やす日記

やすが書く日記ですw

ブログネタ
美と健康生活 に参加中!
最近よく「メタボ」という言葉を耳にするようになりました。
「メタボ」とは「メタボリックシンドローム」のことです。
最近では、健康診断のときにもメタボ診断が普通に行われるようになってきました。

メタボは生活習慣病などと関連して人体に様々な悪影響を及ぼしてきます。
具体的にどういった病気と関係してくるのか挙げていきます。
メタボと関連性がある病気としては、糖尿病や高脂血症、脳卒中や高血圧、心臓病や肥満症などがあります。
自分では気がつかないうちに症状が進行していっている場合があります。
生活習慣病は40代を境として急速に増え始めるため早めに対策をとる必要があります。
また様々な病気を引き起こす要因となる動脈硬化とメタボも密接な換気にあります。
生活習慣病によって動脈硬化は引き起こされます。
メタボの場合、単体で生活習慣病になるよりも複数の生活習慣病にかかるリスクが何倍も高くなってしまいます。
動脈硬化になると、ガンや脳卒中や心臓病などになる危険性も高くなります。

生活習慣病の場合、自覚症状がほとんどないままに進行していくため「サイレントキラー」と呼ばれています。
血管が詰まることによって脳梗塞、心筋梗塞、尿毒症などが引き起こされます。
糖尿病の場合は特に、症状が進んでいくことで神経障害や網膜症といった合併症を引き起こす危険性もあります。
そのため生活習慣病にかかってしまう前に、まずはその原因となるメタボについて早期に対策をとる必要があるのです。

ブログネタ
日記 に参加中!
三国志を読んだことがありますか。
元々は中国の歴史書です。
三国とは魏、呉、蜀ですね。
高校の世界史には必ず出てくるものです。
単に三国志と言う時にはこの歴史書のことを指します。
しかし、一般的に有名なのは三国志演義ですね。
三国志の時代を舞台とした小説です。
歴史上の人物もいますが、作者が作り出した架空の人物も登場しているのです。
歴史を学ぶと言う意味では三国志演義を読むと、間違った知識となるケースも多いようですね。
それから、現代で三国志と言えばゲームのことを思い浮かべる人も多いことでしょう。
ゲームでは三国志演義に出てくるキャラクターたちが広げるものです。
かなりの人気がありますね。
それから中高年の人ならば、横山光輝の漫画を思い浮かべるでしょう。
どの媒体であっても三国志のイメージは同じようなものです。
三国の歴史に登場する人物たちの強烈な個性が好感をもたれているからでしょう。
もちろん、その中には悪役もいます。
中国において三国志の評価はどうなのでしょうか。
作者である陳寿は歴史書として信頼性を高めるための努力をしています。
明快な文章によって人物評価や記事は高く評価されています。
残念ながら、簡潔過ぎる文章のため、それを補足する書物も後に書かれています。
三国の歴史を見る時に、中国の壮大なロマンを感じる人もいるでしょう。
戦略における成功と失敗の事例を知ることができますから、素人向けの兵法書と言われることもあるようです。

ブログネタ
手、足、肩、腰のつらい症状 に参加中!
みなさんは、自分の骨盤が歪んでいるかどうか、チェックしたことがありますか。
整体やエステサロンなどで、過去に施術してもらったことがある方は、自分の骨盤の歪みの状態もご存知だと思います。
私も骨盤とは、別の症状で整体に通っていたころ、先生からよく「骨盤が歪んでいますね」と言われていましたから。
私のように診断してもらえる機会がある人は良いでしょうが、一般に、骨盤の歪みというものは、自分で意識してチェックしないとわかりにくいものですよね。

もし、骨盤が歪んでいるのがわかれば、骨盤枕を使って、毎日、家で体操することによって、徐々に矯正できます。
もちろん、短期間で治したければ、骨盤枕ではなく、整体のそのようなコースを受けても良いと思います。
また、歪んでいるのであれば、普段の生活にも、何かと気をつけるようになると思います。

ということで、ここでは、自分で自分の骨盤をチェックする方法をご紹介しましょう。
まず、第一に、骨盤の高さをチェックしてみましょう。
高さがずれていないか、自分でチェックする方法です。
仰向けになって床に寝てみましょう。
両足は、肩幅に開きます。
そして、このまま、左右の骨盤の位置を自分で確認してみましょう。
まず、左右の骨盤に、親指を乗せます。
そして、中指を床につけます。
これによって、左右の骨盤の高さがわかりますね。
左右の高さが違っている場合、骨盤が歪んでいるということです。
これで明らかに分かるようでしたら、すぐに骨盤矯正を始めたほうが良いので、タイミング的に骨盤枕を使うきっかけにもなると思いますよ。

このページのトップヘ