現代では、漢字とひらがな、カタカナを交ぜて書くのは当たり前のことだが、江戸時代以前はそうではなかった。漢字と平仮名(もしくは平仮名のみ)か、片仮名と漢字のどちらかである。これは、平仮名を使う層と、片仮名を使う層が別であったことを意味している。

物語や和歌・日記文学などは、ほとんどの作品が漢字平仮名交じり(というか平仮名漢字交じり)である。しかし、説話集の場合、キングオブ説話集であるところの『今昔物語集』をはじめとして、漢字片仮名交じりの作品も多い。今、本文を作成している、国会図書館本『蒙求和歌』もその一つである。なお、影印はこちら。

国会図書館本『蒙求和歌』:国立国会図書館デジタルコレクション

『蒙求和歌』は、タイトル通り「和歌」が含まれるが、やはり漢字片仮名交じりで書かれている。ところが、冬部第15話「虞延剋期」は、なぜか和歌だけ平仮名で書かれている。写真右をめくると、和歌と次の恋部の目録が現れる。
『蒙求和歌』虞延剋期
国会図書館本の和歌は本文と同じ書き方で、二字程度下げ、一行で書かれるのが通例なのに、ここは平仮名二行で書かれている。

それにしても上手い。見事な連綿である。まわりの片仮名や漢字と比べると、水を得た魚のような書きぶりだ。

ここだけいきなり平仮名になったのはなぜだろう。ちょっと理由が思いつかないが、冬部の最後の歌であることと、ちょうど改丁してすぐだから、ここだけ見ると、それほど違和感はない。むしろ、こちらの書き方の方が自然な感じがする。

ところが、恋部(冬部の次)を翻刻していて驚愕した。恋部第10話「飛燕体軽」である。
飛燕体軽
ここは通例通り、二字下げの一行(一番左の行)で書かれているのだが、よく見ると「クモヒは(者)るか(可)に」と、なぜか「はるかに」だけが平仮名で書かれている。漢字片仮名平仮名交じりである。こんなヘンな書き方は見たことがない。
クモヒはるかに
まだ半分弱しか翻刻していないので、他にもこのような例があるのかもしれないが、どうにも意味が分からない。

しかし、ここまで翻刻して、「どうもこの書写者は片仮名が苦手そうだな」という感じがしている。「ワ」と「ハ」の区別がついていないようだし、似た字や漢字との誤写も多い。もとが漢籍なので、めったに使わないような漢字も多くて、これが見たこともない形を取っていることもある。

だから、たぶん珍しい漢字や書き慣れない片仮名ばっかり書いていて、ストレスが溜まっちゃったんじゃないだろうか。ストレスが溜まったあげく、いきなり得意な平仮名で歌を書いて発散したり、無意識のうちに平仮名が混じっちゃったりしたんだろう。少々安直だけど、今のところはそんなふうにしか思えない。

いや、ストレスが溜まっているのは、翻刻している僕なんですけどね。