ボランティアによるウェブディレクトリ、DMOZがついに終了するらしい。

DMOZ
DMOZ終了のお知らせ

今となっては「ウェブディレクトリ」から説明しなければならないだろう。ウェブディレクトリとは、簡単に言えば、巨大なリンク集である。

GoogleやBingなどの検索サイトは、クローラーとよばれるプログラムが自動的にWebページを巡回・収集してページをコピーし、そこから入力されたキーワードに従い、検索結果を出力している。キーワードに対し、どのページをどの順番で出すか、すべての判断はコンピュータが行っている。

しかし、昔はそうではなかった。サイトを作ると、検索サイトに申請する。検索サイトの人は、載せるのに適当か判断して、適当ならサイトの人の判断でカテゴリ分けして載せていた。初期にはさまざまなウェブディレクトリがあったが、次第に淘汰され、Yhoo!Japan(現在のYahoo!カテゴリ)とDMOZが大手で、サイトを作るとそこに申請するのがお約束だった。

「Yahoo!はともかくDMOZなんか知らないよ」という人も多いと思うが、DMOZのカテゴリは自由に使うことができたので、別のサイトに埋め込まれていることが多かった。例えば、かつてはGoogleディレクトリというのがあったが、これはDMOZをそのまま載せているだけだった。

やたがらすナビを始めた時は、すでにGoogleの時代になっていたが、それでも、ウェブディレクトリに登録する必要があった。これに登録されていると、Googleなどから信頼性の高いサイトと見なされ、検索結果の上の方に出ることができたのである。

Yahoo!Japanには当然申請したのだが、通らなかった。当時はリンク集が主力のコンテンツだったので、リンク集にリンク集は入れないという方針があったのかもしれない。しかし、その後、サイトが充実してから申請してもやはり通らなかった。その時、別のリンク集サイトは掲載されていたので、理由は全く分からない。

DMOZの方は最初から諦めていた。審査が厳しい上に、ボランティアの人材が少なく、やたがらすナビの入りそうな過疎カテゴリでは、まず掲載されないと聞いていたからである。

ところが、ある日、申請していないはずのDMOZに登録されているのを発見した。誰かが申請したのか、ボランティアのエディタが自分の判断で入れてくれたのかは分からないが、本当にうれしかった。その後、現在のサーバーに引っ越した時、URLの変更にも速やかに対応してくれた。

僕自身、ほとんど使っていなかったが、DMOZには感謝しかない。エディタの方、長い間ご苦労様でした。

というわけで、記念にスクリーンショットを載せておこう。このページもじきに見られなくなる。
DMOZ