさんで、メンバーではありません)

今年は一つの目標だった武道館でのライブを実現させるも、メンバーの脱退(上の動画で赤いヘッドフォンをしている)などもあったりと山あり谷ありで、ウオッチしてきた私としては紅白出場は嬉しいニュース。いまから大晦日が楽しみです。

以前乗っていた986ボクスターには純正のスキーキャリアがあり、当初は雪道を走ってスキーにも行ってました。
K3100006

しかし、ここ10年くらいはボクスターをスキーに使うのは春のみになり、さらに981には純正キャリアもなく、外板がアルミなのでマグネットキャリアも着けられず。
しょうがないので、板を中積みしても内装を傷つけないように夏に自作したスキーカバーを使い、実際に板をボクスターに積んでみました。

テストに使ったのはこの2台。SL用の165センチとGS用の184センチ。
image
自作カバーで包むとこんな感じ。
image

まず165センチは余裕で助手席に積めます。(ウインドデフレクターは外します)。
image
幌の開閉もそのままできます。
IMG_3429

184センチは、これ以上奥に突っ込むと先端がリアウインドウに当たってしまい、後端がギリギリでドアをくぐりません。(逆に言えば180センチ未満ならなんとか入りそう)
image
そこで一計を案じます。幌を一旦この位置まで開いてから
IMG_3430
板を積み込み(二台いけます)、
IMG_3431
その後幌を閉めれば大丈夫。
IMG_3432
私一人でのゲートトレーニングなら、よほどの土砂降りでない限りこれでいけるでしょう。

986ボクスターでもこの方法で184センチがギリギリ入りました。981ボクスターはホイールベースが伸びてるので幌を閉じたまま入るかな?と期待したのですが同じでした。
IMG_7130

妻は雨が降ったら滑りませんので、助手席を使う場合は潔くこれですね!
IMG_3433
走ってもせいぜい苗場からみつまたまでなのでこれでなんとなります。

しかしこの情報、役に立つ人いるのかな?

IMG_2622
天気が回復した三日目。昨日の雨は標高によっては雪だったようで、苗場のゲレンデも大斜面まで雪化粧。
IMG_3436
まあまだ根雪にはならないでしょうが、気分は盛り上がりますねえ。

基本今日は帰るだけですが、ちょっと赤谷湖に立ち寄りました。地味で昔からあるっぽい湖ですが、実はダム湖で、元々の猿ヶ京温泉はこの湖底に沈んでいます。この周囲の紅葉もなかなか。
IMG_3442
IMG_3447
IMG_3449

お昼はいつもの「銀の月」
IMG_2620
いつのまにか店名から「月夜野庭」が取れてました。
IMG_3451
今日は渋滞前に帰りたかったので手早くいただけるチョイス。妻は「月のコース」
IMG_3452
私はヒレカツのコースにしました。
IMG_3453
いつもは「脂の甘みこそここのトンカツの醍醐味」とロースをチョイスするのですが、今日はあっさりとヒレ。サクッと歯が入っていく適度な柔らかさとたんぱく質の旨味。たまにはヒレもいいですね。
IMG_3455
デザートはヨーグルトとリンゴのジェラード。
IMG_3456
雪が融けるまでここもお預けだなあ。つらいなあ。

最後に休憩した赤城高原SAで撮ったこの一枚が今回のベストショットかも。
IMG_3457

IMG_2586
本日はあいにくの天気なので、色々食べて回りました。ランチは久しぶり、上越国際スキー場近くの「廻るすし道楽」
妻は「道楽海鮮胡麻みそ温玉丼」880円
IMG_2584
私は「道楽ランチ」980円
fullsizeoutput_1b7a
ちょっと追加で炙り蒸し牡蠣とサーモンのにぎり。
IMG_2585
これで合計2340円!あいかわらず美味しくて安い!

引き続き越後湯沢駅前「むらんごっつぉ」へ。
IMG_2587
1Fのカフェスペース「水屋」でデザートをいただきます。
2017-11-04-13-23-57
こちらの看板スイーツの「湯澤るうろ」
2017-11-04-13-31-30
米粉を使ったスポンジのキメが細かく、クリープのホイップ具合とベストマッチ。ロールケーキの肝がわかってるなあー。
2017-11-04-13-31-10
ブルーベリーファザレはベリーの酸味の後にフワーッと甘さがくるドラマチックな一品。これもわかってるなあー。

夕飯はこちらもひさしぶり、苗場の名店「プロスペリタ」。ひょっとしてこのブログでは初登場かも?それくらい久しぶり。前菜は「トマトのサラダ」
2017-11-04-18-56-02
トマトを切って、オリーブオイルとバジルをかけてあるだけなんだけど、これが美味い〜トマトのジューシーさが際立ちます。
パスタはなぜか2人ともクリーム系をチョイス。「ガンベレッティ」はぷりぷりの海老がたまらない。
2017-11-04-19-10-02
「サルモーネ」はその名の通りサーモンのクリームパスタ。
2017-11-04-19-10-06
苗場のど真ん中にこれだけまともなイタ飯屋が、それも通年営業を続けているという凄さをあらためて感じました。また来よう。

IMG_3409
981に乗り換えて初の紅葉ツーリング。初日は国道353号から魚沼スカイラインを経由して十日町でランチ、「星峠の棚田」を見て、再び国道353で苗場に帰還、というルートでした。

IMG_3414
苗場くらいの標高ではすでに紅葉はピークを過ぎましたが、魚沼スカイラインはちょうど見頃。そして稜線を走る「スカイライン」ならではの絶景。
uonuma02
遠くの頂には先日の台風一過の冬型で降った雪。
uonuma
なかなかクルマを停めるが難しい狭い道での絶景もあとから切り出せるのはドラレコの威力ですね。

ランチは以前から行ってみたかった、十日町中心部にあるカフェ「ユキマツリ」へ。
2017-11-03-13-20-25
ただ有機栽培の食材を使っているよ、というだけでなく、「一汁三菜」「身土不二」「食材五季」といった越後妻有地方の献立の考え方を現代に紹介するというコンセプトのカフェ。なんか既視感あるな、と思ったら「むらんごっつぉ」の系列みたいですね。
2017-11-03-12-42-44
今日は日替わりの「有機玄米定食」をいただきました。
2017-11-03-12-54-30
コンセプトから想像されるよりシッカリとした味付けで「ロハスだからヘルシーだからガマン」みたいなイメージとは一線を画す感じです。特に画像真ん中のとろろ(一見お味噌汁みたいですが)が美味しかったですね。

お腹を満たしたら同じ十日町市内、大河ドラマ「天地人」のオープニングで有名になった「星峠の棚田」に向かいます。本当は6月や9月の雲海の出る早朝がベストシーズンなのですが都合がつきませんでした。
IMG_3424
晴れた日中も水が張られた棚田に青空が写り込んでなかなかです。山あいに広がる田んぼというのも我々のDNAに刻まれた原風景って感じがします。

帰り道の353号沿いの紅葉も見頃でした。ここもなかなか撮影が難しいんですよね。
r353_02

残念ながら明日は天気が良くないようなので、今日は目一杯楽しめてよかったです。

このページのトップヘ