2020年01月10日

Joy Bishop

 どれほど美しく、形よく造られ、すばらしい賞をいただくような鉢植えでも、もともとの原種というものが必ずあります。
 ぼくはその原種の中に、園芸種として確立された商品的な「美」とは異なる価値を求めようと思っています。

Joy Bisyop その一つが、今年試験的に生産しているスイセンの原種のひとつNarcissus romieuxiiというヤツです。

 もっともこれは生粋の原種というよりは、多分その中から選抜されて‘Joy Bishop’という品種名がつけられたエリートなのかもしれません。

 この品種は寒咲種で、凍らせない程度の温度で管理すると、年明けから開花します。

 よく似た品種で白い花を咲かせるヤツがいますが、こいつは超早咲きで、気温によっては12月から咲いてきます。

 実はこの白花種がぼくとしては本命なんですが、来年には試験販売ができそうです。

 このほかにもいろいろと面白そうなネタを仕込んでいますので、めどが立ち次第、都度ご紹介していきたいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
ブログパーツ.com