やはりEPICか・・・プライベートでやってるのか仕事でやってるのかわからなくする。

May 14, 2005

背景にある知識や見識がストーリーに厚みを持たせるんですね

『マイノリティ・リポート』がヒントとなった軍用次世代UI技術 ITmedia Newsからです。

この映画はバイオメトリクス(生体認証)やRFID(ICタグ)の話題で何回か取り上げています。ストーリーも、テクノロジーを背景にしており、なんだか印象深いのです。映画やテレビの物語の中で取り上げられるテクノロジーは結構重要で、

「いやー、それはないでしょ」・・・やはりありえない技術設定などがされていると、どんなにおもしろいストーリーでも魅力が半減してしまうのが正直なところである(しょうがない面もあるだろうが)。
百式から)

と僕も思っています。

でも、この映画にはこんな人がこの映画の技術アドバイザーとして参加していたんですね。

背景にある技術的知識と見識の深みがストーリーに厚みを持たせる。そういえば、「パラサイト・イヴ」でもそんなことを思ったなぁ。

でも、深みを持たせる知識はテクノロジーだけのハナシではないかもしれませんね。



yasuo_ishihara_sl at 11:54│Comments(0) Others 

この記事へのトラックバック

1. マイノリティ・リポート  [ 「マイノリティ・リポート」 ]   May 21, 2005 03:07
マイノリティ・リポートマイノリティ・リポート(''Minority Report'')は2002年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。ドリームワークス作品。フィリップ・K・ディックの原作をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品で、トム・クルーズが主演した。原作は短編、映画は

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
やはりEPICか・・・プライベートでやってるのか仕事でやってるのかわからなくする。