年をとるにつれて、だんだん桜より梅の方が好きになってきた。好文木というだけあって、桜ほどバカっぽくない。もっともバカなのは桜ではなくて、バカ騒ぎする人間の方なので、これはちょっと桜に気の毒だ。

それ以上に往生際の悪さがいい。桜はパッと咲いてパツと散ってしまうが、梅はショボくれて、こ汚くなりながらも枝にしがみついている。みっともないけど、それがいい。

というわけで、天気もいいので曽我梅林に行ってきた。曽我梅林には別所会場・中河原会場と二つの会場があるが、行ってたのは別所会場の方。
別所梅林
別所梅林2
種類によってはまだ8分咲きのものもあったが、ほぼ満開だった。

ちょっと変わった梅もある。
垂れ梅
曽我は会場になった梅林だけではなく、そのへんの道端にもたくさん梅林がある。これがなかなかいい感じ。
道端の梅
民家にも梅を植えている家が多い。どこに行っても梅だらけだが、一箇所だけロウバイ(蝋梅)があった。梅ばかりの中に黄色い花はなかなか目立つ。
ロウバイ
ひさしぶりに壁紙にしてみたのでご笑納ください。
白梅1(1366x768)
白梅1(1366x768)
白梅1(1920x1080)
白梅2(1366x768)
白梅2(1366x768)
白梅2(1920x1080)
紅梅1(1366x768)
紅梅1(1366x768)
紅梅1(1920x1080)
紅梅2(1366x768)
紅梅2(1366x768)
紅梅2(1920x1080)
実は最後のだけ曽我の梅林ではなく、勤務先の学校の近くで撮影した。

さて、曽我といえば古典文学的には曾我物語だが、ちゃんと行ってきたので、それはまた明日にでも。