大田区の馬込文士村に行ってきた。ここは近代文学の作家が多く住んでいた場所として知られているが、実は平家物語ゆかりの地でもある。

まずは、磨墨塚から。

磨墨塚

磨墨は、宇治川の先陣争いで梶原景季が乗った名馬である。磨墨はこの地で死んだんだそうだ。

磨墨塚近くの万福寺には、磨墨の銅像も建っている。

磨墨像

この寺の開基は、景季の父、梶原景時で、墓地には立派な墓もある。

梶原景時墓

話がうますぎると思うかもしれないけど、気にしちゃいけません。

なお、ここからは少し離れているが、同じ大田区の洗足池には千束八幡神社という神社があり、ここは宇治川の先陣争いで梶原景季のライバルとなった、佐々木高綱が乗った名馬、生食(いけづき・池月とも)が誕生した場所である。

池月像

千束八幡神社

話がうますぎると思うかもしれないけど、気にしちゃいけません。