最近、ブレーキを付けていないピストという種類の自転車が問題になっている。

自転車の種類というのは、興味がない人には分かりにくいものらしい。ママチャリとMTB(マウンテンバイク)まではそこそこ区別がつくが、ロードレーサーやピストとなるとすべて同じに見えるのも無理はない話である。

まず、ピストとロードレーサーの違いを説明しよう。この二つ、形はよく似ているが、用途は全く違う。

ピスト
元来、トラック(楕円形、すり鉢状のコース)を走るための自転車。陸上競技でいうと、競技場を走るトラック競技だと思うと分かりやすい。競輪に使うのもピストである。
単純な楕円形のコースを走るためにできているので、変速機もブレーキもない。
ペダルを止めると後輪が止まり、反対に回すと、後輪が反対に回る。
ただし、道路を走るためにブレーキを付けたものや、フリー(後述)がついているものもある。

ロードレーサー
一般道を走るための自転車。陸上競技でいうとマラソン。ツール・ド・フランスに使う自転車である。
複雑な地形を走るため、変速機とブレーキが付いている。
一般的な自転車と同様、ペダルを反対に回しても後輪は回らない。この機構をフリー(フリーハブ)という。

見た目はピストの方がシンプルに見える。ポイントは後輪のギアで、ロードレーサーには変速機がついているので9〜10枚ほど重なっているが、ピストは小さなギアが一つついているだけである。前のギアもロードレーサーは2〜3枚、ピストは1枚となっている。

どちらも普通の自転車に比べるとかなりスピードがでる。例えばロードレーサーだと風向きや地形にもよるが時速40〜45キロぐらいは出せる。ピストは設定によって違うが30キロぐらいか。乗ってみると分かるが(僕はピストには乗ったことがないけど)、いわゆるシティサイクルとかママチャリしか乗ったことがない人には別の乗り物だと思うだろう。

気を付けてほしいのは、「速いから危険」なのではないということだ。競技用の自転車はスピードも出せるが、ママチャリではこけるぐらいのスピードでゆっくり走ることもできる。例えば、ロードレーサーで一番遅いギアに入れれば、歩くよりもゆっくり進むことができる。競輪で乗ったままピタッと止まったところを見たことがある人もいるだろう。スピードを出す出さないは乗る人の問題で、車種の問題ではない。

そこで、最大の問題点はブレーキということになる。

ロードレーサーには両輪に強力なブレーキがついているので問題ない。ピストには(つけているものは問題ないが)ブレーキはない。ではどう止まるか。ピストのギアは固定されているので、ペダルに反対方向の力をかけて止まるのである。

つまり後輪がブレーキになるわけだが、二つ問題がある。一つは、タイヤがロック(完全に回転が止まること)されやすいこと。ピストのタイヤは細いのでロックしやすいのである。

タイヤがロックすると制動距離(完全に止まるまでの距離)が長くなるのは自動車の免許を持っている人ならご存知だろう。また、直線ならいいがカーブでロックしてしまうと、コントロールが利かなくなる。

今の自動車は、ABS(Antilock Brake System)といって、思いっきりブレーキペダルを踏み込んでも自動的にブレーキをゆるめロックしないようにしている。これを足でできれば問題ないが、緊急時にそんな器用なことはできない。

もう一つは、重心の問題。ブレーキをかけてスピードが下がるとき、重心は慣性の法則により前にいく。逆に言うと、後輪にかかる力は少なくなり、これまたロックしやすくなるのである。このことは自転車を降りたまま押して、片方ずつブレーキをかけてみればすぐに分かるだろう。前ブレーキだけかけるとしっかり止まり、後ろブレーキだけかけると後輪を引きずってしまうはずだ。

ロードレースの選手は上手い人ほど、前輪のブレーキを引く割合が大きいという。ヘタクソはつんのめるのが怖いから後輪を中心に引く。車重が重くつんのめる心配のないオートバイも、前ブレーキを中心にかける。

したがって、(両輪にブレーキがついていないといけないという道交法の問題は別にして)最低限前輪にブレーキのついていない自転車は、公道を走ってはいけないのである。もちろん、ペダルでの制動はロックしやすいので、後輪のブレーキも必要だ。

さて、ここまで書くとカンのいい人は、雨の日の傘さし運転がいかに危険なものか分かるだろう。

雨の日は路面が濡れていて滑りやすい。つまり、晴れた日よりもタイヤがロックしやすいのである。そこを(傘をさしているので)片方しかブレーキの利かない状態で乗る。多くの人はつんのめるのが怖いから傘は右手で持つだろう。これは、ブレーキなしのピスト以上に危険なことなのである。

雨の日の傘さし運転はぜひともやめていただきたいものだが、どうしても傘を持ちたいなら、せめて左手で持ってくれ。貴方がひっくり返ろうが僕の知ったこっちゃないが、僕が巻き添えになるのはイヤなのだ。