大阪府警東署の警部補・T・K被告(34)が、遺失物横領事件の任意の取り調べで暴言を吐いたとして
脅迫罪に問われた事件に関連し、府警は22日、別の窃盗の疑いで、脅迫事件の被害者の男性会社員(35)
を逮捕した。
 逮捕容疑は2009年12月25日から10年1月7日までの間に、勤務先の大阪市内の会社から新品のパソコン1台など(20万6400円相当)を盗んだ疑い。会社員は昨年1月9日に大阪市内にある事務機器の買い取り販売店に売却。その際、身分を証明するため、自身の免許証を使った疑いが持たれている。
 会社員は取り調べに「すべてにおいて黙秘します」と話している。
 最初に疑いを持たれた遺失物横領事件では、20代の女性が09年12月、出勤途中に財布を紛失し
、その後「会いたい」などと不審なメールが届いたため、10年2月に大阪府警に被害届を出した。
メールの送信元から会社員が浮上し、T被告らが10年9月3日に任意同行を求めて取り調べたが、
その際に「殴るぞ」などと暴言を吐いていたことが発覚
内容はICレコーダーに記録されており、T被告は同12月に減給の懲戒処分を受け 21日の初公判では、
検察側が冒頭陳述で、T被告が警察車両や取調室で
「なめとったらあかんぞ手出さへんと思ったら大間違いやぞ
などと、どなって自白を促したと説明。T被告は起訴状の内容を全面的に認め、
3月30日の第2回公判では会社員が意見陳述する予定になっていた。
 初公判翌日の逮捕に、会社員弁護団の秋田真志弁護士は
「逮捕のタイミングも被疑事実のあいまいさも、いずれも不自然。弁護団は不当逮捕として徹底的に
戦っていく」と主張。一方の捜査関係者は「容疑が固まったのが、このタイミングだった」とし、
府警幹部は「会社員が違法行為をしていた点は明確にすべきだと考えた」としている
 
 
別の報道、逮捕は警察の意趣返しか
 
 
弁護士の非行専門です
たまにはこんな記事もいかかでしょうか
 
大阪府警の刑事から
「こら~~ワレなめとった~アカンぞ!」
と言われ録音して刑事相手に裁判して初公判の翌日に逮捕!
 
ということは!!
「なめととったらアカンぞ~お前らのことなんか
なんとでもなるんや~」
「大阪府警、敵にまわしたら、こんな目にあうんやぞ」
「世間の人間も、よう見とかなアカンぞ
これが大阪府警のやり方や~どやっ
 
こういうことではないでしょうか
権力に逆らってはいけません。
我々一般人は権力のあるところに文句など言ってはいけません
黙って従うのが今の日本人の正しい生き方です
エジプトやイランや中国を怖い国家だと思っている方もいますが
我が日本もホンマはこんなんですよ
 
私も弁護士の不正を常々言っていますが、それはそれはいろいろありますが
権力には逆らわずにおとなしく権力に従っております。ハイ
 
               弁護士から
             「こら~弁護士と闘う!なめとんかお前は~」
               私
              「ペロペロ!