May 04, 2021

冬場の着火器とストーブの安心感を求めて

まずは着火器としてのライター

2月のソロキャンプの朝SOTOスライドガストーチ ST-480Cが着火しなかったことで、冬のキャンプ時の「火」の安心感を求める気持ちが出てきました。

とはいっても今から普段使いをしにくいガソリンストーブに手を出すのも・・・と、小さい自分を感じている僕が手を付けたのは、寒くても着火する道具とアルコールストーブの充実でした。

着火する道具は色々調べて、ここを見てZIPPOを見つけました。「あのタバコ用のライターのZIPPOかぁ。タバコを吸わない自分が今これと出会うとは」。 で、ZIPPOってお高いのでは?と思ってAmazonさんに聞いてみるとクローム サテーナがそれほどではないことがわかり購入。

07141127_5f0d180951dbb41FkqDqrdUL._AC_

もう少し調べてみると2018年から使い始めたハクキンカイロと同じ燃料を使えるらしいことがわかってきました。なるほど。ハクキンカイロもすごく温かいのでキャンプ以外でも重宝しています。一つの燃料で複数の用途があるのは便利。

で、ストーブ側ですが、まずはEsbit。

Esbitは持っています。使っている燃料は純正のものでなく、固形燃料ではなく、ニチネンのジェルタイプ2個が一番収まりがいいと思っています。
002-090-00-2_20210504_074538
ただ、一度火を付けると途中で消せないので、自分としては炊飯以外にはどうも使いづらく、使わなくなってしまっています。

そして、アルコールストーブ。

アルコールストーブは必ず着火する。どんなに寒くても着火する。そしてほとんど音がしない。蓋で火を消すことができる。案外火力は強い。でも風に弱いので風防が必要。ゴトクも必要だが、ゴトクがあると調整蓋との干渉で火力の調整が難しい。燃焼中はストーブ全体が非常に熱くなるので直にテーブルに置きにくい。でもなんだか魅力的、という印象です。

魅力的なのですでにトランギアは手に入れていて時々使っていました。風防はノーブランド品ゴトクはトランギアのものを一緒に購入しています。ダイソーでも買ってしまいました。でも、ゴトクは何か違う。他にもいろんなゴトクを見ましたが、「収納」の面でしっくりきていませんでした。
tr_b25_131luvQJx5cL._AC_
tr_p302          DSC_0018


そんなときに見つけたのが、MUNIEQ X-MESH STOVEでした。
DSC00599-2

収納時にsnoweakソロセット焚(あれ、今は廃盤?)で内鍋と外鍋の間に巻きつけるとかさばることなく、内鍋のコーティングを傷つけることなくシンデレラフィット。トランギアと予備燃料とSEA TO SUMMIT X-CUPもすべて収納できます。
DSC_0074DSC_0076
「燃焼中はストーブ全体が非常に熱くなる・・・」問題用にダイソーでアルミ皿を購入。これは中に入らないので「焚」の蓋上に乗せてそのまま収納袋へ。R2-D2か・・・

あ、忘れていました。アルコールストーブを使うのにプライヤーが必要です。100均のラジオペンチで充分なのですが、ここは前から気になっていたブランドでLEATHERMAN SQUIRT PS4 Red をこのためだけに購入。このためだけなのでだいぶ迷いましたが、かっちりとした作りで、「漢のギア」としてみなさんが欲しがる気持ちがわかります。コンパクトなので前述の「焚」に入ります。
1217022828_5c168b3c3fcd2DSC_0006

先日実戦投入。これはいいかもしれない。改めてこの組み合わせが使いやすいことが判明。誰もいない海辺でさざなみの音だけが聞こえる中、改めて燃焼音の静かさを実感。カップヌードルとコーヒーをいただきました。X-MESHの「風防」として機能の確認は次回に持ち越しですが。

アルコールストーブ、湯を沸かすプラスアルファ程度であればこれはこれで良いかも。何度も使って慣れていこう。

実は「燃焼中はストーブ全体が非常に熱くなるので直にテーブルに置きにくい」をもっとアウトドアっぽく解決するつもりの衝動買いでFUTURE FOXアルコールバーナー 専用 アルミ テーブルも手に入れているのですが、思ったより重く大きく、まだ実戦投入していません。
trangia-11
アルコールバーナーは2つあるので、これとの併用で幅が広がりそうなのですが・・・

昨日の投稿といい、ホントに物欲沼にはまってるな、俺。




yasuo_ishihara_sl at 12:00|PermalinkComments(0) Camp 

May 03, 2021

徒歩ソロキャンプ。睡眠の質を高めるための準備と雨@青川峡キャンピングパーク

連休にソロキャンプに行きたい。しかし、当然どこも予約でいっぱいになっています。

そんな中、4月27日、 青川峡谷キャンピングパークのライダーズサイトが5月1日に1区画だけ空いているのを発見。すかさずTEL。「自転車か徒歩で行きます」。

その後、当日の天気予報が目まぐるしく変わってきています。このキャンプサイトは前回雨で訪れるのを断念しているので気を揉んでいました。そして当日、なんとなく小雨的な予報だったので決行しました。
Screenshot_20210501-105720 11:00の時点でこんな天気予報だったけど。

後述の、物欲に負けて新調していたギアたちをmont-bell エクスペディションパック 100に詰め込んでいざ出発。
c_1133142_bk


自宅からバス。東岡崎駅から名古屋鉄道で名古屋駅。そして近畿日本鉄道で富田駅。
DSC_0036 DSC_0038DSC_0039
 昼食を詰め込んで、三岐鉄道で伊勢治田駅へ。

伊勢治田駅から徒歩でキャンプ場へ。一度自転車では訪れているのでだいたいどんな感じなのかはわかっていますが、雨が降りそう中で40分ほどの工程でした。13時前にキャンプ場到着。
DSC_0043DSC_0047

料金を支払ってチェックインの14:00まで待ち、雨が降りそうなので持参したタープから設営開始。タープが立ち上がった頃に雨が降ってきました。テントは前回の中華テントMOBI GARDENから、今回はNaturehike「Cycling 2 Ultralight Tent 20D」  (また中華テント)に変更しています。
Cycling2UltralightTent20D1_600xDSC_0067
------------------------------------------------------------------------------------------------
ここで今回のギア関連のひとりごと

僕がキャンプを始めた2016年頃はキャンプ道具はもっと高価でした。特にウルトラライト系のギアは高かった。でもここ最近のキャンプブーム(ソロキャンプブームや巣ごもり需要もあいまって)、それが最近は中国産を含めメーカーが増えたのも重なり、選択肢が増えてきていて良いです。2016年頃は登山向きのものが主だったのですが、その後の需要でそれほどのスペックでなくても良いシーンが増えてきているのかもしれません。アフターケアのことも考えなくて良くなってきたのでしょうか。

で、今回Naturehikeにしたのは、理由があります。

これまでのキャンプで「どうも睡眠の質が高くない」が気になってきたのです。寝返りを打ちにくい。冬は寒い。寝袋から出にくいので酔っ払って寝た後の深夜のトイレに行くのが面倒。翌朝に体がカチカチになっている・・・等です。

そこで、これまでに寝返りと寒さ対策で昨年10月にSnugpak『ベースキャンプスリープシステム』を、そして高価なのでだいぶ迷ったのですが、もういいや、と物欲に負けて4月にHelinoxライトコットを購入していたのでした。もうこの時点で自転車キャンプの世界ではなくなっていますが。
152581218c_1822163_gy
で、これらを格納するテントが問題になってきたのです。僕がこれまで持っていた2つのテントは短辺から入るものでした。これだとコットをテントに入れると自分がテントに入りづらいのが想像できました。そしてSnugpakも結構でかい。これではテントの長辺から入るものでないとダメなのではと思い始めたのです。

でも,修鵑覆帽發い發里呂發η磴┐覆い鍬⊆転車キヤンプも視野に入ってるので軽いものがいいしコットを入れることを考えたら2人用の広さも欲しいし。

いろいろ探した結果がNaturehike「Cycling 2 Ultralight Tent 20D」 でした。
収納時の大きさは思ったほどほど大きくなく軽い。自転車でも行けそうでです。今回のキャンプの様子次第で1番手になるかも、と思いました。
------------------------------------------------------------------------------------------------
ここでキャンプ場に戻ります。
DSC_0051
ちょっとちらかっていますし、グラウンドチェアが上に乗っていますがほぼ思ったとおりの形になりました。

その後雨。雷が鳴って、けっこうな土砂降りになりましたがテントサイトの水はけが良くて助かりました。タープで小川張りしていたとはいえ、Naturehikeはその後の雨にもびくともせず、期せずして憧れていた「キャンプでの快適な雨の時間」を過ごすことができました。
DSC_0049DSC_0054DSC_0053
カップヌードルうまい。タープを額縁にして雨の青川峡を独り占め。

その後、雨を見ながら飲酒・食事。長年の間、だんだんキャンプめしが面倒になってきています。 買い込んだビーフジャーキーやあたりめで過ごします。

酔っ払ってそのまま睡眠。このときギアたちの真価が発揮されました。
DSC_0057
テント内は全く濡れておらずストレスなくSnugpakにイン。コットの寝心地はサイコーだ。寝返りも打ち放題。
ちなみに枕はmont-bellのU.L.コンフォートシステムピローも調達してました。自分のいびき対策のため横向きに寝るために高さのある枕が必要でした(ライトコットで稼いだポイントで購入)。
c_1124730_ssog
で、寝すぎました。19:45頃起床。薪を調達しようにももうセンターハウスは閉まっています。ただ、すごくよく寝た感もあり、気持ちは満足しています。周りで行われている焚火を横目に、「これはこれでいいかも」。
DSC_0058DSC_0059

DSC_0061
お腹すいたのでパスタ。青川の音を聞きながら夜は更けていくのでした。

翌朝は風が強い。寝袋からから出ようとしたら寒いじゃないか。Snugpakが暖かかったということか、気づかなかった。インナーダウンを着込みました。

家から持ってきた卵で雑炊。そして撤収。宇治八田駅まで徒歩。
DSC_0063DSC_0068

DSC_0070

家に着くと、やっぱりそれはそれで疲れていて、昼食後睡眠。今日も天気が良くないのでテントを干すのは明日にしよう。


yasuo_ishihara_sl at 17:18|PermalinkComments(0) Camp 

April 29, 2021

50半ばの男が膝を出しててはいけないんじゃないか

ワークマンには定期的に通っている。一期一会だからだ。
欲しいと思ったときに買っておかないと、次回訪ねたときにはもうなくなっている。
これまで何度もそういうことがあったし、買ってから次回訪れるとその品は店にないこともあった。

AERO STRETCH(エアロ ストレッチ)ショートパンツもそのひとつだ。
3月末に立ち寄った際に一枚だけそっと置いてあった。
無題

実は同じものを2019年4月に購入して夏場の自転車乗りのときに重宝していた。
しかし少し生地が傷んできたのでそろそろ替えのものが欲しいなと思っていたところだ。
ただ、「大人用のショートパンツ」はどこにでもあるが、ここ2・3年は膝上丈のものばかり。

自分は「50半ばの男が膝を出しててはいけないんじゃないか」と考えている。
(ジョギング時は除く)
このワークマンのショートパンツは絶妙な丈なのが気に入った。シルエットも良いと思う。

このためワークマンでこのショートパンツが置いてあったらすぐに買おうと決めていた。
なんなら、あれば2枚まとめて買ってもいいとさえ思っていた。

そして今回1枚を発見。「あった!」すかさずレジへ。
・・・こうやってワークマン沼にハマっていくのであった。




yasuo_ishihara_sl at 07:26|PermalinkComments(0) Bicycle 

April 11, 2021

EvernoteからJoplinに4万超のノートを移行【その2】

2月20日に「EvernoteからJoplinに4万超のノートを移行」で Joplin を使い始めた旨を投稿しました。

無題

その後ですが、Joplinにはそれなりに使い方について慣れが必要ですが、問題なく使えています。

Evernoteには、その不具合が起きる理由がわからなかったり、そのアップデートをする理由が理解できないというストレスがありました。

しかしJoplinについては、なんとなくその挙動の理由を自分なりに理解できてストレスを感じていません。

私はほとんどをWebクリップとして使ってますが、とりわけJoplinのWebクリッピングからその編集・端末間の同期のその一連の動きはEvernoteのそれに比べ、かっちりとしている印象です。

問題は2点あります。

1点は、「同期」設定を「無効」にしていても、ノートの追加や編集を行うと勝手にアップロードを始めることです。このことで、Joiplinアプリが遅くなり、同期中のWebクリップの挙動が遅くなることです。同期設定が「無効」の場合は、同期を手動でしか行わないようにしていただきたいです。フォーラムに投稿すれば良いのかな。

もう1点は検索がうまくいかないことです。説明を見ると、アルファベット以外の検索には充分対応できていないとのことです。特にタグと組み合わせた検索はうまくいきません。

というわけで、Evernoteのアカウントは完全に削除しました。でもDropboxが追加されて結局はコストアップなのですが、DropboxはDropboxとしていろんなバックアップの基盤を前提に2TBのストレージの有効活用を模索中です。追加容量が有料になるGoogle Photoのストレージとして連携してくれないかな。

で、Joplinについては、このまま無料で使っているのは申し訳ないので少額でも寄付を考えています。



yasuo_ishihara_sl at 12:00|PermalinkComments(0) 手帳 

March 28, 2021

ひとり花見

DSC_0002 DSC_0003 
DSC_0004 DSC_0005

3月27日(土)は「多分、明日の雨で桜はだいぶ散るだろう」と思い、GIANT Revolt 1 を点検に入れ、その後岡崎公園へ。

結構な人出でした。見回しても一人なのはサイクリストたちだけで、素のひとりでおじさんなのは僕だけ。
酒とファミチキで小一時間を過ごし、帰宅後睡眠でした。




yasuo_ishihara_sl at 08:49|PermalinkComments(0) Others 

March 14, 2021

キーボード使いで、右中指と薬指が痛くなってきた

気になって、入力速度がすごく遅くなった。入力ミスも増えた。

調べてみると、右手の中指と薬指の右側でし斜めに打鍵してたためのようだ。
まっすぐに打鍵しないと指を痛めるらしい。

で、心機一転(関係ないが)、Logicool K840 MECHANICAL を購入。
k840-mechanical-pdp
打鍵音のカチャカチャ感が心地良いが、会社のデスクで使うにはちょっとうるさそう。

で、それまで2年前に購入して自宅で使っていた ELECOM TK-FCM104BK をヘタってきた会社のキーボードと交換。だいぶ会社デスクのスペースの節約ができた。
TK-FCM104BK_01

そもそも僕のキーボード入力の速度はそんなに速くないし、基本入力間違いが多い。
正しい入力方法を習得するために「e-typing」に登録して腕試しレベルチェックをしたら散々だった。
練習を続けようとしているが、練習方法が自分にとってはなんだか・・・

ということでその後は実務の中で、まっすぐの打鍵に気をつけながら、できるだけホームポジションを意識しながらブラインドタッチの練習をしています。

本当は基礎から、イチからやったほうがいいのはわかっているのですが・・・




yasuo_ishihara_sl at 05:00|PermalinkComments(0) Others 

March 13, 2021

映画「ビバリウム」と「横尾忠則展」

映画「ビバリウム」。3月日にこれを読んで、俄然見たくなったので早速本日見に行きました。

f07fda05628d10fa

なんだ?このストーリーは。いやいや、僕は映画に非日常を求めてるので、時々こういう映画も良いかな。

その次に「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」を見に行きました。
DSC_0003

これも良かった。こんなに多様な作風の人だったのか、と改めて気づきました。


yasuo_ishihara_sl at 17:24|PermalinkComments(0) 映画 | Art

今夜も春の嵐

だんだんあたたかくなるかな。

yasuo_ishihara_sl at 05:18|PermalinkComments(0) Others 

March 11, 2021

「クイーンズキャンビット」を見た

Netflixでダウンロードして。
帰りの電車内はそれはそれで立派な映画館。申し訳ないのですが1.5倍速で。

で、面白かった。
20201116084114

Netflixもそうだし、録画したいろんな番組もあり、本も読みたいし、見たいものがありすぎて見きれません。

yasuo_ishihara_sl at 19:40|PermalinkComments(0) 映画 

March 02, 2021

今夜は春の嵐みたい。

毎年春一番を感じるとき思い出します。キャンディーズのものでなく、

 「春の嵐の過ぎたあと
 何もしなかったと嘆くより
 ああ、過ち悔やむ方がまし」

夏木マリさんの「裸の青春」(題名、覚えてないです。いつも暗唱できるこの歌詞から検索してます)。

55歳の今も感じるものがあります。がんばらねば。



yasuo_ishihara_sl at 23:08|PermalinkComments(0) Others 

February 21, 2021

2/19はソロキャンプ(電車と徒歩)

緊急事態宣言で県外のキャンプ場は行けません。

というわけで今回も内海駅から
中日小野浦キャンプバンガロー村まで徒歩(25分)。前回重かったmont-bell エクスペディションパック 100 はその後調整して正しい装着方法を学んで、体にフィットするようになりました。重いことには変わりありませんが正しく使って初めて能力が発揮されるのですね。
DSC_0028

DSC_0033

DSC_0041

焚き火して食事して酔っ払って睡眠。
日中は比較的暖かでしたが夜は寒い。
このときの
アストロフォイル山と道UL PadKLYMIT INERTIA-O zoneの組み合わせのマットと、モンベルのダウンハガー800 #3ダウンマルチブランケット #5 ロングの重ね寝袋とスペリオダウン ラウンドネックジャケットでぬくぬくでした。ただ、寝返りが打ちにくいので、体全体がこるね。コットってどうなんだろう・・・

翌朝、雑炊を食べます。寒いからか、SOTOスライドガストーチ ST-480Cがすぐには着火せず焦りました。CB缶心もとない。冬の火器をどうしようか・・・

物欲と創意工夫のせめぎあいが今後も続く。

その後、歩いて内海駅まで戻りました。
DSC_0049

次は自転車で行けるかな。

yasuo_ishihara_sl at 15:41|PermalinkComments(0) Camp 

February 20, 2021

EvernoteからJoplinに4万超のノートを移行

以下、EvernoteからJoplinに4万超のノートを移行した備忘録です。

【きっかけ】

1月23日にこのメールが届いた。
「新しい Evernote for Android をインストールいただきありがとうございます」
無題

これが全く使えない。ここ1年ほどのEvernoteは本当に良くない。すべてを記録しなくなったEvernoteの上限10万ノートに収めるためにときおり一部ノートを削除していたが、この作業も大変無駄。これまでもEvernoteには大変懐疑的になっており、これを期に完全にEvernoteを見限ることにした。

私のこれまでのEvernoteの日常の使い方は基本的にWebクリップが主。それを通勤途中にドキュメントトーカ for Androidで耳で聞いている。これに各種備忘録や日記的なもの、機器のマニュアル類を入れている。

タグとそのツリー構造(タグのネスティング)は非常に大切。1ノートに複数のタグ付けについても必須。これまではほぼこのタグ機能があるためにEvernoteを使っていた。また、クリップした日付ではなくコンテンツが公開された日付が大切な場合があるため、ノートの作成日が変更できることも必須。


WindowsローカルのEvernoteデータサイズは40GB以上。ノート数は4万以上。「そんなに持っていてもいつ見るんだ?意味がない。」という意見もあるみたいだが、私は「蔵書」と考えている。新しく興味が湧いた単語でEvernote内を検索すると何年も前にクリップした記事が出てくるが、クリップした当時はその単語はスルーしていたということがよくあった。自分の記録で新しい発見があり、自分の日記的なものとの時系列ででも気づきがある(これはもうほとんど「趣味」なのであり、何も生み出さないが・・・)。

ということで、泣く泣く一度は断念したOneNoteに改めて移行を始めていたら「Joplin」というモノを発見。以下はその移行作業で気づいたメモ。一般的な移行方法はググっていただけるとうれしい。

【移行中】

OneDriveで移行を始めたが、2万アイテム程度?のアップロードで止まった。Joplinに表示されたエラーメッセージ「Max limit on the number of child items was reached」を検索するとOneDrive側が出しているものだった。調べてみるとどうもOneDriveは保存できるアイテム(フォルダやファイル)の上限が決まっているようだ(5000まで?)。最初から言ってよ的な気持ちになる。

この時点でDropboxに乗り換え。Evernoteの年額費用の倍以上かかることになったが、少ないノート数で試験的に使ってみたJoplinが気に入っており、もうEvernoteには戻りたくないのでこの構成で続けることにする。DropboxではOneDriveのようなエラーも出ず、速度も速い。PCのローカルに保存する方法もあるようだが、スマホとの連携が必要なのでクラウドストレージのままにする。

タグについては、Evernoteのタグツリーの上から順番に連番を付け擬似的にツリー構造らしくした。Joplinのアップデートでタグネスティング実現を願う。

後述の通り、タグの同期や設定には時間がかかる。このため、移行時のタグ構造の設計は重要。移行後に大量のタグの付け直しを行うとアプリ内の移動と同期に時間がかかる。また、私の場合、同じタグが多く重複して生成されたので、その修復に時間がかかった(というか時々修復中)。


Evernoteからエクスポートしたファイルのインポートは、Markdown形式が望ましいと思われる(ソースコードが簡略化されるため、全体の容量が多少なりとも少なく済むのでは?)。ただし、まれにエラーで読み込まれないノートがある。その場合は私の場合は目視とエラーメッセージでそのノートを特定し、HTMLでインポートした。ただし、数件のノートは特定できず断念。

Joplinアプリからサーバへのアップロードは一つのひとつのノートをアイテムごとに分けて送っているようだ。アイテムの転送順順序は多分、ノートブック→ノートのマークアップ文書→画像→添付ファイル→タグの順。ダウンロードも同様の順番に見える。アプリとサーバの同期はアップロードが先・ダウンロードが後。サーバ側に早くコンテンツを集約したいように見える。

大量のアップロードの場合、全てのノートアイテムの同期に数日かかる場合がある。特にタグ。それまではノートは見えるがタグが未添付の状態が数日続く(2・3日?)


Evernoteから大量にノートを移行する場合、完全移行するまではJoplinの日常使いは避けた方が良さそう。アップロードとダウンロードが交錯し、どのアプリも未完全同期状態が続く(自分がそうだった)。このため、移行が完全に済むまではEvernote側の特定のノートブックを日常使いとして使用し、完全同期後そのノートブックを日常使いのJoplinアプリにインポートする方法が良いと思われる。

それが難しい場合はEvernoteコンテンツのアップロードするJoplinアプリと、日常使いのJoplinアプリを分ける方が望ましい。同期には1週間・2週間以上は見ておく必要がある。私は途中からこの方法を取った。

OneNoteの不具合対応を含め、完全同期に1ヶ月程度かかった(アップロードアプリを昼夜稼働させて)。時々エラーで止まることがあった。一部添付ファイルがアップロードできない旨のエラーが出ることがある。

【ほぼ移行後】

できるだけ日常使いのメインのJoplinアプリを1台に決めるべきか。できるだけそれを中心にコンテンツの修正を行う方法。これは他アプリへの全同期には時間がかかりそうなため。私はメインのWindowsとAndroidの2台。移行時のアップロード用Windowsはバックアップとして週1で稼働させている。

Dropboxにあるのはアイテムごとに分離された大量のファイルだけ。それらをハンドリングするのは全て端末側のアプリ。端末のスペックが大事かもしれない。各アプリのインデクサが作り出していると思われるデータがサーバにアップされているようでもなさそう(もしかしたらアプリ側では単純な全文検索をしているだけかも)。

Androidでは同期中に画面がスリープになると、同期が中断される。Joplinフォーラムでは、移行期にAndroidがスリープにならないよう(開発者向けオプションで「スリープモードにしない」に設定)にして同期しているらしい記述があるのでそれを試したら同期した。このあたり、面倒。ただし、移行後は作成・編集するノートの数は多くないため、各アプリ間の同期は比較的スムーズ。

使用端末数は無制限のようだが、仕組み上、新しく参加したアプリに全てのコンテンツを同期させるのに非常に時間がかかる。実際、手持ちのAndroidダブレットを参加させようとしたが、まる2日かけても数千ノート程度。これは端末を追加・変更する際に問題になりそう。

Joplinの設定で「添付ファイルのダウンロードの動作」は多分「自動」が良さそう。不必要にクライアント端末の容量を圧迫しないように。

ここまでで、Evernoteとの切り離しができた。「"自分のコンテンツ"のポータビリティ性」の充実という意味では良かったか。そういえば"Data Transfer Project"って今どうなっているんだろう?

検索機能は柔軟だが、思ったような検索結果が出ない場合がある。
https://joplinapp.org/#searching 

要望としては、Windowsアプリで、Evernoteのようにノートの一覧で作成日・更新日・タグ一覧を出して欲しいのと、前述のタグのネスティングを付けて欲しいこと(これはなんとなく難しいような気がする)が挙げられる

EvernoteやOneNoteのそれと比較してもJoplinのWebクリッパーはよくできていると思う。Joplinの公式サイトのフォーラムには「Joplinはそんなに大量のノートを扱うようには作っていない」的なことが書いてあったが、この「どんどんクリップしちゃってOK」的に見えるWebクリッパーを見ると、「そんなことを言われても」という気がして。

Android側でタグ付けをする際、入力したテキストから既存のタグを検索できない。すでに付けてあるタグがすぐにはわからない。これはWindowsでは可能で、タグのインクリメンタルサーチをしてくれる。

これまで述べてきたようにJoplinでは「タグ」周りの動作が重い。複数ノートの選択でタグを付け直したりする際は非常に時間がかかる。ノートやノートブックの扱いはそれに比べ軽い。

ほとんどのノートを移行した現在、日常的な動作は思ったより軽快。数件のノートであれば同期は早い。これからは現実的に使えるかどうか様子見。


yasuo_ishihara_sl at 18:44|PermalinkComments(0) 手帳 

January 20, 2021

今週末も雨らしい

緊急事態宣言で他県でのキャンプも難しい。

そんな中で県内で行こうかと思っていたら今週末は雨らしい。

これは、「出掛けるな」という、神様のお告げなのだろうか。



yasuo_ishihara_sl at 22:37|PermalinkComments(0) Camp 

January 13, 2021

愛知県も緊急事態宣言

今後、どうなるんだろう・・・

yasuo_ishihara_sl at 20:10|PermalinkComments(0) Others 

January 02, 2021

このblog、やめようと思ったのですが・・・

このblogは2004年からやっています。

ここ数年から更新も面倒になってきたので、そろそろやめようと思いながらコンテンツをバックアップしようと管理画面に。

そうしたら、そこに My.Books.jp というサービスのリンクがありました。blogを書籍化しますよ、という触れ込みみたい。

試しにやってみたら、blogを書籍形式にPDF化してくれました。そのデータを元に紙の書籍も作成してくれるみたい(有料で)。

できあがったPDF体裁の内容をみていたら、blogの体裁と違って新鮮な気がしました。内容は全く同じもので、さらに自分が書いたものなのにね。

そして、このblogはそれなりに自分の記録になっているので続けるのもいいのではないかと思うようになりました。ジャーナリング的に使えるのではないかうという意味も含め。

気張らないでもう少し続けてみようかな。



yasuo_ishihara_sl at 18:30|PermalinkComments(0) Others 

初詣

元旦の朝に地元の神社3社に初詣。

手水舎が閉鎖されていて、アルコール消毒のボトルが置いてあった。

人は本当にまばら。お参りもソーシャルディスタンス。
賽銭箱の前に自分ひとりだけで神様独り占め状態。

今年もがんばろう。




yasuo_ishihara_sl at 08:10|PermalinkComments(0)

December 28, 2020

仕事納めの日、激しくあんかけスパが食べたくなって

12/28は仕事納めの日。
昼に納会があって、その後バタバタしてて昼食抜き。

15:00ごろ激しくあんかけスパが食べたくなって錦のヨコイに。
DSC_0013

美味しかった。ごちそうさま。1年お疲れさまでした。

yasuo_ishihara_sl at 22:00|PermalinkComments(0) Others 

December 13, 2020

12/11はソロキャンプ(電車と徒歩)

12/11は久しぶりのソロキャンプ。

寒いと予想して(でも今週は温かいくらい。翌週末から極寒になった)自転車は封印。mont-bell エクスペディションパック 100 に全ての道具類を詰め、自宅から東岡崎まで徒歩(25分)。東岡崎から内海駅まで名鉄で移動。エクスペディションパックはどんだけでも入る。
DSC_0020

内海駅から中日小野浦キャンプバンガロー村まで徒歩(25分)。
DSC_0022 DSC_0023 DSC_0025
途中、買い出しと 伊勢湾を望みながら天むす。三河湾の眺望とは違い広さがあるね、やっぱり。

キャンプ場到着。金曜日だったためか自分を含めキャンパーは5組程度。20組程度は入れるのにね。
だいたい、今年はソロキャンプブームで土日の予約が全く取れないのがつらい。

今回、9月に試しに購入してみたMOBI GARDEN LIGHT KNIGHT 2 を実戦投入。最近台頭してきた中華テントのひとつ。フライシートの張りにムラがある等、ステラリッジテントに比べると値段なりのような気がします。でも、これはこれでアリなのかも。
そして長辺から入るテントが欲しくなってきた。MSR ハバNX? トレックライズ? もしくはまた中華テント?
DSC_0028

実は、これを設営する前にタープを立てて小川張りをしようとしたが、準備不足でロープが足りず、自在金具が足りず、自在結びの仕方も忘れていたため、1時間ほど悪戦苦闘した後、タープは断念。4mmのガイラインもかさばって重い。次回までに3mmを調達しよう。

食事は肉と缶詰と卵。今回はアルコールストーブ・エスビットも持ってきて使ってみたが、ワンバーナー2器が正解のような気がしてきた。
DSC_0029 DSC_0034
今回はSOTOフュージョンST-330のみ。次回はイワタニ ジュニアコンパクトバーナーとセットで持っていこう。

その後ワークマンのダウンパンツを着込み、ヘリノックス グラウンドチェアに深く座り、暗くなるまでColeman スマホ三脚 スマホスタンド にスマホをつけて、Netflixのダウンロードコンテンツを鑑賞。

61f+-3oMceL._AC_SL1500_


そして焚火。着火はいつもガスバーナーで乱暴に。ここの薪は乾燥しててすぐ燃えるため、くべるのを少しずつにする。焚火のためにキャンプに来るのです。
DSC_0032

就寝時はダウンのシュラフを二枚重ね+ダウンジャケット+ダウンパンツ+ハクキンカイロで寒くはなかったが、エアマットを敷いていなかったので固くて失敗。

翌朝、雑炊を食べて撤収。
DSC_0037 DSC_0038 DSC_0039

そして徒歩と電車で帰宅。ザックにいろいろ詰めすぎたか、重くてつらい。何でも入るからって何でも入れていいわけではない。また、クローズドセルマットを外につけると邪魔。でも持っていかないと寒い。

そいうことで、今回も反省点があり、わかったことがあり、次回への申し送りもできた。
自分はこれからも自転車か徒歩のキャンプになりそう。物欲と創意工夫のせめぎあいが今後も続く。
ソロキャンプブーム早く終わらないかな。土曜の予約を入れたい。

yasuo_ishihara_sl at 11:28|PermalinkComments(0) Camp 

November 29, 2020

映画「スパイの妻」・「罪の声」

11/28はセルフ同時上映

「スパイの妻」
エンドロール前ですっきりした
46a7ba382576ea5e

「罪の声」
泣いた。
75b56f9f6868fc08


yasuo_ishihara_sl at 07:08|PermalinkComments(0) 映画 

November 23, 2020

パンク

週末はできるだけ、ランニングか自転車で体を動かすようにしています。

11/23は一色さかな広場へ。
DSC_0016

で、帰りにパンク。
DSC_0017

こんなに大きな釘が刺さっていた。こんなことある?
DSCPDC_0001_BURST20201123120216958

替えのチューブを付けて帰りました。往復60kmほど。
だんだんこの距離がつらくなってきた。帰ってから昼寝。

yasuo_ishihara_sl at 23:00|PermalinkComments(0) Bicycle