前特捜部長、
村木厚子さんに謝罪…
保釈後会見

大阪地検特捜部の証拠品改ざん・犯人隠避事件で、29日に保釈された前特捜部長・大坪弘道被告(57)(犯人隠避罪で起訴)が記者会見し、郵便不正事件で無罪が確定した厚生労働省元局長の村木厚子さん(55)について「捜査に不備があったと認めざるを得ず、誠に申し訳ない」と謝罪した。

 自身の公判については、「27年間勤務し、貢献してきた検察と戦うことになるのは大変残念だが、名誉のためにはやむを得ない」と話した。

 元副部長・佐賀元明被告(50)(同)も会見し、証拠隠滅罪で起訴された前田恒彦被告(43)の行為について「隠避した事実はございません」と述べ、無罪を主張した。

2011年1月29日20時16分  読売新聞)