訴訟詐欺は時効のない刑事事件

訴訟詐欺を犯して逃げている弁護士の師岡康子

三窪洋三は逃亡中、河辺幸雄は出所したのかな

出て来い!三窪洋三元弁護士
被害者救済をしろ!鹿児島県弁護士会
 
 
弁護士非行懲戒専門ブログです
 
鹿児島県弁護士会に三窪洋三という弁護士がいました
事件放置して逃げました
多くの被害者がでました。事件放置された事件は何ら解決もなく
被害者の救済はまったく行われていません
 
  懲戒を受けた弁護士
氏名 三 窪 洋 三 登録番号 23626  
事務所 鹿児島市山下町
三窪法律事務所
2 懲戒の種別   退会命令
 
鹿児島県弁護士会は退会命令を出しもう三窪とは縁を切った
弁護士でもなんでもない当会とは関係ないという態度
退会処分を出しましたから終わりということで弁護士会は逃げます
弁護士懲戒制度とは弁護士会が弁護士に対して行うもので
懲戒請求者や被害者に謝罪しろとか損害賠償しろという制度では
残念ながらありません
 
今だに多くの被害者が泣いています
被害者は自分で元三窪弁護士をさがし出して損害賠償させなければ
なりません。謝罪も当然です必要です
ところが逃げて居所がわかりません
被害者の多くは素人で何をしたらいいのかさえ分りません
こんな時に頼るのが弁護士会ではないのでしょうか
 
この三窪洋三弁護士について鹿児島弁護士会は責任が
ないようにいいますが懲戒処分の要旨をみればはっきりします
 
[簡単な懲戒処分の内容]
① 2002年 着手金受領し事件受任 2008年まで放置既に提訴したと
  依頼者に虚偽報告
② 2004年 事件受任し長期間放置  依頼者からの問い合わせに既に
  提訴し解決した  解決金も支払われたと虚偽報告
③ 依頼者から受任した事件を終了したが清算金を返還しなかった
④ 預かり金を返還しなかった
⑤ 債務整理事件102万円の返還金を返還しなかった
⑥ 2008年8月1日事務所閉鎖、変更届を日弁連に提出しなかった
 
退会処分は2009年に出しました10月に出しました
しかし事件の発端は2002年です
 
2002年から2009年までの間、弁護士会は何をしていたのでしょうか
2002年当時から鹿児島県弁護士会は三窪洋三弁護士の非行は
知っていたのです。遅くとも2004年くらいには知っていたはず 
この時に三窪弁護士を庇うことなく処分していれば被害者は
少なくてすんだはずです
 
鹿児島弁護士会に責任はないとはいえません
しかし弁護士会がいつもいうのは
弁護士会は個人営業のものの集まりです。個別の被害については
当時者の弁護士との間で被害の救済をおこなってください
使用者責任はないとのこと
うちは関係ないと逃げるのは上手です
 
以前に奈良で大きな弁護士の事件がありました
 
弁護士名河辺幸雄
登録番号15201
所属弁護士会奈良
法律事務所名河辺・和田法律事務所
懲戒年度2002年8月
懲戒処分種別除名
処分理由の要旨交通事故の賠償金4200万円着服、他事件放置、報酬高い、預かり金返還せず等
 
 
河辺弁護士は除名になりましたがその前に戒告処分を受けていました

河辺幸雄

奈良弁護士会
戒告(平成8年6月12日処分発効)
【処分理由の要旨】
 河辺は、Aから、平成5年11月、損害賠償請求事件を受任した。
 しかるに、訴訟を提起していないのに、平成6年1月、Aからの問い合わせに対し、大阪の裁判所に訴訟を提起した旨の虚偽の説明をした。更に、上記事件の期日があるとして、同年2月・7月にAを裁判所控え室に待機させ、裁判手続内容や次回期日について虚偽の事実を述べた。
 更に、申立もしていないのに、Aに対し、相続に関する別件の調停は申立済であり、同年2月に調停期日があるが河辺だけ出席する、と虚偽の事実を述べた。
(ゴマさんのHPから)
 
この懲戒処分があるのなら被害者は河辺弁護士のところには行かなかった
事件から処分まで時間がかかりすぎであり公表もしなかった
(当時は自由と正義のみ)
奈良弁護士会も責任があると被害者のみなさんが弁護士会を訴えました
判決は弁護士会の責任まではないという情けない判決でした
当然、元であろうが弁護士を訴える代理人になる弁護士はいません
河辺事件は奈良の弁護士は一人も協力せず司法書士さんがボランティアでやりました
 
まったく奈良の事件の教訓が生かされていない
処分は遅く、公開しないで隠し、被害者救済は一切しない
のんびり審査してる間にまた被害者が増えてくる
金沢くらいでしょうか弁護士会が刑事告発したのは(山口民雄事件) 
 
弁護士会には日弁連照会制度というものがあります
戸籍謄本から住民票など請求できます
これを使って相手に嫌がらせをする弁護士が数多くいます
また、芸能人の戸籍を売買する弁護士もいます
こういう時に使えばいいじゃないですか
 
鹿児島県弁護士会も被害者救済をやる気になれば
住民票などで追跡は可能です。それくらいはすべきでしょう
また公示送達などの手配もしてあげるべきでしょう
 
弁護士会から業務上横領等で告訴すべきであったものを
退会命令で逃がしてしまったと言わざるを得ないでしょう
 
今からでも弁護士会が刑事事件にすべきでしょう
この横領事件はもうすぐ時効になります。
弁護士会は知っています
時効になればどうすることもできないことを
 
私は思いますが、ここは
弁護士会が被害の肩代わりをすべきではないのでしょうか
一旦肩代わりをしておいて弁護士会が三窪元弁護士に請求すれば
いいのですから
 
とにかく、困ったときは弁護士会へどうぞ、というなら
今鹿児島で困ってる方を救済するこれが鹿児島の弁護士会の
仕事ではないのでしょうか
 
いつまで逃げるのだ出て来い!
三窪洋三元弁護士
 
被害者の立場で処理しろ鹿児島県弁護士会!
 
 
正確な懲戒処分の要旨
(1)被懲戒者は2002年2月Aから損害賠償請求訴訟事件を受任し着手金及び諸経費を得ながら2008年1月末ころまで提訴することなく放置しAからの問い合わせに対して既に提訴した旨虚偽の報告をした(2)被懲戒者は2004年1月ころBから損害賠償請求訴訟事件を受任しながら長期間提訴することなく放置しBからの問い合わせに対して既に提訴し解決金が支払われた旨虚偽の報告をした(3)被懲戒者はCから受任した事件の委任契約の終了にあたり金銭の清算をせず預かり金を返還しなかったうえ、委任契約終了にあたり金銭の清算をせず預かり金を返還しなかったうえ委任契約後もCが了承した清算金を返還しなかった(4)被懲戒者はD外2名から受任した債務整理事件の委任契約終了にあたり金銭の清算をせず預かり金を清算しなかった(5)被懲戒者はEから受任した債務整理事件について金102万円の返還義務があるにもかかわらず委任契約終了後も当該金員の返還をしなかった(6)被懲戒者は2008年8月1日以降自身の事務所を閉鎖したにも関わらず事務所移転の変更届けを日弁連に提出しなかった(7)被懲戒者の上記(1)及び(2)の各行為は弁護士職務基本規定第35条及び第36条に上記(3)(4)及び(5)の行為は日弁連会則にそれぞれ違反しいずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する4 処分の効力の生じた日  2009年6月24日  2009年10月1日       日本弁護士連合会
鹿児島県弁護士会HP
http://www.kben.jp/index.php

この時代、ICレコダーは必需品、安くなっている。

大阪府警東署の警部補・T・K被告(34)が、遺失物横領事件の任意の取り調べで暴言を吐いたとして
脅迫罪に問われた事件に関連し、府警は22日、別の窃盗の疑いで、脅迫事件の被害者の男性会社員(35)
を逮捕した。
 逮捕容疑は2009年12月25日から10年1月7日までの間に、勤務先の大阪市内の会社から新品のパソコン1台など(20万6400円相当)を盗んだ疑い。会社員は昨年1月9日に大阪市内にある事務機器の買い取り販売店に売却。その際、身分を証明するため、自身の免許証を使った疑いが持たれている。
 会社員は取り調べに「すべてにおいて黙秘します」と話している。
 最初に疑いを持たれた遺失物横領事件では、20代の女性が09年12月、出勤途中に財布を紛失し
、その後「会いたい」などと不審なメールが届いたため、10年2月に大阪府警に被害届を出した。
メールの送信元から会社員が浮上し、T被告らが10年9月3日に任意同行を求めて取り調べたが、
その際に「殴るぞ」などと暴言を吐いていたことが発覚
内容はICレコーダーに記録されており、T被告は同12月に減給の懲戒処分を受け 21日の初公判では、
検察側が冒頭陳述で、T被告が警察車両や取調室で
「なめとったらあかんぞ手出さへんと思ったら大間違いやぞ
などと、どなって自白を促したと説明。T被告は起訴状の内容を全面的に認め、
3月30日の第2回公判では会社員が意見陳述する予定になっていた。
 初公判翌日の逮捕に、会社員弁護団の秋田真志弁護士は
「逮捕のタイミングも被疑事実のあいまいさも、いずれも不自然。弁護団は不当逮捕として徹底的に
戦っていく」と主張。一方の捜査関係者は「容疑が固まったのが、このタイミングだった」とし、
府警幹部は「会社員が違法行為をしていた点は明確にすべきだと考えた」としている
 
 
別の報道、逮捕は警察の意趣返しか
 
 
弁護士の非行専門です
たまにはこんな記事もいかかでしょうか
 
大阪府警の刑事から
「こら~~ワレなめとった~アカンぞ!」
と言われ録音して刑事相手に裁判して初公判の翌日に逮捕!
 
ということは!!
「なめととったらアカンぞ~お前らのことなんか
なんとでもなるんや~」
「大阪府警、敵にまわしたら、こんな目にあうんやぞ」
「世間の人間も、よう見とかなアカンぞ
これが大阪府警のやり方や~どやっ
 
こういうことではないでしょうか
権力に逆らってはいけません。
我々一般人は権力のあるところに文句など言ってはいけません
黙って従うのが今の日本人の正しい生き方です
エジプトやイランや中国を怖い国家だと思っている方もいますが
我が日本もホンマはこんなんですよ
 
私も弁護士の不正を常々言っていますが、それはそれはいろいろありますが
権力には逆らわずにおとなしく権力に従っております。ハイ
 
               弁護士から
             「こら~弁護士と闘う!なめとんかお前は~」
               私
              「ペロペロ!

極左過激派のチンピラ活動家を自認している師岡康子が犯した訴訟詐欺は卑しい自己保身、まだ逃げ続けている

2011年2月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された
弁護士懲戒処分要旨
大阪弁護士会 小川眞澄弁護士の懲戒処分の要旨 
 
【簡単な内容】
やっと出ました除名処分。元大阪府議で脱税でフイリッピン逃亡弁護士
脱税容疑で逮捕されました。
普通は逮捕された場合。弁護士会は懲戒処分は出しません
有罪になれば自動的に弁護士登録は抹消できますが
この弁護士は最高裁まで頑張りましたので大阪弁護士会も
ええかげんにせい!とやっとこ懲戒処分を出しました
大阪弁護士会も遅きに失したと言わざるを得ません
1回目の懲戒処分、2回目の懲戒処分でも十分に退会命令は可能でした
2005年の時点でもう除名ではなかったのでしょうか
 
【正確な懲戒要旨】
          懲 戒 処 分 の 公 告
大阪弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を
受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により
公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 小川 眞澄 登録番号 15678  大阪弁護士会
事務所 大阪市北区長柄中  小川眞澄法律事務所                 
2 処分の内容        除 名
3 処分の理由の要旨
(1)  被懲戒者はAから損害賠償請求事件を受任したが2005926
預かった和解金3412800円を横領した
(2)  被懲戒者はBから損害賠償請求事件を受任したが2008630
預かった和解金3500万円のうち3250万円を横領した
(3)  被懲戒者はCから道産保管等を受任したが預かり金23601856
   のうち20081024日に50万円同月28日に2300万円を横領
  した
(4)  被懲戒者は国税等の滞納処分の執行を免れるとともに所得税を
  免れるため2006328日頃から同年925日頃までの間、不動産転売による7455万円7469円を自己が管理する有限会社名義の預金口座に入金するとともに同年分の所得の大部分を隠し所得税254961300円を免れた 
(5)  被懲戒者は200837日他人名義の一般旅券発給申請書1通を
  偽造しパスポートセンター申請窓口に提出して行使し他人名義
  の旅券の交付を受けることにより不正の行為によって旅券の交
  付を受けた
(6)  被懲戒者は20081111日国際空港で入国審査官に提示する
  ことにより他人名義の旅券を行使した
(7)  被懲戒者は同日、真正な旅券に入国審査官から出国の確認を
  受けないでフイッピン共和国に渡航した
(8)  被懲戒者は懲戒請求者から遺産分割事件を受任し懲戒請求者が
  取得した預金等の解約手続きを行い200712月までに7200
  1500円を預かったが速やかに弁護士費用等を清算して懲戒請求
  者に預かり金を返還することを怠り20084月までに上記金員
  のうち59421386円を横領し弁護士費用を除く金員につき分割
  弁済の合意をし期日に遅れながら残金27401500円を払って
  いない
(9)  被懲戒者は上記渡航後受任中の事件について依頼者に連絡を
  とることもなく事件を放置している
(10)被懲戒者の上記行為はいずれも弁護士法第56条第1項に
   定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2010年11月20日
2011年2月1日   日本弁護士連合会
 
 
この懲戒処分の要旨で小川弁護士が横領した金額
11752になります
ここまでやった小川弁護士もひどいですが
ここまで庇った、見ていた。大阪弁護士会もすごい
 
 
弁護士名小川眞澄
登録番号15678
所属弁護士会大阪
法律事務所名西日本総合法律事務所
懲戒年度2004年6月
懲戒処分種別戒告
処分理由の要旨遺産分割協議受任したが不成立、着手金等返還に応じず、紛議調停に出ず
処分要旨詳細リンク
  
弁護士名小川眞澄
登録番号15678
所属弁護士会大阪
法律事務所名西日本総合法律事務所
懲戒年度2008年2月
懲戒処分種別戒告
処分理由の要旨弁護士報酬が高い。この後フイリッピンに逃亡
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ