今夏の海外旅行にオススメ!?知られざる“親日国”はどこ?:R25
待望の夏休み、海外旅行でリフレッシュ! なんて考えている人も多いだろう。せっかく海外に行くのならば、日本人というだけで温かく迎えられるような“親日”度の高い国を訪れたい! しかし“親日”度の高い、日本に優しい国ってどこ? 世界一周旅行をサポートする世界一周堂の角田直樹さんに聞いた。

そんなこと考えて旅行先を選ぶなら、はっきりいって海外旅行などしない方がいいだろう。

だいたい、普通の海外旅行程度で、親日かどうかなんてわかりっこない。心配しなくても、短期間のツアー旅行なら、どこの国に行っても温かく迎えてくれる。お客さんなんだから。北朝鮮なんか特に温かく迎えてくれるらしいぞ。行ったことないけど。

単にちやほやされたいだけなら、素直にたくさんお金を払ってリゾート地にいけばいい。もし、それ以外の何かを得たいなら、親日国とか反日国なんて考えてはいけない。その国と国民を見る目が曇るだけだ。

たとえば、自分が親日国だと思っている国で歓待されたとする。ああ、やはりこの国は親日なんだと思うだろう。だが、本当は誰にでもそうしているだけかもしれない。

逆に反日とされる国で、ぼられたとする。そういう人は、自分が日本人だからぼられたと思うだろう。本当は金を持っているやつは平等にぼられているのに。

ようするに国の問題ではなく、個人の問題なのである。旅行者がその国の文化に興味を持ち、理解しようとしているか。それがなければ親日国だって、反日国になるだろう。