戸越地蔵尊(その1)の続き。

まずはもう一度全体像。
戸越地蔵尊

さて、いよいよ主役のお地蔵さんをご紹介しよう。
地蔵尊
身長は147cm、蓮台も加えると241cmになるという。お地蔵さんとしてはなかなかの高身長である。この写真では鈴と紐が邪魔してご尊顔が見えないので、近くに寄って撮影した。
地蔵様のお顔
解説によると、造立年代は彫られておらず不明だが、形式から江戸中期から後期にかけてのものらしい。

お地蔵さんの手前、ちょうど池波正太郎の玉垣の裏隣には髭題目が彫られた墓碑がある。
墓碑
いかにも古そうだが「寛文2年」とあるので1662年か。なぜか中の解説には「造立年代は大正3年」とあるけど、そんなに新しくはないだろう。あるいはここに置かれた年のことだろうか。

お地蔵さんの左隣には1.6メートルの供養塔がある。かなり古そうだが、やはり年代は分からないらしい。江戸時代中期と推定できるそうだ。
供養塔

その隣には風化が激しくて何だかわからない板碑みたいなのがある。解説によると宝暦4年(1756)造立の庚申塔で青面金剛が刻んであるそうだ。
庚申塔1

地蔵堂?の外にも庚申塔が2基ある。右が延宝元年(1637)、左が寛文6年(1666)の造立。いずれも三猿が彫られている。
庚申塔2
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ強化月間を迎えるにあたって、考えていたことがあった。

ネタに困ったら近所のお地蔵さんを紹介しよう。

僕の家の近所はお地蔵さんが多い。ネタに困った時、散歩がてらぱぱっと撮ってくればいい。ということで、第一弾は旧中原街道沿いの戸越地蔵尊。
戸越地蔵尊
右はじにいらっしゃるのがお地蔵さんである。それにしてもこの建物、お地蔵さんの家にしてはやたらとでかい。鉄骨で作ってあって、夜も煌々と明かりが灯っている。今に至るまで地元住民に信仰されているのだ。

向かって右の玉垣に注目。『鬼平犯科帳』『剣客商売』でおなじみ、歴史小説家の池波正太郎の名前が見える。池波正太郎はこの近くに住んでいた。
池波正太郎

屋根からイチョウの木が突き出しているのが見える。下はこんな感じ。ちなみに右の椅子の後ろにあるのは、地元住民の物故者の名前。誰のための椅子かは分からん。
イチョウ1

このイチョウがやたら高い。隣の四階建てマンションと比べると高さが分かると思う。
イチョウ2
ここのお地蔵さんは、30年前から知っているのだが、道路拡幅のため家が立ち退くまで、こんなに高いとは知らなかった。道路が狭くて木の上まで見えなかったのである。

さて、肝心のお地蔵さんだが・・・。長くなりそうなので明日に回すことにした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さすがに50年以上生きているので、日常生活で必要な工具はたいがい持っているのだが、引っ越しをするにあたっていくつか新しい工具を買った。その中から、今回大活躍したものを2つご紹介する。

1.電ドラボール
引っ越しでは組立家具を分解したり、組み立てたり、家電を外したり据え付けたりと、ドライバーの出番が多い。全部ドライバーでやっていたら腱鞘炎になりそうだ。

そこで電動ドライバーを買った。電動ドライバーは各社から出ているが、ドライバーといえばベッセルということで、電ドラボールをチョイス。お値段は3600円ぐらい。

BESSEL電ドラボール:amazon.co.jp

電ドラボール
電動ドライバーというと、インパクトドライバーみたいなピストル型のを想像する人が多いと思うが、あれはそれ単独で締め付けたり緩めたりするものなので、最初からネジ穴が切ってあるものではちょっと使いにくい。

電ドラボールはドライバーの形をしている。回すのを電動で、締めこむのを手動で、ドライバーを持ち替えずにできる。最後は手動だから、力を微妙に調整できる。

グリップはいわゆるボールグリップだが、電動であるぶん少し大きい。
電ドラボール(グリップ)
真ん中の赤いスイッチをビット側(写真では左)にスライドすると締める方向に回り、グリップ側にスライドすると緩める方向に回る。スイッチの前には白色LEDがついていて、スライドすると光るので、ネジが暗い場所にあっても見えるようになっている。スイッチを切ってもしばらく光っている親切設計だ。

ビットは一般的なインパクトドライバーのビットが使える。なぜかプラスドライバービット一本付きのほうが本体のみより安かったので、ビット付きをチョイス。家具の組み立て・分解なら六角レンチビットもあったほうがいいだろう。

充電はUSBでできるが、USB-CではなくマイクロUSBなのが残念。一応オマケにUSBケーブルが付いてくる。普通のドライバーに比べればちょっとお高いが、一度使うと普通のドライバーが使えなくなる便利なもの。

2.バッテリー式投光器
投光器とは作業用の明かりのことである。懐中電灯などと比べて明るいだけではなく、広い範囲を照らせるので便利。引越し先で電気が通る前に作業するために買ったが、それよりも何かの陰になって見えにくい場所を照らすのに役に立った。
投光器
ハンドルにはマグネットが仕込んであって、鉄にくっつけて使うこともできる。
投光器(くっつけた)
これまた、いろんなメーカーから出ているが、僕が買ったのはグッド・グッズの20Wのもの。これで明るさは十分だった。なお、比較検討したわけでもないので、これがとくにオススメというわけではない。

GOODGOODS LED充電式投光器:amazon.co.jp

本来作業用だが、災害時など非常用としても考えられている。なんと点滅でSOSが発信できる。まあ、絶対に使わないと思うけど。USBType-A端子がついていてモバイルバッテリーにもなる・・・のはいいのだが、なぜか充電はACアダプター。モバイルバッテリーにならんでいいから、USBで充電できるようにしてほしかった。

これもちょっとお高いが、一家に一台あると便利だと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

橋下徹氏のポストが一部で物議をかもしている。

橋下氏が挑発的なのはいつものことだが、気になるのは「何の役に立つかも分からん研究」という言葉である。

どんな分野でも、何の役に立つかを考えて研究している人はいない。研究に対して「何の役に立つか」という疑問がでてくるのは、研究者と開発者の区別がついていないからである。

そもそも、その研究が役に立つか立たないかは研究者が考えることではない。研究者の仕事は物事の真理を発見することである。それを応用して役に立てるのが、開発者の仕事である。研究者と開発者が同じということもありうるが基本は別である。

開発者はそんな何の役に立つか分からない研究の成果から必要なものを組み合わせて、新しいものを発明していく。研究の成果がすぐに役に立つ場合もあれば、100年以上たってやっと役に立つ場合もある。もちろん永久に役に立たない場合もある。

分かりやすく言えば、発見するのが研究者で、発明するのが開発者となる。だから、研究が役に立つか立たないかを研究者に問うのは間違っている。「何の役に立つのか」と聞かれたら、「それは私の仕事ではありません。役に立てるのはあなたの仕事です」と答えればいい。

逆に言えば、研究者が「この研究は何の役に立つ」と具体的に言い始めたら気をつけたほうがいいだろう。それこそ詐欺師の可能性がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと箱根へ行ってきて、箱根湿生花園で見えない何かと戦った。
見えない何かと戦ってみた2
仙石原すすき草原で見えない何かと戦った。
見えない何かと戦ってみた1
仙石原すすき草原で見えない何かをした。
見えない何かをしてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「教員にも残業手当を出すべきだ」というようなことをいう人がいる。僕はこれには反対だ。

そもそも教員には何で残業手当が出ないか。それは、教員の仕事が学校外でも行われていて、他の仕事のように時間で計ることができないからである。

たとえば、家庭科の先生が自宅で夕食を作ったとする。夕食は誰しも作るが、家庭科の先生にとっては調理実習の教材研究になる。体育の先生が休日にテニスをしたとする。普通の人がテニスをすれば遊んでいるだけだが、体育の先生がすれば教材研究である。

これらを労働時間にカウントすることはできない。これは分かりやすい例をあげたが、国語の先生が読書するとか、社会の先生がテレビでニュースを見るとか、すべての教科にいえることである。

要するに、教員の仕事を時間で区切ることはできないのである。この建前があるから、伝統的に残業手当を出さない代わりに、その分を定額で給料にインクルードするようにしている。ホワイトカラーエグゼンプションという言葉があるが、教員の世界は昔からホワイトカラーエグゼンプションだったのだ。

問題は教員の仕事が多すぎることであって、労働時間に対して給料が安いことではない。残業手当を出したとしても、仕事を減らすことが出来なければ意味がない。残業手当を出してしまえば、ますます教員の負担が大きくなる可能性もあるが、それでは問題の解決にはなっていない。

やるべきことは、残業手当を必要とするほど少ないのであれば、仕事に見合った給料を出すこと。それと、本来教員がやる必要のない仕事を別の専門家がすることだ。残業手当を出すというのは、教員の仕事の本質に外れていると僕は思っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東寺観智院本『三宝絵詞』を翻刻していたら、上巻6話にこんなのが出てきた。
上巻 6 般若波羅蜜(拘賓大臣)
花の眼によりて
「花ノ眼ニ依テ善ク炎ノ道ニ向フ」と書いてある。さっぱり意味が分からない。

諸注釈によると「花」は「般若(ハニヤ)」が転じたものだという。それは納得したが、問題は「炎」である。字形はどう見ても「炎」だし、『諸本対照三宝絵集成』(小泉弘 高橋伸幸・笠間書院・昭和55年6月)も「炎」と翻刻している。

しかし、これでは全く意味が通じない。古典文庫『三宝絵詞』上(江口孝夫・現代思潮社・1982年1月)、新日本古典文学大系『三宝絵』(馬渕和夫他・1997年9月)では同じ東寺観智院本を底本にしているが、これを「涅槃」と読んでいる。しかし、「炎」を「涅槃」と読むという話を聞いたことがない。いや、僕が知らないだけかもしれないけど。

これはどうしたもんだろうと思って、とりあえず先に進んでみたら、上巻10話の最後にまた「炎」が出てきた。
炎経に
これは「炎経ニ」と読む。実際には次の行に続くので「炎経ニ見タリ」で、典拠を表しているから「炎経」は仏典の名前となる。もちろんそんなお経はないが、説話の内容からしてこれは『涅槃経』だと分かる。

ならば、やはり「炎」は「涅槃」でいいらしい。先の文は「般若の眼に依りて善く涅槃の道に向ふ」となる。

ではなぜ「炎」が「涅槃」なのかということだが、「涅槃」の合字
合字涅槃
を誤写したものだろう。

この本は「菩薩」や「菩提」が合字で書かれていて、それはちゃんと書かれているのだが、おそらく書写者が「涅槃」の合字を知らなかったため「炎」にしてしまったのではないだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで(西遊記ブームの時代)Amazon Prime Videoで『飛べ孫悟空』を見た。ドリフターズのメンバーが人形劇で出てくるアレである。

『飛べ孫悟空』:Amazon Prime Video

これはすごい!もしかしたら今の若い人が見たら面白くないかもしれない。でもすごさは伝わるんじゃないだろうか。

『飛べ孫悟空』は『西遊記』を元ネタにした人形劇である。当然、三蔵法師御一行が主役なのだが、問題はドリフのメンバーが5人だというこだ。まず、玄奘がいかりや長介なのはいうまでもない。猪八戒が高木ブーなのも決まり。沙悟浄が仲本工事も順当だろう。ここまでは自動的に決まる。

問題は孫悟空。人気だった加藤茶・志村けんのいずれかということになるが、どちらかが悟空だともう一人は馬の玉竜ということになる。加藤茶や志村けんが馬なんて「役不足」の用例に使えるぐらい役不足だ。しかも当時のドリフには、奇声を上げさせたら日本一、6人目のメンバーともいわれたすわしんじがいる。役不足以前に玉竜(『飛べ孫悟空』での役名は「うま」)も埋まってしまった。

そこで、『飛べ孫悟空』ではオリジナルキャラ「カト」を作った。加藤茶演じるハゲズラで酔っ払ったオッサンのアレである。紹興酒の瓶を持っていることだけが唯一中国っぽい。

キャラクターがこうだから、ストーリーはもっとめちゃくちゃである。一応金角・銀角とか火焔山とか『西遊記』を翻案した話もあるのだが、ほとんどは全くのオリジナルで、いつの間にか天竺通り越して古代ギリシアに行っていたり(しかもなぜかピンクレディーがギリシアロケしている)、絶海の孤島に漂着したり、クリスマスにサンタクロースとコラボしたり、ここまでくれば清々しいほどのデタラメぶりだ。

しかし、キャラクターやストーリーはデタラメでも、通して見ると大真面目に作っているのが分かる。まず、これはよくできた人形劇であるだけでなく、本格的なミュージカルである。あらゆるジャンルの曲を替え歌にして、それが見事に場面にマッチしている。作り手に相当な音楽的教養とセンスがなければあれはできないだろう。

映像も同様で、人形がよくできているだけではなく、実写をまぜたり、凝ったセットを使ったり、特殊効果を使ったりして非常に手がこんでいる。

ゲストもやたらと豪華で当時活躍していた芸能人のほとんどが出ている。もちろん声優としての登場だが、なぜかアイドルだけは意味もなく実写で顔を出すのがお約束だ。なお、どんな人が出ているかは、Wikipediaの記事を見てほしい。
ヤンマーファミリーアワー 飛べ!孫悟空#ゲストの役名

他にも、「小島一慶このころからこういう芸風か」とか、「ピンクレディーいくらなんでも出過ぎだろ」とか、「トライアングル(最初はキャンディーズJrとクレジットされているが、途中キャンディーズファンの猛烈な反対にあい改名)意外とかわいいじゃないか」とか、「あのねのね(今回の都知事選に出た清水国明と原田伸郎のユニット)歌がくだらなさすぎて途中でリストラされてやんの」とか、「ニンニキニキニキってエンディングテーマじゃなかったんだ」とか、限りなく見どころがあるので、ぜひ74回通してご覧になることをオススメする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

書道Iの授業で、比較的最初の方で扱う作品に褚遂良の『雁塔聖教序』がある。『雁塔聖教序』は唐の二代皇帝、太宗が玄奘の功績をたたえて書いた文を石碑にしたものである。玄奘とは『西遊記』でおなじみ三蔵法師のことだから、内容も説明しやすい・・・と思っていたのだが・・・。

いつのころからか、様子が変わってきた。聞いてみると『西遊記』を全く知らないらしい。そういう生徒はだんだん増えてきて、今ではほとんどの生徒が知らない。登場人物の名前だけ借りたドラゴンボールですら通じなくなっている。

日本で『西遊記』がドラマ化されたのは、2006年の香取慎吾さんが孫悟空をやったフジテレビ版が最後らしい。なんともう18年も前の話だ。もちろん、チャウ・シンチーの映画や諸星大二郎の漫画など、マニアックなものはなくはないが、誰でも見ている・読んでいるというものではない。そりゃ知らないのも道理である。

ここでちょっと話は変わるが、先日amazonプライムでドリフの『飛べ孫悟空』を見ていたら、堺正章が孫悟空を演じた日本テレビ版『西遊記』を指して「類似品にご注意ください」と言っているのを聞いてびっくりした。てっきり『飛べ孫悟空』よりずっと後だと思っていたのである。何と言っていたか忘れてしまったが『SF西遊記スタージンガー』までセリフに出てきた。記憶では『飛べ孫悟空』と日本テレビ版『西遊記』の間ぐらいだと思っていた。

そこで、これらの作品がいつ放映されたのかWikipediaで調べてみた。

  • 『飛べ孫悟空』  1977年10月11日〜1979年3月27日
  • 『スタージンガー』 1978年4月2日〜1979年6月24日
  • 日本テレビ『西遊記』 1978年10月1日〜1979年4月8日
  • 西遊記II(堺正章) 1979年11月11日 〜1980年5月4日
『飛べ孫悟空』が最初なのは合っていたが、これほど時期が重なっていたとは思わなかった。また、『飛べ孫悟空』がこんなに長くやっていたのも意外だった。たぶん、『飛べ孫悟空』に飽きたころ日本テレビ版が始まったので、見なくなってしまったのだろう。

どうやら1977年から80年までは西遊記ブームだったらしい。『西遊記』と称するものに触れまくっていた僕たちの世代が特殊だったのだ。これでは『西遊記』を知らない今の高校生をどうこういうことはできない。

でも、大まかな内容ぐらいは知っていてほしいよな〜。
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県知事の発言が一部で物議をかもしている。

奈良県立民俗博物館展示室休止へ スペース足りず資料廃棄処分検討も「保管はコストかかる」:産経新聞/Yahoo!Japanニュース
同館では、収蔵資料の保管場所が足りていない状況が続いており、山下真知事は10日の定例記者会見で「ルールを決めた上で価値のあるものを残し、それ以外のものは廃棄処分することも検討せざるを得ない」との見解を示した。(中略)会見で山下氏は、「物を保管するのはコストがかかるので、見合うだけの価値があるものしか引き取るべきではなかった」とし、「文化財に指定されていない資料を保管し続ける意味はどこにあるのかという議論から始めなければいけない」と述べた。
資料保存のために存在する博物館が資料を廃棄するということだから当然批判が高まる。山下知事の発言も、理解が足りないのか、言葉が足りないのか、いい印象を受けるものではない。

民俗博物館の資料は民具といい、一般の人が使っていた道具である。すでに歴史的な役目を終えた道具ということで、簡単にいってしまえばガラクタである。昔はどこにでもあったものだから、それそのものに文化財に指定されるような価値なんかないし、逆にいえば価値があったら民具とはいえない。民具とはガラクタであること自体が価値なのである。

だから、価値によって廃棄するものとしないものを選別することは不可能である。せいぜい同じものが2つ以上あったら1つだけ残して残りを処分することぐらいだろう。とはいえ、工場で量産されたものではないから、全く同じものはない。

民具は立体物でなかには巨大なものもあるから、無尽蔵に保管することはできない。この記事によると、奈良県立民俗博物館はすでにパンク状態らしい。ある程度の処分は避けられないだろう。

問題は所蔵する民具の詳細なデータが取られているかである。廃棄にしても売却にしても、一度手放した資料は二度と戻ってこない。廃棄や売却だけではない。災害や経年劣化で損なわれる可能性もある。せめて詳細なデータをとり、いつでも復元できるようにしておくべきである。

そしてもう一つ大事なことは、そのデータをインターネットで広く公開することである。しまってあるガラクタは、博物館だろうと農家の納屋だろうと、同じ単なるガラクタである。世界中すべての人が見られるようになれば、ガラクタは価値のあるガラクタになる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ