やたがらすナビの総ページ数が3000ページを突破した。
3000ページ
なお、この数には、ページ数の数えられない古典文学電子テキスト検索のようなデータベースや、サーバーが違うこのブログは入っていない。

1ページの記述量はまちまちで、400字詰め原稿用紙半分にも満たないページもあれば、10枚以上になるものもある。だから、3000ページという数字には大した意味はないのだが、それでも我ながらよく書いたものだと関心する。

しかし、よくよく考えてみると、『今昔物語集』が1000話以上ある。3000ページの3分の1は『今昔物語集』のテキストということになる。改めて今昔物語集の凄さを感じた。

というわけで、まだまだ続けるつもりですので、今度ともよろしくお願いします。