お祭好きの電気屋・岡電のブログ

横浜市旭区で「電気の便利屋」として活躍する岡電のブログです。

思わず叫んでしまった・・・

TBSニュース23で先日発生した
少女のいじめによる電車飛び込み
自殺事案のプチ特集を放映した。

彼女は携帯電話(スマホ)に
メッセージを残していた。

と、ともにメールやラインなどの
残留記録にはいじめの生々しい台詞が
そのまま残されていた。 

その公開された一部をキャスターが
読み上げる。 

「きもいんだよ〜」
「居なくて良いから死ねば良いのに〜」

次の瞬間おいらは

「バカヤローッ!!テメーが死ねっ」

と反射的に大声で怒鳴ってしまった。
 
我に返り、先に床についていた親父が
びっくりして飛び起きなかったことを確認して
ほっとした・・・。 

でもおいらの怒りスイッチを投入するには
十分な破壊力があったことも確かだ。 

おいら自身いじめられ経験あるが故に
この手の感受性が高く、
許せない気持が強いのは間違いなくある。

本当に理不尽な事案だ。
命を落とすまで追い詰めた物は何なのか。
始業式の日に「またあの地獄に戻らねばならぬ」と
思い詰めたことは間違いないのだろう。

まだ登校拒否できる勇気があるなら
死ななくで済んだのかもしれない。
正直で純粋な奴ほどダメージを受けやすい。

と、同時に「重大人権侵害」であり
「犯罪行為」ともあるのに
「いじめ」という言葉で軽く見過ぎていると思う。

結果の重大性を考えればいじめっ子に対しては
刑事責任を問うても決してやり過ぎでは無いと思う。
精神崩壊を起こさせている段階である意味
傷害/殺人と同義でもある。 

前途ある若い命がこうした形で失われることは
本当に社会にとっても大きすぎる損失だ。
何より本人にとってもったいないし、
幾らでも未来はあったはずなのにその
すべてを閉ざしてしまった。
本当に悔しかったことだろう。

前にも何度か書いているが、もしいじめで
悩んでいるのなら 

「 と に か く 逃 げ て く れ 」

まずはそれ以上自分が壊れる前に
自分を守ってくれ。頼むから死なないでくれ。

何だったら右上のプロフから
直接おいらの携帯に電話してくれたっていい。
メールを打ってくれてもいい。
誰でも良いから相談してその悩みを
胸の内を開いて欲しい。

悩みというのは相談すれば軽くなる物だ。
決して自分一人で抱え込まないでくれ。

喝上げとか万引き強要とか
あるいは殴られているとか・・・
そういうのはもう立派に犯罪なのだから
近くの警察署に行って相談するべし。
「生活安全課」と言う部署で受け付けてくれる。

もうこう言う悲しい事件は、起こさないで欲しい。
 

雨が多すぎて・・・・

なんだかんだでずーーっと雨ばっかり・・・。

何気に湿度が・・・・。

そんなさなかいつもの神社に異変を見つけた。

IMG_3196なんと、拝殿の階段に
カビが生えてきて
しまっている。


IMG_3197床板にも
カビのような白い物が・・・?



こりゃまずい・・・建物が傷んでしまう。

そこで急遽高圧洗浄機で洗い流すことにした。

IMG_3200たまったほこり汚れとともに
綺麗になってすっきり。

それにしてもそろそろいい加減
気持の良い秋晴れになって欲しい。 

28年町田天満宮例大祭

今年もとびきり賑やかな二日間・・・。

IMG_3090今年のポスター

名称未設定 4梅鉢が
各町会の
半纏


ホント毎年凝ってる。

NEC_0001まずは祭りの成功を
祈ってお宮さんへ挨拶。

お囃子が賑やか。

NEC_0006残念ながら
一日目は本降り。

予定変更を余儀なく
されました。 
NEC_0004出発を遅らせましたが、
それでも降り止む
気配は無し。


NEC_0007御神輿も雨じまい

引き太鼓は中止。


NEC_0009とは言え、
発輿してからは
みんな元気いっぱい。 


NEC_0011初めは商店街一往復で
おしまいでも仕方無しと
言う話しでしたが、
結局各神酒所を回る事が
できました。 

NEC_0017夜になって雨も和らぎ、
御神輿の養生を解除。



NEC_0019先導提灯には
ポリ袋をすっぽり。
内部照明がLEDだからこそ
できる芸当。

NEC_0023翌日二日目。
この日が宮御輿も回る本番。 

宮御輿も順調に町田街道を遵行。

NEC_0026天気も回復。お祭り日和。 
雨の心配もありません。



NEC_0027いよいよ二日目のお発ち。




NEC_0028昨日に引き続き
各町内を巡ります。



NEC_0029NEC_00316丁目
小田急駅前
での様子



NEC_0032なんと各町内御輿5体が
この広場に集まってしまった。

いつもならばらけるのに・・・・
と、言うのも、昨日の雨の影響で
記念撮影などの都合により各町会の出発が遅れ、
ダイヤが乱れてしまったためだったのです。 

積極的な総合管制があるわけでは無いので、各所で
なんとか調整をして回ります。 

しかしそれでも問題が・・・この状態でさらに
町会渡しの宮御輿が迫ってきているという状況。

つまり早く退去して、さらには各町内御輿も
定置に駐輿しないといけない。
何気に時間調整がタイトな状況へ。

NEC_00365丁目の御神輿。
夜間には提灯が
明るく点いていて
華やかでしたが・・・

NEC_0035実はカーバッテリーを
こんな所に積んで
いたんですね。 
競技ラジコンのニカドでも
使っているのかと思ってた。
 
NEC_0037NEC_0039青友会/
町田連合の
大御輿。


NEC_0040いよいよ4丁目への
宮御輿町会渡しへ

遠くの交差点に見えてきました。
このときはいつもわくわくします。

NEC_0042記念の自撮り。

NEC_0044素早く
引き継ぎ
をして
いよいよ
宮御輿渡御


無事に4丁目セクションを渡御しました。

そしてその後宮御輿の宮入へ。
今年は右手側はな棒に入れることに。

江戸前で右手と言うことは左肩で担ぐ形になります。
でもおいら、実は左は苦手なのよね・・・・。
でも、贅沢は言えません。入れるだけでもエラい
ことなのですから。

このとき、先日橋戸左馬神社で我が橋友会御輿を
渡御したときに藤沢小糸睦さんの会長が若手に
レクチャーしていたのを聞いていたことが
とても役に立ちました。

ちゃんとしたかつぎ方(肩の入れ方)をすれば、
苦手な左肩でもがっつりいけたんです。
(実を言うと今まで逃げていた)
あのレクチャーがなければおいら折れてた。
そして「栄光」はつかめなかった。

そう、宮入の一番良いところで華の前を担げたんです。
これは本当にラッキーでした。 

そして鳶頭の木遣りとともに三本締め。
感動の涙。
これは経験した人じゃないと解らないと思います。
本当に泣けてくるんです。

この部分、当然写真撮る余裕なんて一切無し。
それどころかもみくちゃで前を見る余裕すら無し。
なのでノーフォト。

さらにこの後御霊を宮に返すのですが 
このときは白布でカバーされます。
明かりを付けたり見たりしてはいけないのです。
だから当然写真も駄目。

神事とかでこう言うシーンを見かけることも
あると思います。
(公開されたので有名なのだと伊勢神宮の遷宮とか)
皆さんもこういうときは厳正なる神事と言うことで
本当にカメラ類はご遠慮願いたいところです。
(フラッシュレスでもダメ!)

世の中、「見てはいけない物」もあると言うことなんです。

NEC_0047神様が宮に帰って
一息ついたところで一枚。

あのヒートアップが
一気にクールダウン・・・・。 

NEC_0048そして今度は
町会御輿の宮入
(というか本拠帰還)


NEC_0049無事に収まり、
お祭りは盛況なうちに
終わりを告げました。



IMG_3193 翌日片付け・・・
御神輿や太鼓を
倉に収めます。


IMG_3191雨続きだったことから
倉庫内も湿気ていました。

隣の倉では
シャッターの隙間から鼠が入り
鼠の巣ができていて被害があったそうです。 
定期的に通風点検しないとダメなようですね。 

IMG_3194 そして無事に
倉に収めて
今年のお祭りは
終わりました。

今年も本当に楽しませてもらいました。 
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ