今行っている学校のすぐ近くにフィールドアスレチックがある。10年前から知っていたが、さすがにオッサン一人で有料のフィールドアスレチックに行く勇気はなかったので、今まで一度も行ったことがなかった。

平和の森公園フィールドアスレチック:大田区

こういうときは子供をダシにするのが一番だが、惜しむらくは僕には子供がいない。しかし、親戚のショータくんがどこかへ連れて行けというので、これいい幸いに(休み中に学校の近くに行くのはちょっと抵抗があるが)行ってきた。

料金は高校生以上360円、小中学生100円。自動販売機でチケットを買うと、入り口のオッサンにチケットを渡して入場する。入り口付近に、更衣室とロッカーがある。ロッカーは無料だが、下駄箱かと思うほど小さく、ちょっと荷物が大きいと入らない。

アスレチックそのものはけっこう充実している。全部で40あり、それぞれが大田区の歴史にひっかけてある。

例えば、去年紹介した奇祭水止舞(奇祭!水止舞に行ってきた(その1):2017年07月14日奇祭!水止舞に行ってきた(その2):2017年07月15日参照)もある。荒縄で簀巻にされて水をぶっかけるのかと思ったら、丸太を叩くだけの地味なものだった。
アスレチック(水止舞の説明)
アスレチック(水止舞)
ちなみに上の写真でショータくんが頭に巻いているのは、水止舞の会場になる厳正寺の手ぬぐいである。

どうやら、簀巻を模しているのではなく、
ブシャー
舞いの方を模しているらしい。
水止舞
大田区といえば多摩川と東京湾だから水ものも多い。更衣室があったのは、ここで濡れる可能性があるからだ。
水もの
多摩川線の駅名で(地域住民には)おなじみ矢口の渡し。
アスレチック(矢口の渡し)
羽田の渡しはタライに入ってパドルで漕ぐ。
アスレチック(羽田の渡しの説明)
僕はカヤッカーだから(もう何年も舟出してないけど)これは得意なはずだと思ったが、水深が浅いのと、なにしろタライなので、全く思うように進まない。それにしても、「水遊び禁止します」と書いてあるが、これは水遊びではないのか。
アスレチック(羽田の渡し)
他にも、登るやつやら、
登るやつ
くぐるやつやら、
くぐるやつ
まあ、いろいろあって、結構楽しめた・・・のだが、この日(8月10日)はドピーカンでやたらと暑い。ショータくんが、「プール行こうよ」と言い出したので、近くの平和島公園プールへ行った。

こちらも入場料は中学生以下100円、高校生以上360円で、フィールドアスレチックと同じ。そして、ロッカーの小ささも同じ。荷物が入らん。

どちらの施設も十分満足できるのだけど、ロッカーだけなんとかなりませんかね、大田区長。