泡沫ながらも、長くブログを書いていると、たまにバズることがある。僕のブログで、ものすごくバズったと言える記事は二つある。

一つは、桜新町の波平さん像の毛が抜かれない方法を提案したこの記事。

波平さんの毛を守るたった一つの冴えたやり方:2012年12月10日

思いつきでささっと書いたのだが、これが何だか大当たりしてしまってびっくりした。普段、短い記事でも1時間ぐらいはかかってしまうのだが、これは15分ぐらいで書けた。それがバズったのだからびっくりだ。

気を良くして、次の日にわざわざ桜新町まで行って、続編を書いた。ところが、手間をかけたのに、これがぜんぜんダメ。バズっても定着はしないのだと理解した。

波平さんの毛、もしくは偽りの地平線:2012年12月11日

もう一つは、大阪市の学校給食がまずいと評判になったとき、自称給食評論家として、なぜまずいのかを考えたこの記事。

なぜ大阪の弁当給食がまずいのか:2015年03月02日

これもかなり早く書き上がった。波平さんのときは、Twitter・Facebook・はてブぐらいだったが、こちらは内容に社会性があるためか、Gigazinや某ニュースサイト、そしてなんと某有名エロサイトからもリンクされた。某ニュースサイトが健在だったのも驚いたが、Gigazinよりも某有名エロサイトの方が流入が多かったのには驚いた。

どちらも共通しているのは、あまり時間を書けずに書いたことである。思いついた時に、すでにアイディアも文章も頭の中で完成していたわけで、そういうのがバズりやすいようだ。

こういうときは、普段数百ぐらいしか行かないPV(ページビュー)が一気に数万に跳ね上がる。100倍になるのだが、アフィリエイト収入も普段の100倍になるかというと、そんなことはない。これもよく覚えていないが、5倍にもなっていなかったと記憶している。

また、これらのバズった記事は寿命が短く、一週間弱で沈静化する。時事的なネタなので、時期が過ぎてしまえば、あまり読まれなくなる。

逆に、書いた時にはあまり読まれなくても、長い間読まれる記事もある。昔、池袋にあった喫茶店蔵王のことを書いた記事がその代表である。

池袋「純喫茶蔵王」の思い出:2012年10月23日

この記事、僕の文章よりも、コメント欄に注目してほしい。2013年2月に最初のコメントが入り、最後のコメントは今年の3月、僕のコメントも入っているが、5年にわたって35もコメントが入っている。なかには蔵王の店員だった人もいて、さながら蔵王同窓会になっている。

僕の文章というよりも、それだけこの喫茶店が愛されていたということだろうが、それでも、何か人の役に立てたような気がして、瞬間的にバズった記事よりも、こちらのほうが嬉しく感じる。