ハヤブサを追って

兵庫ハヤブサ研究会 代表世話人 三谷康則

午前7時10分から調査を開始する。いつもはハヤブサ1羽がN2巣斜面の岩場か①高圧鉄塔にとまっていることが多いのだが、今日はとまっていない。そのうちに帰ってくるだろうと待っていたが帰って来ない。10時前にN2巣高空をハヤブサ2羽が飛翔しているのを見つけるが午後1時に調査を終了するまで、ハヤブサは戻って来なかった。一度もN2巣斜面の岩場にとまらないのは、1年のうち1日あるかないかくらい珍しい出来事である。
暇なものだから小鳥の写真を撮る。今日はジョウビタキのオスを確認、但馬地方では確認していたが、調査地周辺では初認である。
ムシクイの仲間が密生した樹間で餌を探している。うまく写真は撮れたが、ムシクイの仲間を識別することは難しい。図鑑を調べるとオオムシクイのようだが、よくわからない。
IMG_0114
シジュウカラが餌を探している。
IMG_0124
ヤマガラも松ぼっくりの実を取り出して食べている。
IMG_0044
ムシクイの仲間だが、図鑑で調べるとオオムシクイの可能性がある。
IMG_5241
カン吉(ハシブトガラス)が飛来して給餌を待っている。
IMG_5258
カン吉の相棒も飛来して調査地周辺の木にとまる。
IMG_5306
カマキリが木の幹にとまっている。

調査地に着くと雨が降り出す。天気予報では朝から快晴のはずだが、降雨が強くなる。ハヤブサ(オス)は「でっぱり岩」にとまり雨宿りをしている。ハヤブサ(メス)はN3巣内にとまっている。1時間程経過すると雨もあがり青空が広がり始める。
渡り途中と思われるツミが出現、N2巣上空を飛翔していたトビにモビングをする。ツミより何倍も大きなトビが必死にツミのモビングから逃げている。
IMG_0101
ハヤブサ2羽が①高圧鉄塔にとまる。
IMG_2501
ハヤブサ(メス)が飛来して「N2巣斜面北の枯木」にとまる。
IMG_2575
「N2巣斜面北の枯木」にとまるハヤブサ(メス)を別の場所から撮る。
IMG_6464
ハヤブサ(メス)が「岬岩」の枯木にとまる。
IMG_6488
ハヤブサ(メス)が「岬岩」にとまる。
IMG_2468
ハヤブサ(オス)が「でっぱり岩」にとまりペリットを吐き出す。白っぽい塊がペリットである。
IMG_2746
ハヤブサ(オス)が「三角岩」にとまり羽づくろいをしている。
IMG_6527
ハヤブサ(メス)がN3巣キリの葉の下にとまる。
IMG_2489
ハイタカが「N2巣斜面北の枯木」にとまる。
IMG_0061
ツミがトビにモビングをする。

数日前からハヤブサは2羽一緒に行動することが多くなっていたが、今日はハヤブサ2羽が飛翔しながら、もつれるような飛翔をしていた。求愛行動で、繁殖行動が芽生えつつあるようだ。
昨日はノスリ4羽が通過したが、今日からは本格的な渡りが始まった。8時51分に渡り初めて10時19分までに26羽のノスリが渡って行った。ノスリ以外にもツミやハイタカも渡って行った。
IMG_1178
調査地に着くとハヤブサ(メス)は「菱岩」にとまっていた。
IMG_1230
ハヤブサ(オス)は「でっぱり岩」にとまっている。
IMG_1260
ハヤブサ(オス)が「でっぱり岩」で糞をする。
IMG_5191
ハヤブサ(メス)が「菱岩」から飛び出してN2巣斜面を飛翔する。
IMG_5540
ハヤブサ(メス)が「N2巣斜面北の枯木」にとまり羽づくろいをしている。
IMG_6164
ハヤブサ(オス)が餌を捕獲して「黒岩」で食べる。
IMG_1708
ハヤブサ(オス)がN2巣にとまり背伸びをする。
IMG_1849
ハヤブサ(オス)がN2巣で羽づくろいをする。
IMG_2008
ハヤブサ(オス)がN2巣右端で頭掻きをする。
IMG_2171
ハヤブサ(オス)がN2巣で翼を大きく拡げる。
IMG_1907
ハヤブサ(オス)がN2巣から飛び出す。
IMG_0036
渡り途中のノスリが旋回をしている。
IMG_0235
メスグロヒョウモンがとまるが、羽根はかなり傷んでいる。

↑このページのトップヘ