2007年01月18日

社内不正を防ぐ!〜まずは簡単な取り組みから

社内不正を防ぐ!

と声高々に言っても、

「じゃあ、まず何から手を付けたらええねん?!」

と思いますよね。

社内の業務マニュアル・規程を整備したり、場合によって

はシステムを導入したり。。でしょうか?

これらは結構な手間・コストがかかります。

覚えてもらうまで従業員の教育には特に時間がかかります。

 

そこで私なりにまず取り組んだら良いんじゃないかなと思うこと

を考えてみました。

〆陵兒に身元保証人を取る。

やってる会社が多いとは思いますが。だれも身内には迷惑を掛けたく

ありません。少しは心理的な牽制効果にはなると思います。

∈陵兒にインフォーマルな面接をする。

面接時には社長や役員の前ではみんな猫かぶってます。面接とは

称さずに若手の先輩と外にお茶でも行ったらどうかなと思います。

リラックスして色んな話聞けるかもしれません。

ギャンブル癖とか、消費者金融に借金があるとか。。

 

これらは採用時の話です。これだけでは限界あります。やっぱり人って

会社に入ってからその環境で人格変わったりしますからね。。

他に思いつくこと書きます。

人事のローテーションを行う。

これもやってる会社結構多いかなと思います。

1人が長い間同じ業務を担当していると、不正が起こっていても誰も発見

することが出来ず、取り返しのつかない不正額につながることがあります。

だから定期的に配置換えする。

一つ留意すべき点があります。

何ヶ月も前に配置換えを告げるのではなく、直前に告げること。

何でかというと、不正を隠蔽する時間を与えないためです。

こ杏専門家のチェックを入れる。

大きな会社では社内に内部監査室とか称する部署を設けて、

社内の各部署が不正を行っていないか定期的にチェックする制度を

取り入れてます。

中小の会社には人手がかかるので内部監査は現実的では無いですよね。

また少人数の会社にそんな部署設けたら社内がギスギスします。

そんな場合には年に一回でも外部専門家に見てもらったらいかがでしょうか?

専門のコンサルでも良いし、顧問税理士でも良いかもしれません。

そんな制度があるってことを社内に周知するだけでもだいぶ従業員の

意識が違ってきますよ。

 

いろいろ書きましたが他にもいっぱいあると思います。

手間とコストをかけずに社内不正を防ぐ方法。

みなさんも考えてみてはいかがですか?

 

↓ランキングに参加してます。クリックにご協力頂ければ感謝です!

人気blogランキングへ

 

【公式HP】

大阪市阿倍野区の税理士事務所 

 

税理士 大阪 / 公認会計士 大阪 
大阪の水越会計事務所



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Profile