というわけでニュージーランドへ行ってきたのだが、バスから見た景色がいつもの海外旅行と違うのに気づいた。

だいたいどこの国へ行っても、空港から中心部へ向かう車窓の景色だけで、「外国へ来たぜ!」という感じがするものだ。だが、今回はなんだか房総あたりの田舎道を走っている感じがする。この外国感の無さはなんだろう。

ニュージーランドは日本と同じ左側通行である。しかも、その道路を走っている車が、すすけた日本車ばかりである。途中参加したツアーのガイドさんによると、ニュージーランドは国内に自動車工場がなくすべて輸入で、無改造でそのまま持ってくればいいので、日本の中古車が多いのだそうだ。

道そのものも、やたらと土地が余っているのに、なぜか狭い。地形も起伏に富んでいて日本に似ている。羊が多いと聞いていたが、実は北部は牛の方が多く、岩手あたりで見た景色と大差ない。
NZの道路
こんな感じなので、日本人がレンタカーで走るのもそれほど難しくはなさそうだが、一点だけ気をつけなければならないことがある。なんと、郊外のほとんどの道路が制限速度100キロなのだ。上の写真の場所はもとより、それよりもずっと狭い道でも制限速度は100キロ。高速道路もあるのだが、こちらも制限速度は100キロなので、なんのための違いなのかよく分からない。

だから自転車ツーリングはオススメできない。いい感じの風景と気候、適度な起伏で、キャンプ場も多いから、一見自転車ツーリング向きなのだが、狭い道をとんでもないスピードで車が走っている。ここを自転車で走ったら生きた心地がしないに相違ない。実際、自転車ツーリングは全く見かけなかった。

オークランド市街地では、ヨットが停泊していたり、英国風のパブがあったりするので、それなりに外国感があるのだが、日本と同じ地震国のせいか建物は低く、比較的新しいビルディングが目につくので、他の国に比べるとやっぱり外国感に乏しい。
オークランド
上の写真でそびえているのはスカイタワーといい、南半球で一番高い塔だそうだが、328mで東京タワーとほぼ同じ高さ。比較すると他のビルディングの高さがそれほど高くないことも分かるだろう。

そんなわけで、僕のニュージーランド第一印象(オークランド近辺に限られる)は、「日本(の地方都市)とあんまり変わらんな」というものだったのだが、妻には「それはおかしい」と否定されてしまった。

いや、もちろん外国だから違うところはたくさんある。そもそも歩いている人が違うし、言語が違う。それはそうなのだが、この外国感の無さは、日本人にとっては住みやすいんじゃないかなと思う。