鴨長明『発心集』の電子テキストを公開しました。例によって、翻刻部分はパブリックドメイン(CC0)で、校訂本文部分はクリエイティブ・コモンズライセンス 表示 - 継承(CC BY-SA 4.0)で公開します。

慶安四年版本『発心集』:やたナビTEXT

底本は慶安四年版本で、影印は名大システム 古典籍内容記述的データベースと、早稲田大学図書館古典籍総合データベースを利用しました。慶安四年版本は、いわゆる流布本で、角川文庫や新潮日本古典集成などの底本になっているものです。

漢字カタカナ交じりで、非常に読みやすいのですが、漢字表記が多く、不統一で、さらに濁点、句点がすでに付されているので、これをどう校訂本文に生かしていくか悩みました。

例えば、「発す」は「おこす」と読めばいいのですが、現代ではあまりしない表記です。とはいえ、作品名が「発心集」なので「おこす」と平仮名にしてしまうのも、「起こす」と別の漢字を当てるのも気が引けます。やむなく「発(おこ)す」としましたが、これだと「発す」で検索できません。

読み仮名や送り仮名をどう処理するかも悩みました。翻刻ですべてカッコに入れてしまうと、やたらと読みにくいものになります。やむなく、翻刻では読み仮名・送り仮名は省略し、校訂本文の方に必要に応じて組み入れましたが、これもいろいろ疑問があります。

例えば、「本意」。底本の読み仮名に従うと、「ほい」「ほんい」両方あります。他にもあやしい読み仮名や不統一の読み仮名はたくさんあり、たぶん版本を作った人が勝手に入れた読み仮名だと思いますが、そのまま校訂本文に組み入れました。

最後に『発心集』について。

『発心集』は『方丈記』でおなじみ鴨長明による仏教説話集です。長明が語りモードに入って、少々難しくなることもありますが、仏教説話として読みやすい部類に入ります。

『発心集』とはいうものの、発心譚(仏道に目覚める話)だけではなく、霊験説話・往生説話・遁世説話など、あらゆる仏教説話のタイプが揃っています。無いのは仏伝と縁起ぐらいでしょう(あったっけ?もう忘れた)。そのため、仏教説話集入門としては最適だと思います。

さて、やたナビTEXTに収録した長明の作品は、『方丈記』と『無名抄』があります。これで長明の散文作品はすべて揃ったことになります。

鴨長明ブーム、来ないかなぁ。

これが何かご存知だろうか。
認識票表
認識票裏
ちょうど去年の今頃だったろうか、祖母の家を片付けていた母が、祖父の遺品の中からこ汚い袋に入ったこれを見つけた。母にはこれが何だか分からなかった。これを見て、僕は子供のころの出来事が蘇ってきた。

僕が小学生の時のことである。何故か、祖父は僕に古銭をくれた。ほとんどが戦前のもので、その中に満州国のものと天保通宝が混ざっていたのを覚えている。その時、古銭が入っていた箱の中にこれが入っていた。

僕は最初これを小判だと思ったのだが、それにしては小さくてのっぺりしている。祖父は、「おっと、これはあげられない」と言って、すぐに箱に戻してしまった。よほど大切なものらしいが、子供の僕にとっては、他の古銭とちがってあまり興味をそそられなかった。

あらためてよく見てみると、真鍮製と思われる楕円形の板に、タガネで意味不明の数字が刻まれている。しばらく考えて、これはDogtagではないかと思った。Dogtagは米兵がつけている身分証で、最近はファッションアイテムになっている。旧日本陸軍にも同じものがあったのではないかと思って検索してみると、たしかにこれは旧日本陸軍のDogtagで、正式名称は認識票だった。

Wkipedia(認識票:Wikipedia)によると、上下の穴に紐を通して、たすき掛けにして身に付けるのだという。万が一戦死した場合、これさえ回収されれば戦死とみなされ、回収されないと行方不明ということだったらしい。真鍮でできているのは、焼死体になろうとも、腐乱死体になろうとも、死体を野犬に食われようとも、これだけは損傷しないようにするためである。

袋にはこの認識票と粗末な数珠が入っていた。袋には何か書いてあるようだが、薄くて読めない。なお、十円玉は比較のために僕が置いたものである。
袋と数珠と認識票

祖父は三回徴兵され、最後はウズベキスタンのタシュケントに三年抑留されたが、幸いなことに、焼死体にも腐乱死体にもならず、この認識票とともに帰ってきた。たいへん縁起がいいものなので、僕がもらって常にかばんに入れている。

始める前には、かなり不安だった今年のブログ強化月間だったが、なんとかカレンダーを埋めることが出来た。ここのところブログの更新頻度が減っていたので、アイディアの在庫はあったものの、漠然としたアイディアだけだから、あまり在庫の消化にはつながらなかった。

昨日の記事は、祖母の家の片付けをしていた時に、過去に使っていたPHS端末がまとめて出てきて、そのうち書こうとは思っていたが、写真すら撮っていなかった。昨日は所用ででかけていたので、慌てて写真を撮ったのはいいが、携帯端末の写真を撮るのは想像以上に難しく、撮影と画像の調整に手こずって、書きたいことが書けなかった。

7月の記事のオススメは、なんといっても水止舞だ。

奇祭!水止舞に行ってきた(その1):2017年07月14日
奇祭!水止舞に行ってきた(その2):2017年07月15日

10年近くも通っている学校のそばでこんな奇祭が行われていたことも驚いたし、すぐ近くに住んでいる生徒もいるはずなのに誰も知らなかったのにもびっくりした。祭りというものは、本来そういうきわめてローカルなものなのだろう。

最近、どうも一眼レフを持って歩くのが面倒になってきて、このときも「スマホでいいかな」と思ったのだが、一眼レフで正解だった。

ファインダーを覗くと、いい感じにまわりが見えなくなって、良い絵さえ撮れれば、水をかぶってずぶ濡れになっても気にならなくなる。それどころか、かえってハイになる。スマホではこうはいかない。

僕も撮っている最中は祭りに参加しているつもりなのだろう。水をかけてくる人も、そのつもりだから、容赦なくかけてくるに違いない。

ほんの少し、戦場カメラマンの気持ちが分かったような気がした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

PHSの新規加入が2018年3月31で終わる。まだ停波はアナウンスされていないが時間の問題だろう。香港ではすでに停波し、PHS所持は最大5万香港ドル(約70万円)の罰金及び禁錮2年というから、ほとんど麻薬みたいな扱いになっている。

PHS端末は軽くて小さく、バッテリーの持ちがいいので、なかなか捨てがたかったが、最後の端末が使えなくなったので、今年の3月、とうとうスマホに買い換えた。そこで、僕が使ってきた、歴代の端末を紹介する。
歴代PHS

初めて買った・・・というか、もらったのは京セラ製PS-501。たしか1995年頃だったと思う。光通信が無料でばらまいていた機種で、僕も光通信のセールスマンからもらった。

まだメールは付いていないし、電話帳も9件までしか登録できない。その反面、端末同士のトランシーバー機能や、固定電話の子機としても使えるのだが、そういう使い方をしている人を見たことがなかった。
PS501(開)
このキーに付いているフタはフリップという。キーロックはかけられるので、何のためにフリップがあるのか、当時の時点でまったく意味が分からなかった。
PS-501(閉)
その後、どんどん新機種が出てきたが、僕は電話さえできればいい人だったので、なかなか買い換えなかった。次第にバッテリーの持ちが悪くなり、やむなく京セラ製PS-C1に買い換えた。買い換えが遅かったので、このときすでにカラー液晶になっていた。

メール機能は付いているのだが、PHSはパケット通信ではなかったので、通信時間単位の通信になった。ただし、通信速度は携帯電話よりも早く、長文のメールを打っても届くのが早かった。
PS-C1(開)
PS-C1(閉)
2台目、エアエッジホンこと日本通信製J3001V。
当時、パソコンとの通信にしか対応していなかったパケット通信「エアエッジ」に通話端末が対応したもの。フルブラウザが付いているだけでなく、PCと繋げて定額データ通信ができる。通信速度が32kbpsと当時としても遅かったものの、あまりに安いのでインターネットはこれで見ていた。
しかも、当時すでにUSBでの充電に対応していたから、パソコンさえあれば充電することができた(USB充電器は無かった)・・・のだが、PHSはバッテリー持ちがよかったので、そんなことをした記憶がない。
J3001V(開)
ただし、音声通話ができそこないで、電話しているとしょっちゅう切れる。これ以来、日本無線の端末は買わないことにした。あと、デザインがダサい。
「楽しい休日」シールはもちろん僕が貼り付けたものだが、これが一体何なのか、さっぱり思い出せない。
J3001V(閉)
3台目、京ポンこと京セラAH-K3001V。
いままで買った端末で一番のお気に入り。ブラウザにOperaが載っていて、これが画期的だった。もちろん、定額つなぎ放題。
AH-K3001V(開)
デザインもいい。当時の携帯端末は、ゴテゴテとしてダサかったが、これはご覧の通りシンプルで、背面液晶も必要最小限のものが付いている。

写真右下にカメラが付いているのが分かるが、その隣の銀色の○は自撮り用ミラー。つい最近まで何なのか分からなかった。
AH-K3001V(閉)
4台目、Willcom9。周囲がスマホに走りつつある中、今度はなるべくヘンな端末が欲しくてこれにした。ここからWillcomになる。
willcom9(開)
畳むと携帯端末だかレゴブロックだか分からない。非常に小さくて持ち歩きやすいのだが、それが災いして、ポケットに入れたまま洗濯してしまい、わずか2年でオシャカに。
willcom9(閉)
この機種で特筆すべきは、W-SIMである。これがこの端末の正体で、これを別の端末にこれを入れると、電話番号はもちろん、電話帳やメールのデータまでそっくり入れ替えることが出来る・・・のだが、対応端末があまり出なかったので、そういう使い方をするまえにドボン。
willcomsim
5台目、つい最近まで使っていたポータス。PHS端末としては通話とメールしかできないが、ソフトバンクの3G回線でルーターにもなる。そのため、大容量の電池が付いていて、PHSとは思えない重さ。
portus
これでタブレットやPCと接続していたのだが、大容量の電池といっても所詮は携帯端末の電池なので、長い間繋ぐことができない。充電しながらだと、すぐに熱くなって勝手に止まってしまう。

この3Gの方のサービスが終了したので、スマホに買い換えた次第。

PHSよ、さようなら。

僕の先輩である伊藤忠綱氏が4年に一度の個展を開く。頼まれたわけではないけど、いろいろネタにさせていただいているので、勝手に宣伝させていただく。

場所:銀座鳩居堂3F画廊
会期:8月1日(火)〜6日(日)
午前11時〜午後7時まで(最終日は午後5時まで)

毎日先着30名に豆ひょうたんをくれるそうです。
伊藤忠綱展葉書表

伊藤忠綱展葉書詳細


葉書はもっと前にもらっていたのだが、昨日のエントリに伊藤忠綱先生が写っていたので、これを書こうと思いついた。
BlogPaint
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

夏、福建省を自転車で走っていた時、昼食に入った食堂で、「暑いから、ちょっと昼寝していけ」と言われた。大変ありがたい提案だったが、昼寝すると目的地にたどり着けない可能性が高いので、お断りした。
食堂

何度もそういう提案を受けるので、なんでそんなことを言うのか聞いてみると、福建省の農村では午前11時から午後3時までは休憩なのだそうだ。暑すぎて仕事にならないからである。その時間、自転車を漕いでいる奴は、ちょっと頭のおかしい人に思えるらしい。

それにしても、4時間の昼休みである。一見無駄のようだが、たしかにこの時間帯に働いても無駄に体力が奪われるだけで効率が悪い。農民的には理にかなっているのだろう。

福建は南方だから、やたらと蒸し暑い。東京に帰ったらさぞ涼しかろうと思っていたら、大差ないどころか、むしろ福建より暑いぐらいだった。東京の場合、夜になってもさっぱり涼しくならない日があるのでたちが悪い。

それ以来、福建省農民の知恵を借りて、夏休みは11時から午後3時はなるべく働かないことにした。というわけで、3時過ぎたので、これからちょっと出かけてきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今日、蓮舫代表が民進党代表を辞任した。

日経平均株価が辞任にともなって上げたと、ごく一部で話題になっていたが、僕が気がついた時にはすでに値を消していた。では、実際どの程度上がっていたのだろう。
NI225
これが本日の日経平均株価のチャートである。たしかに午後2時ちょっと前から、急に上がっているように見える。そして、30分程度で下げに転じ、最終的には前日比0.15%の上げで終わっている。

高値は2:09に付けた20,176.39円で、これは前日比0.63%の上げで、それまでベタ凪ぎだったチャート的には目立っているが、騒ぐほどのものではない。とはいえ、代表辞任と時間があっているので、その影響である可能性は高い。

なぜ民進党の代表が辞任すると株価が上がるのか。現在の株価は、アベノミクスに支えられている。もし、安倍政権が倒れることになれば、アベノミクスの継続は難しくなり株価は下がる。逆に野党第一党がコケれば、安倍政権は安定するから、株価は上がる。そういう理屈で、まずおっちょこちょいが株を買って株価が上がる。

しかし、民進党は野党第一党とはいえ、ポンコツであることは、だれの目にも明らかだ。その代表が変わっても、大勢に影響はない。そもそも、蓮舫さんは代表を辞任したのであって、議員を辞職したのではない。「よく考えたら、あんま関係ねーな」ということで売られて、すぐに値を消しているのである。

さて、今日の夕方、稲田防衛大臣の辞任が伝えられた。これはどう動くだろうか。こちらは与党、しかも現役の防衛大臣で、次期総理とも言われた人だ。ポンコツ野党の代表辞任なんかより、よほど影響が強いのは間違いない。

まず、一つの考え方。ここのところ稲田防衛大臣は安倍政権の足を引っ張り続けていた。それが辞めるということは、政権の延命にプラスに働く・・・と見て上昇。

もう一つは、安倍首相があれだけかばっていた稲田防衛大臣が辞めるのは、安倍政権の終わりの始まりだ・・・と見て下落。

もう一つ、これらが拮抗して、ほとんど株価が動かないということもありうる。

さらに、株価は為替相場とか世界の株価とか商品市況とか、いろいろな要因も関係してくるので、要するに明日の株価は誰にも分からんということだな。

分かったら、とっくに大金持ちになってるよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

21歳で自動車の免許を取って、教習車以外で初めて運転した車が、スバルのサンバーだった。当時住んでいた湯島聖堂所有の車で、夜中に恐る恐る乗って、皇居の周り(内堀通り)をぐるぐる走った。皇居の周りである理由は、カーナビの無い時代、そこなら道を間違えることはないと思ったからである。

ポンコツだったので、スピードはさっぱり出ない車だったが、これがなかなかスリリングで楽しかった。アクセルの踏みしろが小さく、ベタ踏みしてもスピードはでない。しかし、スピード感だけはある。夜の内堀通りはタクシーだらけで、こちらは本当にスピードが出ている。スピードは出てるつもりなのに、ぼんぼりを付けた車にびゅんびゅん抜かれる。F1が走り回るサーキットを普通の車で走ったらこんな感じだろうか。

知らなかったから、こんなところで練習をしたが、今となっては絶対におすすめできない。

今日、義母が老人ホームに引っ越すので、久しぶりに軽自動車ワンボックスバンを借りた。義母を運ぶのではなく、荷物を運ぶためである。
スズキエブリィ
スズキエブリィ(後)

すでにスバルが軽自動車から撤退しているので、スズキのエブリィだが、老人がテレビゲームを全部ファミコンというのと同じで、僕にとってはサンバーだ。あのころの思い出が蘇る。

昔のサンバーと違い、運転席が荷室側へ後退しているので、ハンドルは立っていないし、足元も狭くない。普通の自動車に近いドライビングポジションだが、それでもフロントガラスの近さや角度はあのサンバーを彷彿とさせる。乗り込むと、自然とハイになる。

AT車なのが残念だが、現代のエンジンはパワフルなので、アクセルと踏むと、ビーンという大きなエンジン音とともに気持よく加速していく。このエンジン音は、エンジンが自分の座っている尻の下にあるためだ。で、「あれ?ちょっとスピード出しすぎたかな」と思ってメーターを見ても、せいぜい時速50キロしか出ていない。

東名川崎ICから東京ICまでの短い距離だが、高速道路も走った。ここならスピードが出せる。アクセルベタ踏みでどんどん加速する。エンジン音が高くなって車体が軋みだすと、120キロぐらい出てる気がするが、メーターを見ると80キロ程度。昔のサンバーよりは安定しているが、それでも乗用車と比べると、フワフワと頼りない感じ。やっぱり楽しいぞ。

中では一人で盛り上がっているが、端から見てると、地味な商用車が普通に走っているだけ。実に健全な乗り物である。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

学校の教科書は四年に一度改定される。高校では(中学校は区の教育委員会が選ぶ)そのたびに教科書を選ばなければならないのだが、東京都立高校の場合、これが大変面倒くさい。

まず、各社の教科書見本を読んで、どの教科書にどんな特徴があるかをまとめて書類にしなければならない。書道の教科書は現在4社から出ているので、すべて目を通した上で、それぞれについてその教科書の特徴をまとめる。

次に、どの教科書を採用したか、その理由を書いた書類を作らなければならない。「A社の教科書は、こういう特徴が本校生徒に向いているため・・・」とかなんとか、まことしやかにでっち上げるまじめに書く。教科書というものは一長一短があるので、真面目に考えるとなかなか難しい。普通、非常勤講師はこんな仕事はしないものだが、書道の先生は僕だけなので仕方がない。

この制度が始まったころ(いうまでもなく石原都知事になってから)、理由を考えるのが面倒くさいので「友人が書いているためA社の教科書を採用する」と書いたら、それじゃダメだと書き直しを命じられた。聞くところによると、「自分が書いているから」でもダメだそうだ。

何が言いたいか、もう分かったと思う。たいした金が動かない教科書選定ですらこの有様、いはんや大学認可においてをや。いまだに安倍総理は法律に違反していないから問題ないとかいう人がいるが、かくのごとく「俺の友達」は許されないのである。

さて、この書類は一体誰が読むのだろうか。もちろん管理職は読むが、すべての教科のことが分かる人などいないので、「読む」というより「友人が書いているから」などと書いているアホがいないか「確認する」という程度である。それ以外は、誰も読まない。

それなのに書くのは、あとで読む必要が出てくる可能性があるからだ。例えば、教科書会社が教科書担当の教員にワイロを渡していたという疑惑がでてくれば、この書類が意味を持ってくる。かくして、この書類は、誰も読まないまま、僕の知らないどこかにある一定の年数保管されるのである。なかなか面倒くさいことだが、これがお役所というものである。

しかるに、国のお役所では、書類を紛失したとか、廃棄されたとか、短期間で自動的に消去されて復元できないとか、そもそも書類を作っていないとかいう言い訳が通るようになったらしい。日本では下っ端は真面目にやらなければならないが、偉い人はいいかげんでも許されるらしい。まったくうらやましい限りである。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

SynologyのNASを試してみた(その1)のつづき。

すべて接続して、電源を入れたら、ブラウザを開いて、http://find.synology.comにアクセスする。すると、ローカルに繋がっているSynology製のNASを検索して表示してくれる。
発見

「接続」を押して、あとは聞かれるままに入力していけば初期設定完了。くわしくは、NASの導入から設定まで--初心者のための「Synology DiskStation DS216j」レビュー:CNET Japanあたりをどうぞ。

初期設定が完了したら、ファイルマネージャでNASにアクセスできるようになる。しかし、ブラウザでhttp://192.168.11.16:5000/にアクセスすると、DSM(DiskStation Manager)というインターフェースが現れ、さらにいろいろできるようになる。
DSM
上の画面はコントロールパネルを開いた所で、あらゆる設定はここからできる。それだけでなく、様々なアプリケーションを使うこともできる。たとえば、AudioStationを開くと、既定で作られているmusicフォルダの中に入れた音楽をブラウザ上で再生することができる。
AudioStation
バックアップや写真の管理など、ある程度はデフォルトの状態でインストールされているが、それ以外にもたくさんのアプリがパッケージセンターにあるので、ここから簡単にインストールできる。
パッケージセンター

ここにあるのは、Synology製のアプリだけではない。apacheやPHPといったWebサーバーに必要なものから、Word Press・Drupal・Mediawiki、そして、やたがらすナビでおなじみDokuWikiのようなCMSまで、比較的著名なものはワンクリックでインストールできる。

憧れの自鯖(死語)も簡単に構築できる・・・らしい。怖いからやってないけど。


↑このページのトップヘ