May 08, 2016

ThinkPad X100e SSD装換。Windows10クリーンインストール。なんだ、そんなことか・・・

2010年に購入した ThinkPad X100e。Windows10にしていましたが、起動しなくなりました。ここ2年程度、 Lenovoのメンテナンスツール(名前忘れた)が「HDDに不具合があります」的なメッセージを出し続けていたりしてましたので、HDDの不具合なんだろうか。

これまでも何度か機動しないことがあり、そのたびに分解してキーボードのコネクタを挿し直したりすると起動したりしていました。どこかの接触不良なのかな。

「そろそろ寿命か、お疲れ様」と思っていましたが、妻ができれば自宅の作業で使いたいという話だったのと、HDDにWindows7時代からの設定がゴミのようにたまっていて遅くなっている気もしたので、もともとあったデータや設定は捨てることにしてクリーンインストールを考えていました。データもほとんどクラウド化したり自宅のデスクトップPCの外付けバックアップHDDにあるので、このX100eには残しておかないといけないデータはないしね。

そこでせっかくクリーンインストールするならと、HDDをSSDに装換することしました。今回は起動時に冷却ファンが断続的に回り続けるだけで画面が立ち上がってこなったので実はHDDの問題ではいかもしれないが。

 
PC DEPOT でチラシ価格5000円弱。

で、ここからが本題ですが、一旦Windows10にしたPCのHDDの載せ替えって簡単にできたんだっけ?「回復ドライブ」は作ってあるけど、使えるんだっけ?

連休中、何度もチャレンジ。「回復ドライブ」は元のHDDよりも容量の少ないドライブ装換は使えないみたいだし、実際何の役にも立たなかった。SSDとHDDを何度も差し替え、ネットでいろいろ調べてみてもなんだか要領を得ない。みんな困っている的な様子が見て取れるだけ。途方にくれていました。

でも本日、アップグレード後の Windows 10 再インストールについてWindows 10をクリーンインストールする手順と注意点で疑問点が氷解。Windows10にアップグレードする際にPC1台ごとに何らかの識別コードがMicrosoftに送られ、クリーンインストール時にはネットに繋がった状態で再インストールすれば、勝手にライセンス認証が行われるらしい(1台1台管理されているのか・・・)。プロダクトキーの入力も必要ないとのこと。ただ、大幅に(なんだかアバウトだが)ハードウェア構成を変えているとダメらしい。

今回、役に立たなかった回復ドライブ用に購入ていたUSBメモリを「メディア作成ツール」をダウンロードしてWindows 10インストール用のUSBメモリを作るにして、HDDを載せ替えインストール開始。1時間半ほどでなんなくインストール完了。

なんとなく速くなった気がする。 念のためほとんど使わないバックグラウンドアプリも当然停止

もともとRAMも容量アップしていたので、再度Primo Ramdiskをインストールして仮想ドライブを用意し、Ready Boostを設定しようとしたら「あなたのHDDは十分高速なのでReady Boostを設定する必要はありません」的なメッセージが。なるほど、さすがSSD。

そんなことなら気になっていたUSBブートできないデスクトップPCも、DVDに「メディア作成ツール」を焼いておけば、HDDがいかれてしまってもクリーンインストールはできるということなんだよね、きっと。

・・・

ここ数年でPCの設定を取り巻く環境って大きく変わってきてるのね。少し前まではいろんなアプリケーションをインストールしたり、高速化ツールを入れてみたりしていたたので、トラブルで再インストールするときにはシステム環境の再構成にすごく時間がかかっていました。アプリケーションやデータのバックアップもかかせなかったし。

今の僕のPC(ThinkPad 8)はインストールしてあるアプリはMicrosoft OfficeとGoogle Chromeくらい。両方共ネット経由であっという間にインストール完了です。今回のX100eもわかってしまえばあっという間でした。

今後も不具合があれば、いろいろいじるのはやめてクリーンインストールでいいのではないか、と思ったり。

勉強になりました。 

yasuo_ishihara_sl at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Tools 

May 05, 2016

岡崎ー>一色->蒲郡->岡崎 96km。その後パッキングを試行錯誤。

先日の自転車ソロキャンプでは、結局10kmも走っていません。このため距離をかせぐために一昨日は昨年も走ったこのコース(今回は矢作川河口ではなく一色さかな広場)。

帰宅後、長距離走行と輪行とソロキャンプが並び立つバイクパッキングができないかを工夫。
 

結論はまだ出ていないんですが、ネットで先人たちの実績も勉強中。
 

yasuo_ishihara_sl at 08:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle | Camp

May 01, 2016

觔斗雲2号 タイヤ交換

觔斗雲2号の後輪のタイヤがすり減ってきてスリックタイヤみたいになってきました。

よく見ると中の耐パンクガードでしょうか?青色のものが見えています。それも数か所。6年間頑張ったな、SCHWALBE MARATHON PLUS。まったくパンクしませんでした。


で、4/23にSCHWALBE MARATHON に履き替え。20インチのサイズが1.5しかなく、それまでの1.35と比べると太い。


ついでに全体の掃除や折りたたみ部のオーバーホール。グリスアップ。觔斗雲2号にはまだまだがんばってもらいたい。キビキビした感じが日常乗りにホントに役立っています。


yasuo_ishihara_sl at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

初自転車ソロキャンプ

昨年、琵琶湖一周ができず、落胆していた時、ふと「2日かければ一周できるのでは?そういえば琵琶湖回っている時に自転車キャンパーらしき人たちをよく見かけたぞ」なんて思いました。

冬の間、ホントにやるのかな、と思いながらそれらしき本を買ってみたり、 ネットで調べたりしているうちに、「ソロキャンプ」という言葉があることがわかってきました。

そこで、ない袖を一生懸命振りながら テント、寝袋、マットを購入。「バイクパッキング」という言葉もあるので、なんとか自転車にくくりつけれないか四苦八苦しましたが、断念。それぞれもっと高価なものであれば良かったのでしょうが。キャンプといえば焚火道具も持っていきたいし・・・

結局トレーラーにした次第なんですが、それを購入するなら、テント、寝袋をもっと小さくなるものにすれば良かったかと。

 
こんな形です。Burley Travoy Urban Trailer。この形に行き着くまで、いろんな試行錯誤がありました。

で、琵琶湖に行く前にテストを兼ねて初ソロキャンプへ。目指すは南知多中日小野浦バンガロー村。当然岡崎の自宅から現地まで自走しようと思っていたのですが、出発してすぐ「これはムリだ」。琵琶湖には使えないことが出発10分でわかりました。

トレーラーに積まれたものはキャンプ用品一式で結構な重量になっており、とてもこのまま100km近く走れません。速度を上げて段差があったりするとトレーラーがバタつき、トレーラーが転倒します。ただ、トレーラが転倒しても接合部が壊れることもなく、結構丈夫なことはわかりました。よくできています。段差がない、平坦な道なら速度も出せそうです。

でも、予約しちゃったし、キャンプはしたい。そこで急遽名鉄東岡崎駅から内海まで輪行することに。駅で輪行準備中おじさんに声をかけられる「どこにいくの?」「知多にキャンプです」「今日は風が強いから気をつけて」 そうです。本日は強風。不安。



内海駅にてキャンプ場に電話。「この強風の中ホントにテント張れるのですか?」 「皆さん張られてますよ」「わかりました。行きます」

内海駅からキャンプ場まではそんなに距離があるわけでないのですが、海沿いの道でとんでもない横風。何度もハンドルを取られそうになりました。自転車で走行中に風で恐怖を感じたのは初めてです。

ほどなくキャンプ場へ。どうも家族で運営されているみたいで良い雰囲気でした。荷物の一部を預けて食材の購入でまた内海駅周辺に戻ります。 購入後テント設営開始。



さすが、Moonlight。初心者でもあっという間に設営完了です。風はあいかわらず強いです。


夕日、やっぱりきれいです。海は大荒れ。


強風の中、焚火なんか誰もやっていません。当然僕もできるはずもなく次回に持越しです。とすると暗くなるとすることがない。久しぶりの「することがない」感覚。酒を飲むしかないがそれもそんなに飲み続けられないしなんだか酔わない。そして寒い。寝袋はダウンハガー800#3にしたのですが、これが暖かい。

風でテントが揺れる中、明かりは頭にゴムでつけるヘッドライト。2時間おきに起きたり寝たり。いろんな種類の夢を見たような気がします。

「ああ、非日常だ」。自転車に乗り始めたのは非日常を味わいたいためだったことを思い出しました。

翌朝がっつり朝食を取り、撤収開始。向かいのテントに家族連れ。小さい女の子の姉妹が「おはようございます」とあいさつしれくれた。おかあさんに「あいさつしちゃった〜」。かわいいなぁ。

内海駅に戻り東岡崎へ。昼ごろ到着。自転車を組立て終わって「さあ家に帰ろう」 「あれ?」


右ペダルを内側につけていた。付け直して帰路へ。

しかしトレーラーは目立つな。子供らの目は釘付けだし、信号待ちでおばあさんには「こんなのがあるんだねぇ」。

ソロキャンプ楽しい。焚火はぜひやりたい。しかし当初の目的である「キャンプ一泊ビワイチ」はこの道具立てではできないような気がします。目的に応じて荷物を厳選して絞り込んで、という工夫が必要です。・・・こういうことを考えるのが楽しいんだよな。
 

yasuo_ishihara_sl at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle | Camp

April 03, 2016

やっと暖かくなってきた

image
image


半年ぶりくらいの蒲郡。

ショップへ点検をお願いした時、「上り坂がつらい」旨を相談しました。そしたらすり減ったタイヤの交換を勧められました。それも幅を35から32にサイズダウンした方が良いとのこと。

で、「Schwalbe Marathon」をお願いしました。

これでグラベルロードからは離れてしまいましたが、快適になった気がします。

yasuo_ishihara_sl at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

November 14, 2015

決まったこととして取り組む国民性と、反旗を翻す国民性と

先日、森本あんりさんの著作「反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体」を読みました。少しアメリカ人のことを理解した気がします。
 
そして、瀧口範子さんのコラム「シェアリングエコノミーに異議を唱える「Platform Cooperativism」」 

一方のPlatform Cooperativismは、そうした見方に「待った」をかけ、現在のシェアリングエコノミーを巡る議論が、一方的な見方しかしていないことを指摘する内容となるようだ。こうした代案を出してくるところに、「さすが、アメリカ」と感心する。
 
そして小田嶋隆さんのコラム「安倍政権支持率回復の理由」 

われわれは、「起こってしまったこと」には、反対しない傾向を備えた国民だ。
それ以上に、「いまこうしてこうあること」には、ほとんどまったく疑問を持たない。
なんというのか、私たちは、現状肯定的な国民なのだ。

少し考えさせられました。

そういえばTPPも同じ感じがします。 




yasuo_ishihara_sl at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Others 

November 03, 2015

この季節、野外での稼働時間が短くなってくるね。

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/e/a/ea608807.jpg" title="image" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/e/a/ea608807-s.jpg" width="250" height="444" border="0" alt="image" hspace="5" class="pict" align="left" /></a>

yasuo_ishihara_sl at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Others 

November 01, 2015

映画「ヴィジット」

先週見に行きました 「ヴィジット」。種明かししてはなんですけど、この映画で一番怖いと思ったシーンは、母親が言った「あの人達とずっと一緒にいたの?」でした。

人間が一番怖い。幽霊とかバンパイアにお目にかかる機会よりも狂気の人に巡りあう機会の方が格段に多いからね。だから大規模テーマパークのアトラクションよりも地場のお祭りのお化け屋敷の方が数段恐ろしいのです・・・って・・・

で、最近、見たいと思う映画が岡崎市という地方ではやらないことが多いのです。名古屋まで出かけないといけないのはめんどうなぁ。
 

yasuo_ishihara_sl at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「Xperia Z5」 「SO-01H」。2年後のICT環境と自分はどうなっているんだろうか。

ここ数ヶ月、SO-01Fの動きが遅くなってきてものすごくイライラしていました。Andoid5.0へのアップデートは見送られ、ゴミが溜まって遅くなっているかもしれないことをバージョンアップで復旧しようとした夢もかなえられずズルズルと。

その後、Xperia Z4が発表されたり、いや、それは「Z3+」程度だ、という話や、本当のZ4は日本では発売されない、という」話や、いろいろあって、の後です。

SONYとしては、日本ではZ5は僕のようなZ1を発売日直後に購入したユーザー向けになんとしても投入しておかないといけない機種だったのではないかと、そんな気がしてます。

そして「Xreria Z1 SO-01F」から早2年。10月30日に「Xperia Z5 SO-01H」に機種変更。この週末を利用して環境設定。

Z1については機種変更時にショップのお姉さんが「ホントに遅いですね」と言われ、反省。アプリ入れすぎだったかも。今回は本当に必要最小限のアプリのインストールと、URLのリンクで済むものはChromeの「ホーム画面に追加」でアイコンを作成し、できるだけアプリのインストールを削減。Z5の性能向上もあるのでしょうか、メチャクチャ高速動作になりました。

昨日観光地で写真を撮る時もセールストークの通り高速カメラ動作でした。Z1の時に一番のストレスだったEvernoteアプリも快適に。”思考を止めない”というのはこんな感じかと改めて認識。

ホームアプリはZ1と同様に「Google Nowランチャー」を使い、できるだけ操作感を同じにするように工夫。ただ、アプリごとの設定やアカウントの際ログイン等、環境を復旧するのに一苦労。とはいいってもこのことで必要最小限の作業で済むように工夫することができたかも。断捨離です。

さて、次の機種変になるはもしれないのは2年後。その2年後、スマホ、PC、クラウド、IoT、ビッグデータ、ウェアラブル、人工知能、自動運転、ガジェットの電源問題・・・どうなっているのか。楽しみであったりするんですが、そんなことよりも自分の未来のことの方が心配。なんとかやっていかなければ、とこんなエントリをしたためながら気持ちを新たにするのでした。

 

 



 

yasuo_ishihara_sl at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)PDA 

October 04, 2015

パノラマ写真いいかも:笹島地区の再開発の風景

昨日、名駅に映画を見に行きましたが、上映まで時間があったので休憩。

目の前の再開発の風景がなかなかだったので写真に撮ろうとしたときに、スマホにパノラマがあることを発見しました。

それがこの写真。


今までも自転車で遠出するときにその風景を撮るのですが、後から見るとどうもスケール感が再現できていなくて動画でごまかしていました。でも動画は後からあまりみないんですよね。

このパノラマ機能は結構いい感じ。 Googleフォトでもお同じ機能があるみたいで、さっき見てみてらバラバラに撮った写真が繋げられていました。

それがこれ。


パノラマ写真、スケール感がよく出ていていいね。

yasuo_ishihara_sl at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Others 

October 03, 2015

自転車でキャンプなんてホントにやるのかな、俺。

觔斗雲2号のとき(2011年)にシェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング」のことを書きましたが、先日書店で「シェルパ斉藤の元祖ワンバーナークッキング」という本を発見。昨年発行で今年の4月で三版のようです。

新しいテクニックが満載。また食い入るように読んでしまった。卵キャリーの問題はまだ解決していないです。



それと自転車キャンプに興味が出てきてキャンプ場の本とかテントのカタログとか入手。ホントにやるのかな、俺。

 

yasuo_ishihara_sl at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle | Camp

September 21, 2015

琵琶湖 リベンジならず。風が強かったためか、年齢のためか。

昨日は琵琶湖再チャレンジ。

2012年7月に觔斗雲2号琵琶湖1周 してましたが、琵琶湖大橋を渡ってしまったので、正確には1周していないことが心残りでした。

このため今回は觔斗雲3号で。踏破力が高まっているので大丈夫かな、と。

でも甘かった。

米原から北上左回りで、結局大津で力尽きるという不甲斐なさ。前回は150km。今回は130km。

風が強かったのか年齢のためか・・・




yasuo_ishihara_sl at 08:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

September 05, 2015

朝食中

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/c/d/cd29c84e.jpg" title="image" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/c/d/cd29c84e-s.jpg" width="250" height="188" border="0" alt="image" hspace="5" class="pict" /></a><br />
<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/d/c/dcca43de.jpg" title="image" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/d/c/dcca43de-s.jpg" width="250" height="444" border="0" alt="image" hspace="5" class="pict" /></a><br />
<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/8/6/86e6c897.jpg" title="image" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yasuo_ishihara_sl/imgs/8/6/86e6c897-s.jpg" width="250" height="333" border="0" alt="image" hspace="5" class="pict" /></a><br />

野外フェスがあるみたい。写真がうまくアップされてないかも。

yasuo_ishihara_sl at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

July 31, 2015

Windows10

手持ちのThinkPad 8 にWindows10の予約をしていました。

インストールの案内がいつくるかな、と思っていましたが、こんな記事が。
Windows 10のISOファイル公開。手動ですぐにアップグレード可能 

早速インストール。そうしたら、こんな記事が。
「Windows 10」、デバイス1400万台に既にインストール 

Microsoftの最優先事項として、すべてのユーザーが素晴らしいアップデート体験を得られるようにすることがあり、そのためにWindows 10を「Windows Insider Program」登録ユーザーから注意深く段階的に提供していることをブログ投稿で述べている。
本当にみんなは注意深く待っているんだろうか・・・

yasuo_ishihara_sl at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツール 

July 19, 2015

映画「ルック・オブ・サイレンス」

ルック・オブ・サイレンス」 を見ました。昨年「アクト・オブ・キリング」を見たので当然とばかり、にです。

前回に引き続き、またいろいろ考えされられました。主人公彼が今回の映画の中で行っている行為は正しいのだろうか?

被害者側の心の中は複雑でも今は表面上平和で、加害者側は自分が行ったその時の行為を正しいことだと思っているらしいこと(思いたい?)。俺の責任ではく、軍の指示だと主張していること。なおかつ加害者とその肉親が存命であり、加害者が行った行為を知らされてないようだったこと。そしてその肉親が加害者の行為を知らされると、「そんな話は聞きたくなかった」と感じること。

もしかしたら関係者のほとんどが亡くなってからでないと解明してはいけないことではないか、と思ってみたり、主人公がこの映画で行動しているように、そんな逃げの気持ちではダメだという思いもあり・・・

ただ、少なくとも加害者の全員がなんらか後ろめたい気持ちを引きずっているらしいことはわかるような気がしました。「上に言われたから仕方なくやったことで俺は悪くない」はよくある言葉。でもそれは後から肉親とかに自分の行った行為を正しく説明できないことで、その手の行為はそれが積み重なると後々にえらいことになる、なんて考えました。自戒です。

こんな映画が作れるようになったのも実は現政権のプロパガンダで、現政権の過去の負債を小出しにしながら国民の気落ちを時間をかけて軟着陸させるためかもしれないですね。

見終わってどんよりとしました。 

yasuo_ishihara_sl at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

July 13, 2015

道具も「メディア」のようだ。

松岡正剛の千夜千冊」。毎回聞いています。読んではいません。そして今回の1586夜「ネット・バカ オートメーション・バカ」は長かった。松岡さんの専門領域だったからかもしれません。

この壮大なエントリすべてにコメントすることは僕の頭脳と知識ではできません。が、その中でこのひとつ先日の経験からなんとなく「同じことかも」と思ったことを書いてみます。
マーシャル・マクルーハン(70夜)が『メディア論』(1964)で何を言ったかというと、2つのことだった。「メディアはメッセージである」ということ、文明文化のもとにある大衆は新たなメディアが登場するたびに「そのメディアの形をした情報に囚われていく」ということだ。
先日通勤用のバッグを買い替えました。よりたくさん入って軽い物。僕は自転車乗りなのでそっち系もだいじょうぶなものです。

そこで従来のバッグに常時入っていたモノを新しいバッグにどう詰め替えていくかにこの週末はほとんどの時間を使いました。

カバンという”メディア”が変わることでコンテンツである"中身"のパッキングが全て組み替えられる。毎日のルーティーンも大きく変わる。

どうすれば新しいバッグでよりよい毎日をストレスなく過ごせるか。そんなことを考えながらです。これまでも何度もやってきたこと。そして利用スタイルがこなれてくると空気のように使えてくる。

そういえばScheduleLayerの時にもそんなことを考えていました。予定表という道具が紙のカレンダーや手帳というメディアからオンラインカレンダーに変わり、それがさらにメーリングリストのように複数の事業者のカレンダーサービスが横断的に利用できるメディアが変わることで、意味が大きく変わるかもね、ってね。

・・・認証は横断化してきていますが、なかなかサービスの中身は横断しませんが。
 

yasuo_ishihara_sl at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ScheduleLayer 

June 29, 2015

クラウド化・スマホ化が進むことでユーザー企業のシステム部門のスキルはどうなるのか・・・

2013年にこんなエントリをしました。

そして先日こんな記事がありました。 
現実味が増すIT担当者の“クラウド失業”、企業はもうサーバを持たない

そうか、「我々はモノが欲しいわけでない。サービスを使いたいだけだ。」ということは、ユーザー企業から"サーバ管理"という仕事がなくなっていくことと近いのかもしれない。

もうひとつの記事
スマホネイティブの新人教育日経コンピュータ「[1]何でも“シェア”するスマホネイティブ新人に必要な教育とは」

この中でこんな一文があった。
IT企業の新入社員教育には、IT関連の技術知識の習得も欠かせない。その重要性は、スマホネイティブ世代を迎えてむしろ増しているようだ。「生まれたときからコンピュータが身近にあって、抵抗なく使いこなせる。だがその分、その中の仕組みに目を向ける人が減っているように感じる」。
このような状況は今後、ユーザー企業にも今後浸透していくだろう。しかしそれらを意識する必要がなくなってくるとシステム担当者がトラブル時になんとなく気づく"勘所"もなくなっていく気がする。

クラウド化・スマホ化する前、システム担当者は"コンピュータ"とか、"ネットワーク"とか、"データの物理的な場所"とか、意識する必要があったため、その部分のスキルもセットで習得せざるを得なかった。そしてこのことがシステム全体のイメージを自分自身の中に醸成することができる環境となった。

これまでのユーザー企業のシステム担当者は"なんとなくパソコンが得意らしい"人が担っていた部分も少なからずあるはずで、その担当者は自分の個人的な興味と個人的な義務感から、にわかでも"システム"を理解しようと努め、その企業内固有の"勘所"を磨いてきたはずである。

クラウド化・スマホ化によってシステムのブラックボックス化 がもっと進むんだろうな。今でもGmailのトラブルには手を出せないし。

これらは功罪のどちらなんだろうね。 以上、思いつき文章でした。

yasuo_ishihara_sl at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)システム構築 

June 21, 2015

「ロードバイクなどスポーツ向けスマートグラス」というのが出たみたい

先日、メガネ型のウェアラブル機器についてはもっと期待しています。とエントリしましたが、「ロードバイクなどスポーツ向けスマートグラス」というのが出たみたいです。

「Recon Jet」

ガンダムっぽいでデザインですね。こんな装着イメージならスマートグラスをつけているように見られにくくて良いかも。機能ももりだくさん。魅力的ですが88,000円。電池の持ち時間が4時間かぁ。




yasuo_ishihara_sl at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

June 20, 2015

映画と名古屋市街ポタリング

6月20日は名古屋に映画を見がてら、觔斗雲2号で名古屋市街をまったりとポタリング。

東岡崎駅。久しぶりのバイクキンチャク。


金山駅


名駅方面へ。普段は通勤電車の車窓から見ている風景ですが、視点が違うと全然違う。


映画「攻殻機動隊 新劇場版」。おじさんやおばさんの一人客がけっこういた。僕もその一人。


名駅周辺。ところどころで再開発中。


大須観音。ここも久しぶり。大須商店街は電気街の面影がほとんどなくなって、屋台が並んでいるような商店街になってる。ケバブの店多い。


名演小劇場で「ルック・オブ・サイレンス」の前売券を購入。昨年「アクト・オブ・キリング」を見たのでやはり見なくては。


鶴舞公園で昼食。


神宮前駅へ行く途中、なぜかズボンが脱ぎ捨てられていた・・・


神宮前から輪行で帰る。14:30帰宅。ダラダラ走っていたつもりですが、疲れている自分がいました。

yasuo_ishihara_sl at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle 

June 13, 2015

觔斗雲3号になって走破力が上がってきたことを実感した。

觔斗雲3号に付き合ってもらい始めて1年半ほど。

昨年は三河湾・伊勢湾一周で230km、今年は大阪アタックで200km。長距離を稼ぐ時はゴールデンウィークのような連休の時に気張っていました。

でも本日、朝5:00に岡崎を出発して矢作川河口で朝食・10:00に蒲郡で間食・帰宅で100kmを7時間かけて走ってみたところ、改めて觔斗雲2号の時と比べて走破力が違うことに遅ればせながら気が付きました。

20インチのミニベロと比べたら当たり前のことなのですが長く走ることがそんなにつらくないのです。以前はふらっと100kmはありえなかったですから。

AM7:00 矢作川河口


AM10:00 大塚緑地
 

というわけで先週と同じように外メシ。 

yasuo_ishihara_sl at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Bicycle