2011年07月21日

【詳しいやり方が分かる】ワールドカフェ実践マニュアル

最近、ワールド・カフェに参加をした、ワールド・カフェを使ってイベントを開催する、という声を聞くことが増えてきました。


この、ワールド・カフェという話し合いの手法ですが、私が以前勤務をしていたHumanValue社が、この手法の書籍を日本語訳していたり、同社勤務時代も、その後の複数のビジネスの場面、カンファレンスを主催した際にも活用しており、この方法が拡がっていくのは、とても嬉しく感じています。


colabconfphotos
※ワールド・カフェの風景「コラボレーションカンファレンス2010in福岡」

ですが一方で、ワールド・カフェに参加した友人や知り合いから

「こないだ参加したワールド・カフェ、酷かったよ・・・」

など、ちょっと気になる話を聞くことが増えてきたのも、また事実です。


そういった場合、詳しく状況を聞いていると、ワールド・カフェを運営する上で、押さえておきたいポイントが押さえられていなかったり、根本的に進行方法がワールド・カフェとは似ても似つかないものになってしまっていたりすることが多々ありました。


そこで、「ワールド・カフェをぜひやってみたい!」と思った方が、

難しいファシリテーションの技術や、詳細な事前準備などをせずとも、
ある程度安定的にワールド・カフェを運営できるような


実践的なマニュアルを作成したいと考えるに至りました。
 

■このマニュアルの位置づけ

・このマニュアルは、ワールド・カフェの開発者であるアニータ・ブラウン氏、およびデイビッド・アイザックス氏の著書「The world cafe」の日本語訳である、「ワールド・カフェ」(HumanValue出版)の内容、および私自身が企画・ファシリテーションを担当したワールド・カフェ運営を通した経験を基に、制作しました

・主な想定対象者は、「ワールド・カフェに参加してみて、自分でもこれをやってみたい」と感じている方、および「これまでワールド・カフェをやってみたんだけれど、どうもいまひとつしっくりこない」と感じている方です

・このマニュアルに記載したのは、あくまでワールド・カフェの1つの運営パターンであり、これ以外にも様々なバリエーションが存在しますし、これ以外の運営方法を否定するものではありません

・マニュアルの内容は、今後みなさんからのインプットなどをふまえて、改善/拡充したいと考えております
 

▼それでは、以下がワールド・カフェ実践マニュアルの本編となります。少しでも、みなさんのお役に立てばなによりです。


ワールド・カフェ実践マニュアル 本編

Step0〜Step12の流れに沿って、各コンテンツを自由にご活用ください。

本内容に関しては、パワーポイントファイルをそのまま編集して実施に利用したり、企画会議などで転用などをしていただいて構いません。
 

Step0:ワールド・カフェの進行イメージと要点理解

自分が運営サイドになったとき、どのように進めればいいか、何に気をつければいいかを、下記の2つの資料「ワールド・カフェ進行表」および「進行スライド」を参考に、イメージしてください。


procedurehead1
ワールド・カフェ進行表(ダウンロード)

ワールド・カフェの進行を、どのように進めればいいか、進行役向けに詳細を記載しています

slide1
進行スライド(ダウンロード)

上記進行表に対応した、パワーポイントの進行スライドになっています

これら2つの資料は、組み合わせて使うことで、そのままワールド・カフェの進行ができるように制作しました。
話し合いのテーマなど、内容を実際の企画に合わせて、ご自由に変更し、ご利用ください。
なお、進行表との対応を明確にするため、各スライドの右下に、そのスライドの名称を白いボックスで記載してありますが、実際に進行に使用する場合は、削除してしまってもいいかもしれません。

また、上記の進行表/進行スライドに沿って、実際のファシリテーションを録画した映像を下記の通り用意しましたので、進行表を印刷し、進行スライドをPC上に写しながらご覧いただきますと、進行のイメージがよりつけやすいかと思います。


これらの資料 で、進行のイメージが確認できましたら、次に下記の資料にて、進行上、決して外してはいけないポイントについて、ご確認ください。

theory1
ワールド・カフェの要点(ダウンロード)


この資料は、私の友人たちが遭遇した「痛いワールド・カフェ」にて、特によくありがちな進行に関する誤解を解消するために制作しています。
 

→上記内容で、不明な点などがあれば、このページのフェースブックコメント欄、あるいは私のツイッター http://twitter.com/yasuyasu1976 へのメッセージという形にて、ご質問くださいませ。

ご自分の中で実施のイメージがついたら、下記のStep1へと進んでください。
 

<ワールド・カフェ開催の1週間〜2ヶ月前>

Step1:ワールド・カフェのイメージ共有

ワールド・カフェがどのように楽しかったか、どんなことが自分たちで実施したら起きそうか、といったことを、ワールド・カフェを体験していないチームメンバーに共有し、実施への賛同や合意を得ます。
この賛同や合意を得る相手は、社内でワールド・カフェを行おうという場合であれば、上長、および運営を共同で行う同僚がそれに該当します。もしも、外部に向けて行うイベントやセミナー、カンファレンスなどであれば、その運営チームが、相手となります。


Step2:ワールド・カフェ実施の企画を立案する

下記の「企画マニュアル」に沿って、ワールド・カフェの開催概要を、運営チームでの議論によって検討します。

planning1
ワールド・カフェ企画マニュアル(ダウンロード)

こちらのマニュアルには、実際に行われたワールド・カフェの企画段階のサンプルも記載しております。

Step3:会場の下見と確保

「企画マニュアル」に沿って決定した開催概要の中には、会場に関する要素も含まれています。その内容に沿って、会場選定と予約を行うのが、このステップです。
会場を決定する際には、それが社内の会議室であっても、外部の会議室であっても、距離の離れた郊外の施設であっても、実際に現場に赴き、下見を行った上で最終決定することを、強くお勧めします。 


Step4:招待内容の制作

参加者への募集、参加勧誘の告知を制作します。
ワールド・カフェに関する告知/説明には、 下記サンプルも参考資料としてお使いください。

ワールド・カフェ開催告知例(コラボレーションカンファレンスin福岡)


Step5:参加者への声かけ

実際の参加者への勧誘、募集などを行います。


Step6:資材の調達

当日資材の調達を行います。主な必要資材は、下記の通りとなります(◎:必須、○:あると好ましいもの)。

-機材・資材等:

◎参加者全員が4人1組で座れるだけの、机と椅子

◎各テーブルの上を覆えるほどの大きさの模造紙(A1またはA0というサイズ)

◎上記の模造紙をテーブルに固定するための、セロテープなど

◎各テーブルごとに、模造紙に書き込みができる8色または12色の色ペン(ポスカ など)

◎ワールド・カフェの最後に個人の発見などを書き込むポストイット(一辺4cm程度の正方形のタイプのもの)

◎プロジェクタ+スクリーン(本マニュアルに添付しているスライドなどを投影して進行できます)

○カフェ的な雰囲気を出すために、各テーブルと模造紙の間に敷くテーブルクロス

○カフェ的な雰囲気を出すために、各テーブルに提供するちょっとしたお菓子や軽食

○リラックスした雰囲気のために、開始前に会場に流すBGMと音響装置


<開催当日>

Step7:事前準備

当日の機材、会場のセッティングを行います。
実際の会場設営イメージなどは、下記のFlicker写真などをご参照ください。

コラボレーションカンファレンス2010 in Fukuokaのワールド・カフェ風景写真


Step8:当日の進行

進行表に沿って、ワールド・カフェを実施します。
※この実施には、先ほどStep0で提示した下記の一連の資料そのままで行っていただくことを、強くお勧めします

(再掲):ワールド・カフェ進行表(ダウンロード)

(再掲):進行スライド(ダウンロード)

(再掲):上記内容の実際の進行例:動画(YouTubeへのリンク)


Step9:記録作業

当日の成果物である模造紙、およびポストイットを、デジカメでの撮影や、ベタうちなどの作業でとりまとめます。これらのデータは、なるべく早いタイミングで参加者のみなさんに配布すると、個人個人の振り返りや、ブログ等での共有をしていただくことができるようになります。


Step10:当日の運営振り返り

次のイベントが予定されていなくても、この振り返りを実施することで、その日の運営者としての学びを運営メンバー同士が蓄積できることから、おすすめです。
特に、打ち上げの飲み会などの前に、10-15分程度で十分なので、ぜひとも実施してみてください。
振り返りでおすすめの方法は、下記の3つのフレームです:

*継続すべきこと

*止めるべきこと

*新たに初めるべきこと


→そして、打ち上げ!


<開催翌日〜翌々日>

Step11:結果速報の共有

可能であれば当日の深夜、遅くとも翌日の午前中までには、参加者のみなさんに結果などを共有します。
これによって、みなさんが感情的にも共有したい状況で、この会の成果などを伝播できます。


Step12:振り返りアンケートの配布/とりまとめ

実際の参加者へEメールなどによってアンケートを実施し、改善点などを確認します。
特に「次にまた参加したいか?」という質問例は、とても重要です。

※後日アンケートを実施する理由は、「当日アンケートを実施すると、せっかくの探求モードが、普通の状態にもどってしまう」という点です。


ぜひ、このマニュアルを参考にして、ワールド・カフェを通した思考の刺激、アイデアの創発をお楽しみください。


Happy_WC
CollaborationConferenceでワールド・カフェを終えて興奮気味の会場