2011年07月01日

忘却と「タイムラグ」から何が学べるか?


先日、友人が主催してくれたソーシャルに関する研究会での議論で、「タイムラグ」が1つの話題になり、それについてしばらく考えていることがあったので、今日はそれをシェアしたいと思います。

clock1


この研究会での議論としては、何かの施策・打ち手を行なってから、実際にそれが結果に結びつくまでには、色々なプロセスが連鎖し、最終結果となるから、安直に「この施策は失敗しましたー」と、短期間で結論付けるのでは、評価できないものがあるよね、というのが1つの切り口でした。

具体的には、フェースブックを使って企業がファンを増やしていっても、すぐには売上増加などには結びつかない(というのは、データで出ていると)。だけれども、直感的には、おそらくそこから長期的に特定の企業に愛着が生まれたり、率先してその商品を購入するようになると思うから、短期的にフェースブックなどでの施策を「売上に結びつかないから撤退・縮小」などとするのは早計だね、というケースが挙げられたりします。

で、その話が頭にちらちらと残っていて、考えたのか今回のお話となります。

この「タイムラグ」、実は個人的に1つ強烈な経験があります。

私は、6年ほど前から手帳に、「今どんなことを考えていて、何をやろうと思っているか」という内容などを、割と細かく記録にとっています(なぜそんなことをしているか、ということをお答えすると、あまりに話が長くなりますので、それは割愛します・・・)。

notes


その手帳を見返していたら、今から4年程前に、「新しい人と積極的に会いに行き、その際には”キースフェラッチオの本”に書いてあることを実践して、深い交流が持てるようにする。そこから得られる刺激・出会いによって、きっと面白いことがおきるはず。」ということを、このキース・フェラッチオ氏の講演をたまたま海外のカンファレンスで聞いて、思い立ったことが記録されていました。

これは、衝撃でした。なぜなら、この手帳を見返した時(および今もそうですが)、私は夜な夜な色々と新しい出会い、面白そうな人との出会いを求めて、まさにここに書いていることをしていたからです。そして、なにより衝撃だったのは、この行動のきっかけが、この数年前のことにあったのを、すっかり忘却していたからです。

よくよく考えると、これは当たり前かもしれません。なぜなら、

1.何をやったか、という記憶そのものは、数年も経てば、大概は忘れてしまう
2.そのきっかけから、具体的にどんなことをして、結果何が起きるかは、当初は大抵予測不能なため、様々なことがあっても、オリジナルのイベントとの関連性に気付きにくい
3.自分を取り巻く環境が、当時と変わってしまっており、日常の中で、そのきっかけを思い出すトリガーが存在しない

といった理由が考えられるためです。

一方で、こうした、結果が出るまでに時間が長くかかること、言い換えれば「タイムラグ」が大きいことは、取り組むこと自体に、とても価値があることかと思います。その主な理由は、

1.タイムラグが大きいということは、すなわち自分以外のいろんなところをめぐりめくって、周囲との関係の中で変化が起きている可能性が高く、それは即ち、その営みが巻き込む範囲が大きく、より重要な変化に結びついていることを意味するから

2.結果が予測できないということは、それだけ斬新で、革命的な営みである可能性が高いから

といったところでしょうか。


さて、というわけで、

「やり始めのことを記録しておいて、後で検証可能にしておくこと、そこに跡付け解釈を入れる余地を無くすこと」

というのをやってみておくと、結構、いろいろな出来事の因果関係を、結果からの後付け講釈ではなく、事実を元に振り返ることができるかと思います。

で、ここで1つのクエスチョンが頭をよぎりました。

question


「因果関係が分かったところで、何か今更それが役に立つのか?」

というものです。

これ、やっぱりとても役に立つな、というのが、私の仮説です。

なぜなら、

・いいと思ってやってみることへの自信がつき、短期で成果が出なくても、「その先に何かが待っている」と、長期の取り組みへの自信につながる

・自分への理解が深まる(自分が繰り返せること、繰り返せないことが、見えてくる)

・同じことへ2回取り組まなくて済む様になる

そう、ひとことで言い換えるなら、

「ちょっとやそっとの目先の失敗や苦労にへこたれず、新しいことにチャレンジする活力が沸いてくる」

かなと思う次第です。


こうして、個人の営みについては、記録をとり、それを振り返ることで「タイムラグ」と、上手く付き合うことができるのではないか、と感じ始めたのですが、一方で、「タイムラグは、個人ではなく、チーム・企業という単位に置き換えて考えると、何を意味するんだろうか・・・・?」という問いが、頭に浮かんできました。

いったい、これはどうなんでしょうか?これが、現段階で私が「タイムラグ」について、最も頭にもたげているテーマとなっています。

questionquestion

それではみなさん、ごきげんよう。

この件に関するコメントや議論など、大歓迎です。
※ぜひとも、下記のFaceBookコメント欄など、お試し・ご活用ください。まだお会いしたり、お話をしたりしたことの無い方、大歓迎です。
2011年06月27日

アリストテレス化と「ソーシャル」

昨夜思いつきでブログを引っ越したわけですが、その理由の1つは「思考した内容の発信頻度を上げよう」という点です。
というわけで、以前よりも1つ1つの記事内容を軽くし、発信頻度を上げていきたいと思います。

さて、今日は阪神競馬場にて「宝塚記念」という大レースが開催されたのですが、ひしめく強豪馬を押しのけ、勝利したのは「アーネストリー」という、ちょっと地味な馬。勝利直後にアナウンサーが「やはり、馬の力を信じきって、早めスパートをしたのが、勝因ですね」「馬を信頼し切っていたから、勝利できたんですね」という解説を加えました。

これだけ聞くと、「勝つべくして勝ったんだなあ」と思うわけですが、実際には完全な後付け講釈(このクラスになれば、大抵の馬は信頼されています)。このように、目の前で起きたことに対して、もっともらしい理由を付け、「それは説明可能なのである」とすることを、”アリストテレス化”と呼んだりします。アリストテレス化をすることで、人々は「次におきることは予測可能」「自分の身の回りのことは、ある程度は少なくとも把握可能」と感じ、安心することができるわけです。

arti


そして、この「アリストテレス化」の欲求は、未知の変化・これまでの経験にない状況に直面した際、特に高まります。目の前におきていることのパターンを見つけ出し、そこに対する適切な対処方法を予め講じておこう、というするわけです。

ですが、実際にはこうしたパターンを見つけ出し、適切な対処方法を予め講じておくというのは、中々難しいかと思います。
例えばですが、Eメールが仕事に導入されたとき、「Eメールとは、このような位置づけのものになる」「こんな変化を仕事にもたらす」「だから、こういう風に位置づけて、こんな風に使い分けをすればいい」ということは、様々な雑誌や書籍でもてはやされたかと思いますが、結局は、数年間使い続けながら、自然と仕事の中に定着していったというのが実情です。

Eメールを例として出すとやや古い感じもしますが、普段の活動や仕事のスタイルを根本的に変化させていくものほど、その影響や世の中にもたらす変化は予測不可能であるし(だからこそ、”エポックメーキング”なんだと思います)、過去のパターンや経験が役に立たないことが多いかと思います。

こうした中で特に避けたいのが、EメールをFAXや電話と比較して、その位置づけを語ろうとすることかもしれません。実際には、新しいものが入ってきたら、その比較対象になる古いものも、相対的に役割が変化してしまったり、ベースとなる人の行動がそもそもがらっと変わってしまうので、以前のフレームのままで語っても、意味が無くなってしまいます。

そして、この相対比較にはまってしまうと、たま~に聞くような「未だに○○さんはメールを自分で使わずに、秘書にすべてやり取りさせて、プリントアウトしたものを見ている」といったような、大変環境にやさしくない状況を生み出してしまうことにつながりかねません。
未知のもの、言い換えれば自分の行動様式・社会の行動様式をがらっと変えてしまうものは、個々人に対してはその行動様式を変化させ、新たな環境にフィットすることを求めてくるわけですから、その利用経験そのものが一定量に達しなければ、古い行動様式のままで取り残されてしまうわけです。

secretary


さらに、これにはまってしまった人が、たまたま組織の意思決定に関わる人であったり、施策を評価する側の立場だったりしたら、折角組織の中に新しい変化に対応できる人がいても、その意見やチャレンジを、試しもしない段階でスポイル(無駄棄て)してしまいます。

と、こんなことを考えていると、最近最もこれが当てはまるのが「ソーシャル」に関する話ではないでしょうか。「ソーシャルって何?」「「ソーシャルメディアはどんな変化をもたらすの?」「ソーシャルをどう活用すればいいの?」という話は、私のようにウェブをメインとするビジネス以外でも、多くの企業・個人が注目し、対応を検討している段階かと思います。

ですが、この段階で「アリストテレス化」を求めて多くのセミナーに参加したり、書籍を読み漁ったり、(こういうときは、セミナーの主催者や書籍販売側が儲かるわけですが・・・)、仲間内で議論ばかりするというのは、まさに過去のパターンの延長線上で考え、現れつつある変化を自分に取り入れることを、逆に阻害してしまうかと思います。

むしろ、まずはとりあえず日々の中でFaceBookを使ってみる、Twitterでつぶやいてみる、といったことをする時間量を、自分の生活の中の○○割と定めて、無理くりでも色々と試してみると、自分の生活が変化し、例えば「ソーシャル」をより早く自分の中に取り込み、素早い仕掛けができてくるのではないかな、と思ったりします。

・・・まあ、理屈好きな私としては、こういう経験をベースにして、新しく面白い後付講釈を作っていくのも、またとても楽しいんですけどね。

それでは

2011年03月21日

Googleリアルタイム検索で見る震災後のトレンド

今回の震災後に、ツイッター上でつぶやかれた各キーワードのボリューム推移を、Googleリアルタイム検索をベースに、3月21日AM9:00までのデータをまとめてみました。

YLog



数値の推移と共に、色々なトレンドが見て取れるかと思います。例えば、こんなこと。

(全般)
・しばらく沈静化していた【余震】が、3月19日頃に頻発

(原発関連)
・【原発】は、地震発生後、継続して心配事となっている
・【枝野】さんのプレゼンスは、【菅首相】よりも上
・同時に、原発に関する情報源として【hayano】さんへの注目が高まっていた
・【放射能】への懸念は、水素爆発などの影響で、震災後数日で再燃
・決死の放水作業などに関連し【水温】への注目が高まる

(生活関連)
・【計画停電】の影響で、震災後初の平日である3月14日に、【運行状況】に注目集まる
・大手企業の中には、こうしたことから【自宅待機】に踏み切るところが続出。ただ、この傾向は週明けには収まる見込み。
・【電池】【カップラーメン】は、震災直後に「電池切れになりそう」「今日はカップラーメン」といった使用状況中心が、その後「不足」「売り切れ」へ
・物資不足の話題は、その後【ガソリン】【米】【トイレットペーパー】などに波及
・そんな中、特定の新聞のあおり?もあり【疎開】といった言葉も

・ただ、そんな流れの中で、【募金】を初めとした支援への声は根強く続いてる

こうしてトレンドを見ると、日々のニュースや情報とは違った流れが見えるかもしれません。