連休二日目、天気がいいので湯島聖堂の孔子祭に行った。いわゆる釈奠である。会場は湯島聖堂の大成殿。
大成殿
湯島聖堂といえば日本を代表する孔子廟だが、釈奠は儒式ではなく、裏の神田明神の神官が執り行う。雅楽が流れる中、「お〜〜〜」という警蹕とともに厨子を開け、お供えを捧げる。この形式は江戸時代から続くものらしい。
孔子祭
昔、僕はここに二年ほど住んでいた。孔子祭の前になると供物の用意をしなければならない。供物のリストをもらって、それを御徒町の吉池というスーパーへ買い出しに行くのだが、コンプリートするのが難しいので苦労した覚えがある。
供物
リンゴなどが乗っている容器を「豆(トウ)」という。「豆」という字とよく似た形をしているが、形が似ているから「豆」というのではなく、本来「豆」という字はこの容器を意味していた。

数ある供物の中でも、一番大事なのが生贄である。本来は生きた羊などをお供えすべきものだが、湯島聖堂では鯉になっている。2つめの写真にある7つの黒い箱に入っているはずだが、なぜか生気が感じられない。昔は大暴れする鯉を捕まえて箱につめ、やっとおとなしくなったと思ったら、儀式の最中に突然暴れだしたりしたものだが・・・。

終わってから箱の中を見ると・・・。
生贄の鯉
暴れないのも道理、なんとぺちゃんこの写真になっていた。職員に聞くと、震災の時に生きた鯉が入手難になって、そのまま写真になってしまったという。なるほど無益な殺生はよくない。しかし、写真というのもいかがなものかと思うので、そのうち立体的なのを寄付してあげようと思った。

神官による儀式の後は、祭主や来賓の拝礼が続き、早稲田大学の土田健次郎氏による講経(こうけい)があった。講経とは簡単な講義で、今回は「孔子の師は誰か」というテーマである。孔子の師匠(の一人)が老子というのは、『今昔物語集』10-9にも出てくるので、なかなか興味深かった。

しかし、来月は改元である。本来ならそこにも触れてほしいところだが、「令和」は『万葉集』が出典のためか、まったく触れられなかった。宇野茂彦氏による主催者挨拶でも出なかったので、寂しいかぎりである。

大成殿での儀式の後には講演会があるのだが、一時間立ちっぱなしで、はなはだ疲れたので遠慮した。せっかくここまで来たので、神田明神にもお参りしてきたのだが・・・。
神田明神
僕の知ってる神田明神じゃなくなってボーゼンとした。