弁護士と闘うです
 弁護士の懲戒処分を公開しています
 
土日は弁護士の訪問がないので好きなこと書いてます
 
 
 弁護士なし訴訟急増のワケ 証拠があれば意外と簡単!?
 司法制度改革で弁護士の数が増える中、高額の弁護士費用を嫌って自ら訴訟を起こす、
「弁護士なし訴訟」が急増している。法律のプロを相手に素人が戦いを挑むのは、手続きなども含め、無謀な気もするが、経験者に言わせれば「思いのほか簡単」らしい。
 最高裁が年度ごとに集計する「第一審通常訴訟既済事件数」によると、弁護士なし訴訟の件数は
2006年まで3万件前後で推移してきたが、07年以降4万1000件、4万8000件と右肩上がりに
増加。09年には一気に5万4000件に達した。一方、弁護士数は2000年に約1万7000人だったが、昨年12月に3万人を超えた。
 急増の背景について関係者は「弁護士費用は1回数十万円と大きく、敗訴リスクを考えれば
気軽に依頼できるものではない。
ただ、インターネットで訴状フォーマットを参考にし、裁判の進め方のアドバイスも
見られることから、弁護士なし訴訟の障壁がだいぶ薄らいだのでは」(地裁書記官)とみる。

 
こんなニュースがネットに流れました
 
弁護士の報酬が高いから自分でやりましょう。実際本人訴訟の件数も増えているという
確かに民事で簡単なら自分でやればいいというのですが
そんな果たしてそんなに簡単でしょうか
私は今、本人訴訟をしています。しかも相手は弁護士
事件放置した弁護士に損害を弁償しろという内容です
私が訴状を書いて、相手弁護士から簡単な回答書が来た
原告の主張を棄却せよ。原告の一人は原告不適格(私)だと
しかし27日にほぼ私の本人訴訟は終結しました
 (法廷へは2回行った。準備書面はなし。被告の回答書は1枚のみ)
 
実際は本人訴訟などやりたくない人もいる
 
弁護士が引き受けないから本人訴訟になったまでだ
弁護士は弁護士を訴える代理人にはならない
多くの方が裁判したくても断念している
絶対勝つ裁判でもやらない。弁護士村のオキテだからだ
日頃、人権人権という弁護士ほど弁護士を訴えない
自分が訴えられることがあるからなのか
法律相談さえ受け付けない
 
このブログにも本人訴訟で弁護士を訴えている方はたくさんいる
非常に困難な闘いを強いられている
なにせ相手は弁護士だ。
被告弁護士に代理人をつける弁護士さえいる
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
弁護士懲戒申立も裁判と変わらない
これも訴状と同じくらいの書面や証拠が必要だ
しかも相手は弁護士会という弁護士の団体さん
 
弁護士が団体で知恵をしぼっていかに非行弁護士に罪がないかを考える
年間1600件の懲戒処分申立が出され約70件しか処分されない
こんな業界だ。反省も再発防止策もトップの謝罪もない業界
だいたい
業界の苦情をいいに行って、お願いしますと頭さげて2年ほど処分までかかる
そんな団体が今どこにある
「うちの物が不始末を起こしまして申し訳ございません
まともな団体なら言う
「ほんとうにご苦労さまです。それではお話を聞かせてください」
普通ならこう言うだろう
 
ところが弁護士会は違う
苦情を言いに行ってもどこにそんな証拠がある。弁護士はそのようなことはしない
との考え方になっている「弁護士性善説」だ
 
私は京都弁護士会の綱紀委員の調査で委員の弁護士が
「先生はそのようなことは言ってないと」と言った
非行したという弁護士に「先生」という!
そして私らを「あんたら」と言った。
「私は忙しい、ボランテアでやってるんだ」とも私に怒鳴った
こいつら常識がまったく無いと思った
 
苦情を言いに来た人間に私はボランティアでやってるんだなど言う非常識な
人間が京都弁護士会の綱紀委員をやっている
それでも京都の新井慶有という弁護士の懲戒処分を取った
 
12月に大阪弁護士会の綱紀調査に行った
くそ忙しいのに弁護士会が時間を指定してきて出てこいというのだ
京都から電車で大阪弁護士会に着いた
「茶もださん」
「わざわざ遠くからおこしいただいて・・・」など言う訳がない
「こんにちわ」と言っても横向いたままで名前も名乗らん
なにが綱紀委員だ!お前らに常識があるのか
大人なら「こんにちわ」と言われたら「こんにちわ」というのが当たり前だ
 
京都と同じくらい大阪も常識がない
 
 
イメージ 2
 
話がそれた。 すまん本人訴訟の話やった
 
ニュースでは有力な証拠があれば本人訴訟は簡単だと
確かにそれはそうだ。
証拠というより勝ち負けを決するものがあるかどうか
 
 
私の場合は先に弁護士の懲戒処分を取った
「戒告」だが懲戒処分を取った
相続の事件だったので相続財産管理人弁護士の懲戒申立もした
こちらは棄却になった。
しかし議決書の中で大阪の弁護士が放置したと書いてくれた。
大阪の懲戒処分の議決書と京都の棄却された議決書を証拠として出した
絶対に勝つ裁判だ
しかしこれでも弁護士は仲間を訴える裁判は引き受けない
 
懲戒処分があれば損害賠償の金額のことは別としてなんとかなります
しかし弁護士会はすぐに処分は出しません
懲戒で2年、裁判で早くて半年から1年
こんな時間を掛けてられないのが普通の社会人
それも先刻承知の弁護士会
 
今日のような本人訴訟は簡単ですとマスコミが流したら
弁護士はこれからどうするでしょう
 
イジメにきます。あらゆる手段を使ってくるでしょう
相手側代理人弁護士はイヤ味な質問もしてくるでしょう
 
簡単に裁判ができますよ、などとなれば弁護士はメシの食いあげです
 
今日のニュースはこれから本人訴訟する人にとって良いことではない
記者さんも今後のことと弁護士が引き受けないから本人訴訟が多い
それだけ弁護士の非行も多いというのが抜けている
 
懲戒にしても同じことです
早く、重い処分が簡単に出る!それならだれでも弁護士会に行きます
 
二度と行きたくない。二度と懲戒処分申立などやりたくないと思わせるのが
綱紀委員の仕事なのです。
 
【未来の弁護士会の綱紀委員】
 
「ようこそ!いらしゃいませ!おまちしてました。遠くからほんとうにご苦労さまでした」
 
「本来はこちらからお伺いすべきところをほんとうに申し訳けございません」
 
「どうしました。どうそお座りください。お茶でもどうそ」
 
「堂島ロールをお食べにでもなりながら、お話をお聞きしましょうか」
 
「うちの会の弁護士が不始末をしたようで先に会を代表して謝ります」
 
「またあいつがヘタうりましたか!ほんとうに申し訳ないです」
 
「もうし遅れました。私は綱紀委員の○○です」
 
こんなことは絶対にないわ!
 
すまん、裁判の話が最後には懲戒に戻った