2016年07月09日




夏休みにインターンシップが必要だ、
最近のドラマの「ゆとりですが何か」でも言われてましたね。

でも、無理矢理インターンシップに行く必要はありません。
積極的にインターンシップに行ったからといて
それが即有利になるかはその人次第だからです。

別の業界を受けるときに
なぜその業界のインターンシップに行かなかったの?
などと聞かれることもありますね。

ですので、無理していく必要はありません。
ですが、何もせずに無為に夏を過ごすと
その後の就活にも良いとは言えません。

ですので、学業でも何でもいいので、
かわりに「やった」と言えることを探すといいです。

大切なのは「すごくないこと」を「すごいこと」
みたいに言うことですね。
話を盛る必要はありませんが、
その時々に感じた感想や思いを、自分の言葉で
述べられるようにしましょう。

★ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします★

にほんブログ村













2015年11月01日




閲覧ありがとうございます。
就職活動をするにあたって、公務員か民間か、でもそうですが

やはり、自分のやりたい、だけで決めてしまうと失敗します。
なぜなら、「やれるか」ということも非常に重要だからです。

ですので、就職活動をどのように行うのかについて決める際は、
must want can のこのバランスが非常に大事です。

たとえばmust。
地元に残らなければならない、持病がある、などの事情がある場合、
何らかの制限があります。

でも一番重要なのはcanです。
公務員試験の勉強はむつかしく、たくさんの広い範囲を網羅しなければなりません。
たぶん仕事の性質が、「言われたことをやるに近い」
「でも異動などで数年ごとに新たな仕事に挑戦しなければならない」
という仕事だからです。

なので、勉強ができない、ひとはすっぱりとあきらめて民間にするか
高いお金を費やしてノウハウ系が学べる予備校に行くべきです。

wantしか考えずに失敗する、そういうのは避けなければなりません。





★ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします★

にほんブログ村












2015年10月12日




まだ3年生の就職活動の時期は来ておらず、
のーんびりとしている3年生か
必死で就職先を探している4年生か、

まあそんな状況だと思います。

しかしながらできれば3年生に年内に結論を出したほうが
良いと思われるのが・・・。

公務員の勉強をしている人は、民間とどうしていくのか、ということです。
就職活動の時期が変わったことにより、
民間と並行して活動できるようになりました。

公務員の結果がダメなら民間、という
受け方が可能になってきたのです。

だからといって
公務員と民間の並行を最初から想定しているようでは
かなりの確率でどちらとも失敗します。

ですので、年末までにはしっかりと
決めたほうが良いと思われます。
年末だと、ほとんどの3年生は何もしていないと思います。
というか年末から自己分析をはじめても間に合うからです。

逆にそれを過ぎてしまうと、若干就職活動に出遅れ感が
否めません。

もちろん、公務員受験者は民間を一社も受けるな、
というわけではありません。
(むしろ受けておいたほうがいいくらい)

どちらに主眼を置くのか決めたほうが
かえってやりやすいからです。
どうやって決めるかは、また次の記事で書きますね。

★ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします★

にほんブログ村