Limited Express

野球・相撲・言語学・音楽・鉄道・仏像が好きな824がお届けするブログ。

helter-skelter

話題の「ヘルタースケルター」がきれいに韻を踏んでるなと思ってたので調べてみた。


【helter-skelter】
(副) 慌てて、乱雑に
(形) 慌てた、乱雑な
(名) 狼狽、混乱、らせん形の滑り台
[おそらく*skeltに基づく押韻合成語;語頭のhhubble-bubble, higgledy-piggledy, harum-scarumなどと対応する重複形]


☆押韻合成語の種類
(参考:http://www.alphadictionary.com/articles/rhyming_compounds02.html
 1. 頭韻合成語(alliterative compounds)
 2. 複合合成語(complex compounds)
 3. 重複合成語(duplicative compounds)
 4. 押韻合成語(rhyming compounds)
 5. SH規則合成語(SH-rule compounds)

<上記4.の押韻合成語リスト>
argle-bargle
argy-bargy
artsy-craftsy
artsy-fartsy
bigwig
black-jack
boogie-woogie
claptrap
fuddy-duddy
fuzzy-wuzzy
handy-dandy
hanky-panky
harum-scarum
heebie-jeebies
helter-skelter
higgledy-piggledy
hobnob
hocus-pocus
hoi-poloi
hoity-toity
hokey-pokey
holus-bolus
hootchy-kootchy
hubble-bubble
humdrum
Humpty-Dumpty
hurdy-gurdy
hurly-burly
itty-bitty
jelly belly
legal beagle
loosey-goosey
lovey-dovey
mumbo-jumbo
nitty-gritty
nitwit
nolens-volens
okey-dokey
palsy-walsy
pell-mell
pooper-scooper
raggle-taggle
razzle-dazzle
roly-poly
shilly-shally
teeny-weeny
tutti-frutti
walkie-talkie
wing-ding
willy-nilly

祝・初優勝

先月行われた恒例の教職員ソフトボール大会。
強豪校を撃破し、初優勝!
忘れないうちにメモ。打点不明。

1回戦 4番レフト 4打数2安打
|羆曚二塁打
右失
F麋
ず乎羇崙麥歛

2回戦 4番レフト 3打数2安打
|羌照
右安打
C羌照
て鷦
ズ険曚┿偉歛
 
3回戦 4番レフト 5打数5安打
〆険曚本塁打
∈険曚本塁打
左安打
ず乎羇峪偉歛
ズ乎羇崙麥歛
 
準決勝 4番レフト 3打数2安打
〇裕
中安打
C羆曚┿偉歛
っ羌照
セ哀乾

決勝 4番レフト 3打数3安打
〆鍵詑
∈乎羇峪偉歛
左犠飛
ず険曚二塁打

大会通算 23打席18打数14安打2本塁打 打率.778

前後際断

あけましておめでとうございます。2012年も824とブログを宜しくお願い致します。
今年は自分にとって「決断の年」。具体的には、’醢世諒向性の決断と、⊃箆の決断。
まあ、がんばります。


☆最近気になる言葉
1. 前記事の「日本語の[s]の語中添加」を大幅に更新。
http://blog.livedoor.jp/yasushi_0824/archives/51844118.html

2. 英語の子音の語中添加
昨年度のサブゼミの優秀卒論を見て思い出したトピック。
英語で子音[p, b, t, d, n,...]が挿入されることがある。
特に、通常の会話では[ms, ns, ls]の間の[p, t]の挿入が頻繁に起こる。
 例:hamster [hæmpstɚ]
   once [wʌnts]
   also [ɔ:ltsoʊ]
今回は辞書項目になっているもの、すなわち、歴史的な変化で子音が挿入されて定着したと考えられる語例を集めてみた。

OE=古英語 ME=中英語
MF=中期フランス語 AF=アングロフランス語 F=現代フランス語
L=ラテン語 Norw=ノルウェー語

-mp-
empty < OE. æmettig
glimpse  < ME. glimsen
hamper < OE. hamm/hemm
Hampshire  < Ham + shire
Hampstead  < Ham + stead
Hampton  < Ham + town
Sampson  < Sam + son
Simpson  < Sim + son
Thompson  < Tom + son
<ラテン語で挿入>
assumption  < L. assumptio  (cf. assume)
consumption < L. consumptio  (cf. consume)
presumption  < L. presumptio  (cf. presume)
redemption  < L. redemptio  (cf. redeem)
resumption  < L. resumptio  (cf. resume)
subsumption  < L. subsumptio  (cf. subsume)
cf. 発音つづり字 (pronunciation spelling)
ampster  < amster
dempster  < deemster
somep'n  < something
warmpth  < warmth

-mb-
ember  < ME. eemer
blamble  < OE. blemel 
crumble  < OE. gecymian 
dissemble  < OE. dissimulen 
fumble  < OE. famelen 
gamble  < OE. gamenen 
grumble  < OE. grymman 
humble < L. humilis  (cf. humility)
limber  < ME. lymor 
mumble  < ME. momelen 
nimble  < OE. mumol 
ramble  < ME. romen
scumble  < scum + -le 
shamble  < ME. shamel 
slumber  < ME. slume 
stumble  < Norw. stumla
thumble  < OE. thuma 
wamble  < ME. wamle 
wimble  < ME. wimmel 
<フランス語で挿入>
assemble  < AF. assmbler  < L. assimulare  (cf. assimilate)
camber  < MF. cambre  < L. camur 
chamber  < AF. chambre  < L. camera   (cf. camera)
cucumber  < AF. coucombre  < L. cucumer
ensemble  < F. ensemble  < L. insimul 
number  < AF. nombrer  < L. numerus  (cf. numerous)
remember  < AF. remembrer  < L. rememorari 
resemble  < AF. resembler  < re- + L. simulare
tremble  < AF. trembler  < L. tremulus  (cf. tremor)
cf. 発音つづり字
fambly  < family
hombly  < homely

-nd-
dwindle  < dwine + -le 
spindle  < OE. spinel  < spin + -le
tender  < L. tenerum  (cf. tenor)
thunder  < OE. thunor  (cf. Thursday)
<フランス語で挿入>
gender  < MF. gendre, genre  < L. genus  (cf. genius, genre)
gender  < MF. gendrer  < L. generare  (cf. generate)
remainder  < AF. remaindre  (cf. remain)
cf. 発音つづり字
cornder  < corner
mander  < manner

-Vm-   V=母音
dimple  < OE. dympel  < dyppan or deop + -le
pimple  < OE. pypel

-Vn-
farthingale  < MF. verdugale
messenger  < ME. messager  (cf. message)
nightingale  < OE. nihtegala
passenger  < ME. passager  (cf. passage)
stand  < OE. standan  (cf. stand-stood-stood)
tobacconist  < tobacco + -ist

※リンクブログ関連記事
#739. glide, prosthesis, epenthesis, paragoge
#750. number の省略表記がなぜ no. になるか
#797. nightingale

cf. 日本語の例
-Vm-
kombu < kobu「昆布」
tambi < tabi「度」
tambo < taho「田圃」
tombi < tobi「鳶」
mamma < mama「儘」
-Vn-
onnaji < onaji「同じ」
tongaru < togaru「尖る」
nannimo < nanimo「何も」
minna < mina「皆」

※用語まとめ
・音添加/挿入 (addition, epenthesis, insertion)
  -語頭音添加 (prothesis)
  -語中音添加 (epenthesis)
     --語中子音添加 (excrescence, consonant epenthesis)
     --語中母音添加 (anaptyxis, vowel epenthesis)
  -語末音添加 (epithesis, paragoge)
・音脱落/削除 (deletion, elision)
  -語頭音脱落 (aphaeresis, aphesis)
  -語中音脱落 (syncope)
  -語末音脱落 (apocope)


3. 英語の月の呼び名
現在の英語の月の呼び名のうち、2月および7〜12月は語源的な意味と2か月ずつずれている。
後世でJanuaryとFebruaryが加えられ、1年が12ヶ月となったためである。
つまり、もともとはMarch(元1月)始まりのDecember(元10月)終わりだった。

 1月:January  ‘Janus'’ (後に追加)
 2月:February  ‘for a purification feast’ (後に追加)
 3月:March  ‘Mars'’ 元1月
 4月:April  ‘second’ 元2月
 5月:May  ‘Maia's’ 元3月
 6月:June  ‘Junos'’ 元4月
 7月:July  ‘Julius Caesar's’ = ユリウス・カエサル
     改暦前:Quintilis  ‘fifth’ 元5月   (cf. quintet「五重奏」)
 8月:August  ‘Augustus'’ = 初代ローマ皇帝アウグストゥス
     改暦前:Sextilis  ‘sixth’ 元6月   (cf. sextet「六重奏」)
 9月:September  ‘seventh’ 元7月   (cf. seven, F. sept)
 10月:October  ‘eighth’ 元8月   (cf. octopus「蛸(8本)」, octave「オクターブ(8音)」)
 11月:November  ‘ninth’ 元9月   (cf. nine, Sp. nueve)
 12月:December  ‘tenth’ 元10月   (cf. decade「十年の」, decathlon「十種競技」)

非常にわかりやすい表があったのでこちらから拝借。
calender




※参考(Instant Word Power by N. Lewisから引用)
In 46 B.C., Julius Caesar, dictator of Rome, replaced the ten-month calendar with the 12-month [later called Julian] calendar. After Julius Caesar's assassination, the seventh month was renamed July in his honor; and Augustus, the first emperor, not to be outdone, renamed the eighth month after himself. This pushed October back into tenth place.


4. 英語の曜日の呼び名
 日:Sunday  ‘sun's day’
 月:Monday  ‘moon's day’
 火:Tuesday  ‘Tiu's (=Mars') day’
 水:Wednesday  ‘Woden's (=Mercury's) day’
 木:Thursday  ‘Thor's (=Jupiter's) day’
 金:Friday  ‘Frigg's (=Venus') day’
 土:Saturday  ‘Saturn's day’


5. 「カルト」と「オカルト」
cult 「祭儀」 < L. cultus ‘worship, cultivation’
occult 「超自然的な」 < L. occultus ‘hidden’ < ob- ‘over’ + culere ‘conceal’

air heir vs. hair hare

投稿論文2本・国際学会発表・高校期末テスト×2学年作成と採点&成績入力×200人がほぼ同時に襲来という今年最後にして最大の山を越え、予想通り今年最後にして最初の風邪を引いた…。
喉と鼻がやられ、のど飴1袋とティッシュボックス1箱がすでに消えた…。
起きてるのがしんどくて一日中寝たきりになってたら、腰が痛くなって今度は横になるのがしんどくなってきた…。


☆最近気になる言葉
1. 過去記事の「日本語の連声(liaison)」を大幅に更新。(記事下部)
http://blog.livedoor.jp/yasushi_0824/archives/51635659.html


2. 日本語の[s]の語中添加
母音が連続する場合に[s]が挿入されることがある。
その語例を集めてみた。

/-ame/
・秋雨 aki + ame > aki[s]ame
・糸雨 ito + ame > ito[s]ame
・樹雨 ki + ame > ki[s]ame
・霧雨 kiri + ame > kiri[s]ame
・小雨 ko + ame > ko[s]ame
・白雨 sira + ame > sira[s]ame
・長雨 naga + ame > naga[s]ame
・春雨 haru + ame > haru[s]ame
・速雨/暴雨 haya + ame > haya[s]ame
・氷雨 hi + ame > hi[s]ame
・大雨/甚雨 hi(ti) + ame > hi(ti)[s]ame
・群雨/叢雨/村雨 mura + ame > mura[s]ame
・流鏑馬/藪雨 yabu + ame > yabu[s]ame
・横雨 yoko + ame > yoko[s]ame
・夜雨 yo + ame > yo[s]ame
/-ine/
・荒稲 ara + ine > ara[s]ine
・粳稲 uru + ine > uru[s]ine
・搗稲/糙稲 kati + ine > kati[s]ine
・糈米 kuma + ine > kuma[s]ine
・褻稲 ke + ine > ke[s]ine
・稲種 tane + ine > tane[s]ine
・束稲 taba + ine > taba[s]ine
・税稲 tikara + ine > tikara[s]ine
・十束稲 totuka + ine > totuka[s]ine
・新稲 nii + ine > nii[s]ine
・和稲 niki + ine > niki[s]ine
・残稲 nokori + ine > nokori[s]ine
・野稲 no + ine > no[s]ine
・花稲/花米 hana + ine > hana[s]ine
・御稲 mi + ine > mi[s]ine
・八百稲 yao + ine > yao[s]ine
/-asa/
・三朝 mi + asa > mi[s]asa
/-ao/
・真青 ma + ao > ma[s(s)]ao

※参考『日本国語大辞典』より引用
さめ【雨】
《語素》雨〈あめ〉。複合語の後項として用いられる。「春さめ」「秋さめ」「小さめ」「むらさめ」など。
[語誌]
(1) 母音ではじまる「あめ」が熟合する際、母音の連続を避けて子音sが挿入された形と見る説が一般的であるが、ほかには「いね」が「うましね」になるくらいで、子音の挿入される例はほとんどなく、「さめ」は「あめ」の古形だとする説もある。
(2) 「はやさめ〈早雨〉」「はるさめ〈春雨〉」「こさめ〈小雨〉」に対しては、「はやさあめ」「はるさあめ」「こさあめ」という形も平安時代に見える。ことことからすると、サメの元の形はサアメだとも考えられるが、もしサアメ→サメだとすると、このサの説明がつきにくい。右の実例からは、サの前に立つのは、名詞、形容詞語幹、接頭辞とさまざまだが、そのようなサという語は知られていない(「高さ」「早さ」などのサは形容詞語幹にのみ付くもので、別語と考えられる)。サメ→サアメという変化をしたものか。


3. 過去記事の「英語の-edの発音パターンの例外」を大幅に更新。(記事下部)
http://blog.livedoor.jp/yasushi_0824/archives/51799107.html


4. 発音しない英語の語頭<h>
英語の語頭の<h>の発音は次のように分類できる。
ー斃儻譴<h>
 (a) <h>があるから発音する (例:host)
 (b) フランス語と同じように発音しない (例:hour)
 (c) 発音しない<h>を取る(発音しない) (例:able)
固有語の<h>
 (a) 元々ある<h>を発音する
 (b) フランス語を模倣して<h>をつける(発音しない)
英語は原則として(a), (a)を採用している。
今回は(b), (b)に注目してその語例を集めてみた。
*はアメリカ英語のみの発音。

・heir [eɚ]
  heirdom, heiress, heirloom, heirship
・herb [ɚ:b]*
  herbage, herbal, herbarium, herbicide, herby
・homage [ɑmɪʤ]*
  homager
・honest [ɑnest]
  honestly, honesty
・honor [ɑnɚ]
  honorable, honorand, honorarium, honorary, honoree, honorific
・hour [aʊɚ]
  hourglass, hourlong, hourly
・huge [ju:ʤ]*
  humongeous
・human [ju:mən]*
  humane, humanism, humanist(ic), humanitarian(ism), humanize, humankind,
  humanity, humanly, humanold
・humble [ʌmbl]*
・humid [ju:mɪd]*
  humidify, humidity, humidor, humectant
・humility [ju:mɪləti]*
  humilate, humiliating, humiliation
・humor [ju:mɚ]*
  humoresque, humorous
・humus [ju:məs]*
  humic, humify

これらは辞書的に<h>を発音しないとされているものであって、口語などでは他にも多くの<h>が脱落する。詳しくは下記のサイトを参照。

※リンクブログ関連記事:
#214. 不安定な子音 /h/
#459. 不安定な子音 /h/ (2)


追記:
THE MANZAIのナイツの決勝ネタおもしろい!
http://www.youtube.com/watch?v=4TsSH0GmZgM
ちなみに、問題になってる終盤のネタの「ヒロイン(heroine)」と「ヘロイン(heroin)」はどっちも同じ発音。この語頭の<h>も消えやすいはず。
こういうのを「同音異形異義語(homophone)」という。
http://en.wikipedia.org/wiki/Homophone

At the bus stop, I'll never stop.

ご無沙汰してます。824です。
国際会議@京都での学会発表が終わったのでちょっと書きます。
…いや、高校の仕事が大量にあるけどちょっと書きます。
札幌が長かった自分にとって、京都に来るといつも気になることがある。
帰るとすぐ忘れるから今のうちに。


バス停・地下鉄駅の命名の法則はあるのか。
1.××〇条パターン:「河原町三条」など
2.〇条××パターン:「四条河原町」など
(※全てに〇条が付くわけではない)


通説は以下の通り。
1.「南北に走る通り」→「東西に走る通り」
2.「より大きい通り」→「より狭い通り」
出典:
http://okwave.jp/qa/q6885213.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312878748

参考:札幌は「東西に走る通り」→「南北に走る通り」(例:南19条西6丁目)


京都のバス・地下鉄乗り換え検索サイトで調べてみた。
http://www.city.kyoto.jp/kotsu/rakunavi/index.html
結果は以下の通り。考察はしない。

1.全体の結果
<〇条××> 36/65, 55.4%
三条春日/三条京阪前
四条大宮/四条御前通/四条葛野大路/四条烏丸/四条河原町/四条京阪前/四条高倉/四条中新道/四条西洞院/四条堀川
五条京阪前/五条坂/五条高倉/五条西洞院/五条壬生川/五条大和大路
七条大宮/七条御前通/七条河原町/七条京阪前/七条千本/七条西洞院/七条堀川
八条油小路/八条大宮
九条大宮/九条河原町/九条近鉄前/九条七本松
十条相深町/十条油小路/十条大宮/十条新町/十条竹田街道

<××〇条> 29/65, 44.6%
烏丸一条
烏丸二条/新間ノ町二条/川端二条/東山二条
河原町三条/西大路三条/千本三条/東山三条/堀川三条
西大路四条
烏丸五条/河原町五条/西大路五条/大宮五条/中ノ橋五条/堀川五条
烏丸六条/西桐院六条
烏丸七条/西大路七条/東山七条
葛野大路八条/西大路八条
葛野大路九条/西大路九条
河原町十条/千本十条


2.条ごとの結果
・一条
<一条××> 0/1, 0%
なし
<××一条> 1/1, 100%
烏丸一条

・二条
<二条××> 0/4, 0%
なし
<××二条> 4/4, 100%
烏丸二条/新間ノ町二条/川端二条/東山二条

・三条
<三条××> 2/7, 28.6%
三条春日/三条京阪前
<××三条> 5/7, 71.4%
河原町三条/西大路三条/千本三条/東山三条/堀川三条

・四条
<四条××> 10/11, 90.9%
四条大宮/四条御前通/四条葛野大路/四条烏丸/四条河原町/四条京阪前/四条高倉/四条中新道/四条西洞院/四条堀川
<××四条> 1/11, 9.1%
西大路四条

・五条
<五条××> 6/12, 50.0%
五条京阪前/五条坂/五条高倉/五条西洞院/五条壬生川/五条大和大路
<××五条> 6/12, 50.0%
烏丸五条/河原町五条/西大路五条/大宮五条/中ノ橋五条/堀川五条

・六条
<六条××> 0/2, 0%
なし
<××六条> 2/2, 100%
烏丸六条/西桐院六条

・七条
<七条××> 7/10, 70.0%
七条大宮/七条御前通/七条河原町/七条京阪前/七条千本/七条西洞院/七条堀川
<××七条> 3/10, 30.0%
烏丸七条/西大路七条/東山七条

・八条
<八条××> 2/4, 50.0%
八条油小路/八条大宮
<××八条> 2/4, 50.0%
葛野大路八条/西大路八条

・九条
<九条××> 4/6, 66.7%
九条大宮/九条河原町/九条近鉄前/九条七本松
<××九条> 2/6, 33.3%
葛野大路九条/西大路九条

・十条
<十条××> 5/7, 71.4%
十条相深町/十条油小路/十条大宮/十条新町/十条竹田街道
<××十条> 2/7, 28.6%
河原町十条/千本十条

A quarter century has passed...

久々の学会発表を24日に終えて、わりと晴れ晴れとした気分なので更新してみる。
あんなに朝から憂鬱な誕生日は初めてだった。
とはいえ、5日以内に論文とテスト作成の締切が迫っているので手短に。

あんまり大声では言えないが、早ければ来年の夏に大きな決断を迫られることになった。
研究している時や発表している時、言葉のこと考えている時は研究職に就きたいと思う。
教えている時や試験を作っている時、野球部に関わっている時は教職に就きたいと思う。
ああ、どうしたもんか。少なくとも学位は取りたい。
ちなみに、今は発表後なので前者の気持ちである。

学会は一般の口頭発表の他に、国内外から招待講演がある。
講演の多くは、導入の方の内容はわかっても途中からなかなかフォローできない。
英語だからとかじゃなくて、日本語で聞いても同じような気がする。
その研究の深いバックグラウンドを知らないし、その人のこれまでの研究成果を見てきたわけでもないからだ。
ってなってしまうのは自分が知識の浅いダメ院生だからだと思ってたら、さっきの懇親会で名の知られた先生も同じことを言っててちょっと安心。
どれだけディープな研究してても、オーディエンスが「ホェ〜??」ってなったら負けだと思うので肝に銘じたい。

あと、お世話になっている先生の一人が今回の招待講演で、
"English announcements on JR commuter trains in Tokyo: Is she a native speaker?"
というタイトルで超おもしろい発表をしてくれて、今もかなり興奮している。
自分がずっと思ってたことと、それ以上のことも分析してくれていて大変勉強になった。
詳細を知りたい方は後日じっくり話します。


☆最近気になることば
・母音間の/s/の有声化
英語では、辞書の発音記号が/s/となっていても、実際の発音では[z]となることがある。
もちろん英語だけじゃなくてどの言語でもよく起こるけど。
音韻論のprosody /prɑsədi/, prosodic /prəsɑdɪk/という用語もその好例。
つまり、通常は[prɑzədi], [prəzɑdɪk]と発音される。
他にどんなのがあったっけ??

・-ften, -sten, -stleにおけるtの脱落
つづり字が-Cten, -Ctleで子音のCがfとsの時、発音は[-Cn], [-Cl]となる。
その例を挙げておく。
oftenとpestleだけは/t/を落とさない発音もある。

<-ften>
often [ɑftn, ɑfn]
soften [sɑfn]

<-sten>
chasten [ʧeɪsn]
christen [krɪsn]
fasten [fæsn]
glisten [glɪsn]
hasten [heɪsn]
listen [lɪsn]
moisten [mɔɪsn]

<-stle>
abustle [əbʌsl]
apostle [əbɑsl]
bristle [brɪsl]
bustle [bʌsl]
cacomistle [kækəmɪsl]
castle [kæsl]
epistle [ɪpɪsl]
forecastle [foʊksl]
gristle [grɪsl]
hustle [hʌsl]
jostle [ʤɑsl]
nestle [nesl]
pestle [pesl, pestl]
rustle [rʌsl]
thistle [θɪsl]
trestle [tresl]
whistle [hwɪsl]
wrestle [resl]


明日は12時半に学会が終わるから、旅費節約と旅を兼ねて在来線で帰ろうかと検討中。
先月も国際学会の夕食会で京都に来て、今回で2度目。
実は来月の学会発表も京都、年末の国際学会の発表も京都…。
さっき二条城に行ってみたけど、次回はどこ観に行こうか。

下:被2

先月発売されたT.M.Revolutionの6年ぶりのオリジナルアルバム『CLOUD NINE』を購入すると、デビュー15周年記念のセルフカバーベストアルバム(2作目)の収録曲を投票できる。
その投票結果がついに発表された。

☆『UNDER:COVER 2』収録曲
第1位 『LEVEL 4』 (4th single, 1997/04/21)
第2位 『IMITATION CRIME』 (3rd single c/w, 1996/11/11)
第3位 『vestige-ヴェスティージ-』 (21st single, 2005/08/17)
第4位 『last resort』 (5th album, 2000/10/12)
第5位 『SHAKIN' LOVE '97』 (2nd album, 1997/02/21)
第6位 『Out Of Orbit〜triple zero〜』 (16th single, 2002/02/20)
第7位 『蒼い霹靂』 (7th single, 1998/02/25)
第8位 『とっておきのおはなし〜新説恋愛進化論〜』 (4th album, 1999/03/10)
第9位 『Tommorow Meets Resistance』 (2nd album)
第10位 『独裁-monopolize-』 (1st single, 1996/05/13)
第11位 『Burnin' X'mas』 (10th single, 1998/10/28)
第12位 『WILD RUSH』 (11th single, 1999/02/03)
第13位 『INVOKE』 (17th single, 2002/10/30)
第14位 『Albireo-アルビレオ-』 (18th single, 2004/02/25)
第15位 『O.L』 (3rd album, 1998/01/21)

好きな曲が週ごとにランクインしたり外れたりしてヒヤヒヤしたが、めぼしいところ(『last resort』『とっておきのおはなし〜新説恋愛進化論〜』『蒼い霹靂』『Burnin' X'mas』『Albireo-アルビレオ-』『O.L』)が全部入ってくれてほんとに良かった。

ちなみに、デビュー10周年記念で5年前にリリースされた前作の収録曲は以下の通り。

☆『UNDER:COVER』(2006/01/01)収録曲
第1位 『HEART OF SWORD〜夜明け前〜』 (3rd single, 1996/11/11)
第2位 『Zips』 (7th album, 2004/03/17)
第3位 『Twinkle Million Rendezvous』 (3rd album)
第4位 『AQUALOVERS〜DEEP into the night〜』 (8th single c/w, 1998/06/24)
第5位 『Joker』 (3rd album)
第6位 『THUNDERBIRD』 (9th single, 1998/10/07)
第7位 『WHITE BREATH』 (6th single, 1997/10/22)
第8位 『夢の雫』 (1st album, 1996/08/12)
第9位 『LOVE SAVER』 (14th single B-side, 2000/09/06)
第10位 『LIGHT MY FIRE』 (5th album)
第11位 『HIGH PRESSURE』 (5th, 1997/07/01)
第12位 『魔弾〜Der Freischütz〜』 (14th single A-side)
第13位 『Meteor-ミーティア-』 (6th album, 2003/03/26)
第14位 『BOARDING』 (15th single, 2001/02/07)
第15位 『HOT LIMIT』 (8th single)

何と言っても、第6位の『THUNDERBIRD』は不朽の名曲。必聴。
その他、『HEART OF SWORD〜夜明け前〜』『Twinkle Million Rendezvous』『夢の雫』も良い。


以上、自己満まとめでした。

Furico 283

明日から生徒が宿泊学習に行くので一週間休み。
やっと落ち着ける。
初めて一人でテスト全てを作成・採点・返却したら神経が擦り減った。
もっと強くならなきゃだめだ。
授業も全然おもしろくない。
もっと考えてやらなきゃだめだ。


2週間前に毎年恒例の学校対抗で行われる教職員ソフトボール大会に参加してきたので、忘れないうちに(もうすでに一部忘れたが)記録しておく。

☆教職員ソフトボール大会第1回戦
4番レフト 4打数2安打?打点
第1打席:右失策
第2打席:右飛
第3打席:中越え二塁打 打点?
第4打席:右越え二塁打 打点?
 結果:15-14で勝利

☆教職員ソフトボール大会第2回戦
4番レフト 3打数3安打4打点2本塁打
第1打席:中越え本塁打 打点1 (先制弾)
第2打席:中越え二塁打 打点2
第3打席:四球
第4打席:左越え本塁打 打点1 (最終回2死から同点弾)
 結果:12-12、規定によりじゃんけんを行い4-5で敗北

準優勝校には互角に戦えることが分かったのが収穫。
来年こそは2位を目指す。


ZONEが復活とのことで、俄然やる気が出てきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000316-oric-musi
ただ、一番好きだったドラムのMIZUHOがいないのが残念。。。
もう芸能界復帰はないのか。

☆ZONEの個人的シングルランキングベスト10。
※インディーズ時代のものは除く。
1. 『白い花』 (8th, 2002/11/27)
2. 『世界のほんの片隅から』 (4th, 2001/11/24)
3. 『H・A・N・A・B・I 〜君がいた夏〜』 (10th, 2003/07/30)
4. 『太陽のKiss』 (13th, 2003/06/02)
5. 『卒業』 (12th, 2004/02/04)
6. 『glory colors 〜風のトビラ〜』 (14th, 2004/08/04)
7. 『証』 (7th, 2002/09/26)
8. 『僕の手紙』 (11th, 2003/10/29)
9. 『一雫』 (6th, 2002/07/17)
10. 『夢のカケラ…』 (5th, 2002/02/14)

ま、一番有名なのは、
『secret base 〜君がくれたもの〜』 (3rd, 2001/08/08)
だろう。96万枚も売れたらしい。

今でもMIYUは国内屈指の女性ボーカリストだと勝手に思っている。


☆最近気になることば
英語の-edの発音パターンの例外。

<典型例>
1. 無声音に後続する場合:-ed [t] (例:looked [lukt])
2. 有声音に後続する場合:-ed [d] (例:begged [begd], planned [plænd])
3. [t, d]に後続する場合:-ed [ɪd] (例:wanted [wɑntɪd],  handed [hændɪd])

<例外>
[t, d]に後続しないのに-ed(-edly, -edness)が[ɪd]となる場合
なお、-edの例は全て形容詞用法。

[-bɪd]
・crabbed
・stabbed
・absorbedly
・crabbedly, crabbedness
・perturbedly

[-kɪd]
・crooked
・naked
・peaked
・picked
・wicked
・crookedly, crookedness
・forkedly, forkedness
・markedly, markedness
・nakedly, nakedness
・peakedness
・wickedly, wickedness

[-gɪd]
・bowlegged
・cragged
・dogged
・doglegged
・jagged
・legged
・ragged
・rugged
・winged
・bowleggedly, bowleggedness
・doggedly, doggedness
・jaggedly, jaggedness
・raggedly, raggedness
・ruggedly, ruggedness

[-ʧɪd]
・wretched
・debauchedly, debauchedness
・detachedly, detachedness
・wretchedly, wretchedness

[-ʤɪd]
・aged
・alleged
・acknowledgedly
・agedly, agedness
・allegedly
・enragedly
・smudgedly

[-vɪd]
・beloved
・aggrievedly
・contrievedly
・curvedly, curvedness
・depravedly, depravedness
・deservedly, deservedness
・relievedly
・reservedly
・resolvedly
・undeservedly
・unrelievedly
・unreservedly, unreservedness
・unresolvedly, unresolvedness

[-sɪd]
・accursed
・blessed
・cursed
・cussed
・deuced
・accursedly, accursedness
・barefacedly, barefacedness
・blessedly, blessedness
・compressedly
・confessedly
・convincedly
・cursedly, cursedness
・cussedly, cussedness
・debasedness
・deucedly
・embarrassedly
・enforcedly
・engrossedly
・fixedly
・increasedly
・interlacedly
・interspersedly
・massedly
・professedly
・pronouncedly
・redfacedly
・relaxedly, relaxedness
・shamefacedly, shamefacedness
・vexedly

[-zɪd]
・advisedly
・amazedly
・amusedly
・bemusedly
・composedly, composedness
・confusedly
・dazedly, dazedness
・discomposedly
・disguisedly
・dispersedly
・exposedness
・pleasedly
・reposedly
・rousedness
・supposedly
・surprisedly
・unadvisedly, unadvisedness
・undisguisedly

[-ʃɪd]
・abashedly
・unabashedly

[-mɪd]
・charmed
・ashamedly, ashamedness
・assumedly
・confirmedly, confirmedness
・consumedly
・informedly, informedness
・presumedly
・unshamedly

[-nɪd]
・learned
・unlearned
・concernedly
・confinedly
・constrainedly
・designedly
・feignedly
・learnedly, learnedness
・refinedly
・resignedly
・restrainedly
・sustainedly
・unconcernedly, unconcernedness
・undesignedly
・unfeignedly
・unlearnedly
・unrestrainedly, unrestrainedness
・weanedness

[-rɪd]
・assuredly
・blurredly
・declaredly

[-lɪd]
・veiledly

[-Vɪd]  V=母音
・allowedly
・avowedly
・cloyedness
・disallowedly
・impliedly
・renewedly

他にもたくさんあるようなので見つかり次第追加予定。

※リンクブログ関連記事:
#643. 独立した音節として発音される -ed 語尾をもつ過去分詞形容詞
#712. 独立した音節として発音される -ed 語尾をもつ過去分詞形容詞 (2)
#776. 過去分詞形容詞 -ed の非音節化

さて、今週は研究に励むか。
学振やら発表募集やら色々ある。
読むべき本もたくさんある。

追記:
以前教えてもらった面白い記事を貼っておく。

-New York Times
 "Phonetic Clues Hint Language Is Africa-Born"
-The Economist
 "Babel or babble?"


♪目指してたゴールに届きそうな時、本当はまだ遠いこと気付いたの?♪

あんいヴぇrさry

みなさん、お久しぶりでございます。
Limited Expressの824です。
気がつけばもう前のエントリーからおよそ半年も経ってしまった…。

近況を申し上げると、あれから毎日、怒涛のように論文を書いた結果、目標の100ページを大きく超える納得のいく論文が完成。
そして、1月上旬に修論提出、下旬に博士後期課程の入試、2月の中旬に修論最終審査を経て、おかげさまで無事に博士前期課程を修了し、後期課程に進学が決定。
高校の方も先日、学年末が終わり、今年度の仕事が全て終了。
研究所のバイトも徐々に地に足が付いてきた。

というわけで、来年度も慣れ親しんだG大で学生。。。
本格的に研究職目指してがんばっていく。
高校の方も3年目の契約が決まったので、継続して講師をする予定。
ちなみに、今度は新入生のリーディング全クラスを1人で教えることに…。
研究所では、修士号を取得したので「研究員」の肩書きで勤務することになった。

3つも自分の好きなことができる環境に感謝しつつ、今後もそれに甘えず、向上心を高く持っていきたい。
同期や後輩たちが社会に貢献してる中、ダメ人間にならないように努力を重ねていきたい。

 

…と、前置きはこのくらいにしておく。
この度の震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を願っております。
あの日、自分は家に1人でいて、人生で初めて机の下に隠れた。
このまま1人で死ぬかもしれないという恐怖に襲われた。
テレビをつけると、CGでしか見たことないような津波があらゆるものを飲み込んでいく映像が、リアルタイムで流れていた。
不謹慎かもしれないが、こうやって地球の大陸は姿かたちを変えてきたんだ、その瞬間が目の前にある、と興奮を覚えつつも、それに対してただ見ているしかない人間の無力感に打ちひしがれた。

今、二週間が経ち、やはり自分にできるのは募金と冷静さを保つことだと感じる。
特に、原発関連の話は過剰反応しすぎないことだと思う。
人間2人に1人は癌になる。煙草の方が何倍も危険だ。
被災地じゃないんだから、物は無くなりはしない。
苦しむ時が来たら、みんな一緒に苦しむことになる。
正確に情報を把握して、普段以上に謙虚に過ごそうじゃないか。
参考:http://muraoka.a.la9.jp/

 

折しも、11日はJRダイヤ改正の前日。
結局、一度も特急『雷鳥』に乗れないまま、さよならの日を迎えた。
http://mainichi.jp/kansai/news/20110312ddn012040013000c.html
個人的な希望としては、建設中の北陸新幹線が完成したら、富山方面列車の愛称は『雷鳥』か『はくたか』にしてほしい。
また、今回の震災では、全線が開業した東北新幹線も大きなダメージを受けた。
九州新幹線も開通し、列島縦断できるようになった矢先だっただけに本当に残念。
もう一度、新青森から鹿児島中央までを一直線につないで、日本復興の象徴になってもらいたい。
http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU


このごろやっと時間ができたので、昔のCDを大量にレンタルしてみた。
やっぱり90年代後半から00年代前半はよかったと改めて実感。
そういえば、いきものがかりの曲が小田急の接近音になっているらしく、その動画を見つけた。
http://www.youtube.com/watch?v=OmQiiIbuibU
こういうのもなかなかいい。

ちなみに今はGLAYを聴いているが、TERUの声が20年くらい全く衰えないことにたまげた。
どんな喉してるんだ。。。
とりあえず『春を愛する人』。
http://www.youtube.com/watch?v=CH931oKQlNQ
基本シングルの曲しか知らないけど、これだけは知ってる。
シングルにすればよかったのに。。。

なお、T.M.Revolutionの6年ぶりのアルバムが来月発売。
15周年を記念して、サンリオとコラボも。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000299-bark-musi
さらに、ドラマ初主演も。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000314-oric-ent
LUNA SEAも復活後初のシングル発売が決定。
売上げ全てを募金する。


☆最近気になることば
1. 外来語の語末のエ行vs.イ行
[ti]#: puty / city => パ「テ」 pa[te] vs. シ「ティー」 shi[tii]
[di]#: brandy / dandy => ブラン「デー」 buran[dee] vs. ダン「ディー」 dan[dii]
[ni]#: money / honey => マ「ネー」 ma[nee] vs. ハ「ニー」 ha[nii]
 cf. honeymoon ハ「ネ」ムーン ha[ne]muun
[ɹi]#: curry / berry => カ「レー」 ka[ree] vs. ベ「リー」 be[rii]
[li]#: volley / rally => バ「レー」 ba[ree] vs. ラ「リー」 ra[rii]
[ki]#: hockey / lucky => ホッ「ケー」 hok[kee] vs. ラッ「キー」 rak[kii]

2. 外来語の直音vs.拗音
[kæ]: cap / cam => 「キャ」ップ [kja]ppu vs. 「カ」ム [ka]mu
[gæ]: gap / gas => 「ギャ」ップ [gja]ppu vs. 「ガ」ス [ga]su
[lu]: glue / blue => グ「リュー」 gu[rjuu] vs. ブ「ルー」bu[ruu]
[ɹu]: screw / crew => スク「リュー」 suku[rjuu] vs. ク「ルー」ku[ruu]

おcとべr

あっという間に10月…。
院生室にほぼ毎日通い、住人のようになって久しいが、修論が終わる気配がない。
100枚英語で書けという指令は本当なのか嘘なのか未だに謎。
言われなくても、書きたいことをしっかり全部書いて、アペンディックスやらやらを付ければそのくらいにはなるはずだ。
ただ、相変わらず能率が悪すぎてあきれてくる。

また高校で色々あったらしく、非常勤の追加2コマ、計10コマが学年末まで継続することになった。
金銭的には大変ありがたいが、時間的にはさらに追い詰められる。
でも、修論を書いてる時間は苦しいけど楽しい。Mなのかもしれない。いや、そうに違いない。

大学院、研究機関バイト、高校非常勤、部活コーチ、オフ、実家という6つもの顔を持てることは本当に幸せである。
それぞれいろんな味があって、どれも美味しい。
現状に甘えるタイプなので、「現状維持は退化」という昔覚えた文句を半人前の自分に言い聞かせる。
皮肉なことに、常に向上心を持ち続けているのは体重と体脂肪である。。。


☆最近気になることば
1. 実は漢語だったカタカナ語
・アレイ 「亜鈴」
・インコ 「鶉苛」
・エンジ 「臙脂」
・オットセイ 「膃肭臍」
・クエン 「枸櫞」
・コンロ 「焜炉」
・ヘイベイ 「平米」
・ホウロウ 「琺瑯」
・メッキ 「鍍金」
・モツ 「物」<臓物
・レンガ 「煉瓦」

これらは外来語の当て字ではなく、れっきとした中国語。
常用漢字でなかったり、難解であることからカタカナで表記している物が多い。


2. ハネダ空港のハブ化
「『羽田』空港を『羽生』空港に変えること」だと弟は思っていたらしい。
同じようなことがあった気がするんだけど、パッと思い出せない…。
浮かび次第、追加します。


3. 色の呼称
その羽田空港に行くモノレールの浜松町駅の下りエスカレーターに、
「黄色いせんの内側に…」という表示があり、一瞬読めなかった。
「黄色」いせん?…あ、「黄色い」線か!
そこで、語尾に「い」を付けて色の状態を表すパターンを考えてみた。

A. 「〜い」パターン
・青+い=青い
・赤+い=赤い
・黒+い=黒い
・白+い=白い

B. 「〜色い」パターン
・黄+色い=黄色い
・茶+色い=茶色い

つまり、2拍語は「〜い」で、1拍語は「〜色い」となる。
1拍語は長くしないと聴き分けにくいためだろう。


4. 1拍語の代償延長
その1拍語について、目的語の時に助詞「が」や「を」を伴う場合は1拍のままで発話されるが、助詞が省略される場合には長音化する傾向がある。
・「絵」
絵を描く「エヲカク」
絵描く「エーカク」

・「木」
木を切る「キヲキル」
木切る「キーキル」

・「毛」
毛が生える「ケガハエル」
毛生える「ケーハエル」

・「血」
血が出る「チガデル」
血出る「チーデル」

・「手」
手を洗う「テヲアラウ」
手洗う「テーアラウ」

・「歯」
歯が痛い「ハガイタイ」
歯痛い「ハーイタイ」

・「火」
火をつける「ヒヲツケル」
火つける「ヒーツケル」

・「屁」
屁をこく「ヘヲコク」
屁こく「ヘーコク」

・「目」
目を見る「メヲミル」
目見る「メーミル」

commuter special rapid #201

昨日、4年弱に渡った府中での1人暮らしに終止符を打ち、文京区の実家に戻った。
家電や家具の処理などで協力してくれた同期と後輩、留学生には本当に感謝しています。

学部2年の途中で1人暮らしを始めたのには主に3つの理由があった。
・主専の予習がしんどくて、通学時間がもったいなくなってきたため。
・野球部でキャプテンになり、何かあった時にすぐに対応できるようにするため。
・家族生活という束縛から解き放たれたかったため。
自分勝手な話ではあったが、全て十分に経験させてもらえたし、社会の仕組みも色々と分かって良かった。

今回、1人暮らしを止めたのにも主に3つの理由がある。
・大学院の講義のコマ数より、実家に近い高校の非常勤のコマ数の方が多くなったため。
・慢性的な生活習慣の堕落を改善させるため。
・月々の少しずつの赤字の積み重ねによって貯金が激減したため。
修論執筆と非常勤を両立させ、将来のためにお金を貯めておくには、実家に戻ることが最適であるという結論に達した。

宣伝してと言われたのでしておくと、引越はRED-CAP社がおすすめ。
宅配最大手のBLACK-CATS社は5万、中堅で引越専門のPANDA社は4万、運送協同組合連合会RED-CAP社は3万。
ただし、段ボールは自分で用意。もちろん荷づくりも。
めんどくさい勧誘もないし、当日までほっといてくれる。
当日も時間ぴったりに来て、ほぼ全部やってくれた。移動も一緒にトラックに乗って行ける。

とりあえず、良いアパートだった。快適だった。さようなら。

今日から4年ぶりの中央線通学。
その前に実家の自室のカオスな状態を早く元に戻したい。


さて、先々週末に江ノ島&鎌倉に初めて行って来た。
日光が直射過ぎてぶっ倒れるかと思った…。
江ノ島のタワーからの眺めは最高。海泳ぎたくなる。
江ノ電は狭い住宅街を爆走しすぎw
鎌倉はもはや国際都市。仏像もなかなかよろしかった。

先日の24日に24歳になった。
とうとう親が結婚した年に…orz
そんなの関係(ry
去年まで、きっとこのまま1人で腐って死んでいくんだろうと思っていたが、生きてて良かった。

先週は、去年に引き続きサマースクールの講義をさせてもらった。
最初は殺気を感じてビビっていたが、何とか乗り切った。
大人に教える時はピリピリ感が全然違って恐ろしい。。。
2回も良い経験をさせてもらい、委員長には心から感謝しています。

そういえば、今日から高校は新学期である。
なんか色々あったらしく、今学期から2コマほど増える見込み。
金銭的にはありがたいが、修論をこまめに進めないと大変なことに…。
あとは引き続き、国研のバイトも。
K薗先生の研究室は文献が宝の山のようにあるから毎回楽しみ。


☆最近気になる音楽
初期のDIR EN GREYはもともと好きだったが、いろいろ聴いていくうちに最近のにもかなり良いのがあることが判明。
ということで、DIR EN GREYのシングル曲個人的ベスト10。
(*はグロ注意)

1. Cage  (6th, 1999/05/26)*
2. 予感  (7th, 1999/07/14)
3. 朔-saku-  (19th, 2004/07/14)*
4. DOZING GREEN  (23rd, 2007/10/24)*
5. DRAIN AWAY  (16th, 2003/01/22)
6. GLASS SKIN  (24th, 2008/09/10)
7. JEALOUS  (1st, 1998/05/10)
8. ゆらめき  (3rd, 1999/01/20)
9. アクロの丘  (5th, 1999/01/20)
10. ain't afraid to die  (11th, 2001/04/18)

シングル以外では、ダントツでGARDEN

DIR EN GREYはシングルだけでなく、アルバム曲のPVも多くあるのがすごい。
映像や歌詞はグロいが、曲は本当に良い。

そういえば、LUNA SEAが完全復活だそうで。


p.s. 合宿の写真見たら野球したくなってきた。

家具&書籍と40前のちっちゃいおっさん情報

今日は引越の準備してたら日が暮れてしまった。
家具類をいろいろ運び出してみて、まだ残ってるものがあったので、また載せときます。

・食卓(折りたたみ式)
・ガスコンロ(2つ同時可)
・フライパン

あと、Amazonのマーケットプレイスで売れ残っている本があるので、これも載せときます。

アメリカの政治―内政のしくみと外交関係
イギリスの政治―改革に揺れる伝統国家
学校の境界
鉄道業界就職ガイドブック2008
Lost World: Junior Novelization
Pope Joan: A Novel
ハゲタカの饗宴

家具類・書籍類、欲しい方は連絡下さい。
もちろん全部タダです。

本日8/11はT.M.R.約2年ぶりの23rd両A面シングルの発売日。
a.b.s.ではよくリリースしてたが、ソロの方は久しぶり。

Naked arms
SWORD SUMMIT

ついでに、初回特典DVDの映像と一部同じものも。
来月で40歳になるおっさんの生足&絶対領域が見れます笑

イナズマロックフェス2009@琵琶湖
resonance
HOT LIMIT
魔弾〜Der Freishütz〜
ignited-イグナイテッド-
HEART OF SWORD〜夜明け前〜

朝ガール、

前の記事(削除済み)で募集した大型家具類の貰い手がつきました!
あともうちょっと処分したい物があるので一応、挙げときます。
ぐっち神さま、検討をお願いします。

・体重計(体脂肪計付)⇒終了
・ガスコンロ
・フライパン

昨日まで4日間、非常勤先の野球部の合宿に行ってきた。
もう今回で3回目の恒例行事。
毎度、新潟の山奥。
改めてこの国は平和だと思った。
景色も、人間も。

戦地、東京に戻り、進まない修論に励み、禿げそうになる。
23時を回り、ふと来月の非常勤先の文化祭のことを思い出す。
昨年は矢島のネバダだったが、今年はモー娘の恋愛レボ21に決まったらしい。
あさっての初練習に向けて、動画を見てみる。
http://www.youtube.com/watch?v=qd4jiLZhIrg
…ムズすぎてワロタw

何となく初期のモー娘が懐かしくなってきたので、いろいろと聴いてみた。
8/24に24になる824のようなおっさんは、やっぱり初期の曲が好きですね。
90年代後半バンザイ\(^o^)/
というわけで、モーニング娘。のシングル個人的ベスト5。

1. ふるさと (6th, 1998/07/14)
http://www.youtube.com/watch?v=xYTFbs0TJuQ

2. LOVEマシーン (7th, 1999/09/09)
http://www.youtube.com/watch?v=D5StlIW7_7g

3. 抱いてHOLD ON ME ! (3rd, 1998/09/09)
http://www.youtube.com/watch?v=9bkPYbtE2bc

4. サマーナイトタウン (2nd, 1998/05/27)
http://www.youtube.com/watch?v=yBrQTh6wKxI

5. モーニングコーヒー (1st, 1998/01/28)
http://www.youtube.com/watch?v=rNjyIn2IMGc

ASAYANを見て幼心につんく(雄)のプロデュース力に感心した記憶がある。
それにしても、矢口はよく生き残ってると思う。
俺も生き残らねば。。。
矢口ついでに、わりと好きだった初期のタンポポの曲も載せておく。

・たんぽぽ (3rd, 1999/06/16)
http://www.youtube.com/watch?v=SrxMM87iqO0

・ラストキッス (1st, 1998/11/18)
http://www.youtube.com/watch?v=J7sspFL2mtw

ハンバーガー主語動詞

何となく、ドイツのクラブチーム的なタイトルにしてみた。

高校の期末テストの採点、院のゼミの中間発表が終了。
本格的に修論の執筆だ。
この1ヶ月はW杯に翻弄された。
生活のリズムを立て直さなければ。


☆2010 FIFA WORLD CUP 個人的ベストイレブン
[GK] キングソン (GHA)
[DF] 田中マルクス闘莉王 (JPN)、カンナバーロ (ITA)
[MF] イニエスタ (ESP)、スナイデル (NED)、ドノバン (USA)、ブラッドリー (USA)
[FW] ロッベン (NED)、ルーニー (ENG)、ヴィッテク (SVK)、アンリ (FRA)

※選考基準:画像参照head

 

 

 



☆2010 FIFA WORLD CUP 個人的MVP 2人
[MF] チャバララ (RSA)
[FW] ギャン (GHA)

※選考基準:アフリカの夢


☆最近気になる音楽
1. タマシイレボリューション by Superfly
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11208356
2. A Question of Honour by Sarah Brightman
http://www.nicovideo.jp/watch/nm6849229


☆最近気になることば
1. 駅名「ほん〜、もと〜」について
「本(ほん)」:厚木(小田急)     vs. 厚木(JR東)
                      川越(西武)        vs. 川越(JR東、東武)
                      鵠沼(小田急)     vs. 鵠沼(江ノ島電鉄)
                      駒込(東京メトロ)vs. 駒込(JR東、東京メトロ)
                      塩釜(JR東)        vs. 塩釜(JR東)
                      千葉(JR東)        vs. 千葉(JR東)
                      中野(東武)        vs. 中野(わたらせ渓谷鉄道)
                      八戸(JR東)        vs. 八戸(JR東)
「本(もと)」:銚子(銚子電鉄)   vs. 銚子(JR東)
                      蓮沼(都営)         vs. 蓮沼(東急)
                      八幡(JR東、都営)vs. 八幡(京成)
「元(もと)」:加治(西武)         vs. 加治(JR東)
        住吉(東急)         vs. 住吉(東京メトロ、都営)

2. 駅名「なか〜」について
「中」:板橋(東武)               vs. 板橋(JR東)
           浦和(JR東)               vs. 浦和(JR東)
           小国(JR東)               vs. 小国(JR東)
           軽井沢(しなの鉄道)    vs. 軽井沢(JR東、しなの鉄道)
           強羅(箱根登山鉄道)    vs. 強羅(箱根登山鉄道)
           塩田(上田電鉄)          vs. 塩田町(上田電鉄)
           菅谷(JR東)               vs. 菅谷(JR東)
           目黒(東急、東京メトロ) vs. 目黒(JR東、東急、東京メトロ、都営)
「仲」:御徒町(東京メトロ) vs. 御徒町(JR東)
           木戸(京浜急行)       vs. 木戸(JR東)

3. 八幡について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1
「はちまん」:〜八幡宮・八幡神社(全国各地)、八幡山駅(東京)、近江八幡市(滋賀)
「やはた」:八幡地区(福岡)、八幡製鉄所(福岡)
「やわた」:八幡市(京都)、八幡町(千葉)

4. 七夕について
七夕(たなばた)< 棚機(たなばた)
織女を意味する「棚機つ女(たなばたつめ)」=「機織の女」が有力。
 cf. スタートレイン by 50TA
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9653861

5. 伊右衛門について
右衛門=いもん iemon < いもん iwemon
 cf. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E4%BC%8A%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80

6. カロテンについて
カロテン < カロチン < E. carotene < E. carrot > キャロット

soul革命 by 超飛ぶ

gkkawashima4

gkkawashima5

 

 

 

 

 

gkkawashima3

 

 

 


スポーツは時に残酷で、時に幸福をもたらす。

スポーツは数字で結果が出る。
そして、その結果が全てである。
評価は結果によって行われる。

悪いプロセスを踏めば当然負けるが、どんなに良いプロセスを踏んでも負けることがある。
ただ、外からはこの違いが見えない。

トップに立つ者は高い目標とそれに向けてのビジョンを持つべきである。
そして、何を言われても信念を貫く必要がある。
周囲の意見に耳を傾けつつも、軸はブレてはならない。

チーム内には笑いの絶えないコミュニケーションが不可欠である。
そのような人間関係を築くことで、厳しいことも言い合える間柄になる。
それが最高潮に達した時、結束力の強い集団が生まれる。

普段はふざけて笑い合い、
練習では勝つために何が必要かを真剣に考え合い、
試合の最後に泣き合えるのは幸せなことである。

今日の記者会見で、岡田監督が控えの今野と森本にむちゃぶりして、全員が大爆笑した姿に感動を覚えた。
あれは本当に良いチームじゃないとできない光景である。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11249131

試合に出られない、もしくは選ばれない人がいる。
そこで腐るようなやつは必要ない。
チームの勝利のために我慢し、自分のできる最大の努力を惜しまない。
きっとこの先、良いことが待っていると信じて。
悔しさを押し殺してインタビューで同じようなことを言っていた控えの岩政に感銘を受けた。
自分の高校時代と重なった。

十何年前、Jリーグが開幕してサッカーが流行り、休み時間にいつも遊んでいた。
小さい頃から運動神経が残念だった俺は、キーパーしかやらせてもらえなかった。
サッカーチームにも入ったが、控えキーパーだった。
今でも一番好きなポジションはGKである。

今回の正GKの川島は大好きな選手の一人である。
彼はレギュラーが保証されていないチームに敢えて移籍したことがある。
これまで正GKだった楢崎を間近で見て勉強するために。

とりあえず、夢と感動をありがとう。
特に、同い年の本田、長友、岡崎。
俺もがんばります。
http://www.youtube.com/watch?v=sIypiD8uaVI


☆最近気になることば

1. 「城砦」を意味する地名/人名接尾辞
ドイツ語、オランダ語 -burg
 例:Hamburg ハンブルク (GER)
   Hapsburg ハプスブルク (AUS)
   Johannesburg ヨハネスブルク (RSA)
   Strassburg シュトラスブルク (GER)
ロシア語 -burg
 例:Sankt-Pjetjerburg サンクト・ペテルブルク (RUS)
   Yekaterinburg エカチェリンブルク (RUS)
フランス語 -bourg
 例:Luxembourg ルクセンブルク / リュクサンブール (LUX/BEL)
   Strasbourg ストラスブール (FRA)
英語 -burg/-burgh/-borough
 例:Strasburg ストラスバーグ (USA)
   Pittsburgh ピッツバーグ (USA)
   St. Petersburgh セント・ピーターズバーグ (USA)
   Edinburgh エディンバラ (GBR)
   Peterborough ピーターバラ (GBR)
デンマーク語、スウェーデン語 -borg
 例:Alborg オールボー (DEN)
   Viborgボー (DEN)
   Helsingborg ヘルシングボリ (SWE)
   Swedenborg スウェーデンボリ (SWE)


2. 「町」を意味する地名/人名接尾辞
英語 -ton < town
 例:Arlington アーリントン Boston ボストン Charleston チャールストン
   Dalton ドルトン Easton イーストン Edmonton エドモントン
   Fulton フルトン Hamilton ハミルトン Houston ヒューストン
   Kingston キングストン Lipton リプトン Newton ニュートン
   Princeton プリンストン Washington ワシントン Weston ウェストン


3. 「山」を意味する地名/人名接頭辞
フランス語 mont-
 例:Mont Blanc モンブラン (FRA) < mont- + blanc 「白」
   Montesquieu モンテスキュー (FRA) < mont- + esquieu
   Montgomery モンゴメリー (USA) < mont- + gomery
   Montreal モントリオール (CAN) < mont- + réal 「王室」
   Mont-Saint-Michel モン・サン・ミシェル (FRA) < mont- + Saint Michel
イタリア語 monte-
 例:Monte Carlo モンテカルロ (MNC) < monte- + Carlo
   Montedio モンテディオ (JPN) < monte- + dio 「神」
   Montenegro モンテネグロ (MTN) < monte-  + negro 「黒」
   Monteroza モンテローザ (ITA) < monte- + roza 「薔薇」
   Montevideo モンテビデオ (URG) < monte- + video 「見る」
英語 mount- > mountain
 例:Mount Rainier マウントレーニア (USA) < mount- + Rainier


4. 父称 (patronymic)
父称については以前も書いたが、もう一回載せる。
欧米の姓には「〜の(息子)」という意味を表す接辞がついたものがある。

・接尾辞
I. -s
 例:Jones ジョーン < John + -s 「ジョン(=ヨハネ)の」
   Williams ウィリアム < William + -s 「ウィリアムの」
II. -son/-sen      
 例:Johnson ジョンソン < John + -son 「ジョン(=ヨハネ)の」
   Johnsen ヨンセン < John + -sen 「ヨン(=ヨハネ)の」
III. -vic/-wicz
 例:Ibrahimovic イブラヒモビッチ < Ibrahim + -vic 「イブラヒム(=アブラハム)の」
   Kenstowicz ケンストウィッツ、ケンストビッチ < Kenst + -wicz 「ケンストの」

・接頭辞
I. Fitz-
 例:FitzGerald フィッツジェラルド < Fitz- + Gerald 「ジェラルドの」
   Fitzwilliam フィッツウィリアム < Fitz- + William 「ウィリアムの」
II. Mac-/Mc-
 例:MacArthur マッカーサー < Mac- + Arthur 「アーサーの」
   McDonald マクドナルド < Mc- + Donald 「ドナルドの」
III. O'-
 例:O'Brien ブライエン < O'- + Brian 「ブライアンの」
   O'Neill ニール < O'- + Neil(l) 「二ールの」

・前置詞
I. del
 例:del Monte デルモンテ 「山の」
   del Piero デルピエロ 「ピエロ(ピーター)の」
II. van/van der/van den
 例:van Gogh ファンゴッホ 「ゴッホの」
   van Persie ファンペルシー 「ペルシー(パーシー)の」
   van der Sar ファンデルサール 「サールの」
   van der Vaart ファンデルファールト 「ファールトの」
   van den Hoogenband ファンデンホーヘンバント 「ホーヘンバントの」


5. 愛称と本名
Bill(y), Will(y) = William
Bob(by), Rob = Robert
Dick, Rick(y) = Richard
Ellie, Lisa, Beth = Elizabeth
Kitty, Kate, Cathy = Catherine
Mickey, Mike = Micheal


6. 黒
・Negro 黒人の蔑称 < ラテン語 nigrum 「黒い」
・Niger ニジェール
  Nigeria ナイジェリア
 …もともと同じ地域を表していた。
・Montenegro モンテネグロ < monte 「山」 + negro 「黒」

Profile
Recent Comments
Visiters

記事検索
  • ライブドアブログ