2015年11月01日




閲覧ありがとうございます。
就職活動をするにあたって、公務員か民間か、でもそうですが

やはり、自分のやりたい、だけで決めてしまうと失敗します。
なぜなら、「やれるか」ということも非常に重要だからです。

ですので、就職活動をどのように行うのかについて決める際は、
must want can のこのバランスが非常に大事です。

たとえばmust。
地元に残らなければならない、持病がある、などの事情がある場合、
何らかの制限があります。

でも一番重要なのはcanです。
公務員試験の勉強はむつかしく、たくさんの広い範囲を網羅しなければなりません。
たぶん仕事の性質が、「言われたことをやるに近い」
「でも異動などで数年ごとに新たな仕事に挑戦しなければならない」
という仕事だからです。

なので、勉強ができない、ひとはすっぱりとあきらめて民間にするか
高いお金を費やしてノウハウ系が学べる予備校に行くべきです。

wantしか考えずに失敗する、そういうのは避けなければなりません。





★ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします★

にほんブログ村












コメントする

名前
URL
 
  絵文字