ブログ強化月間も半分が過ぎた。ここまで、なんとかカレンダーを埋めることができた。今年は天候不順だから、ネタを拾いに行くきにもならない。涼しいのに、なかなか過酷なブログ強化月間である。

それ以上に、だんだん年を取るにつれて、筆(キーボード?)が重くなってきたような気がする。書こうと思ったことがうまくまとまらないのだ。試行錯誤で時間ばかりがかかり、そのうちに面倒くさくなって、書いている途中でほおり投げてしまう。

そもそも、何かアイディアが湧いても、忘れてしまう。その場でメモでもしておけばいいし、実際することもあるのだが、メモしたのはたいがいロクでもないアイディアである。もっとも、忘れたアイディアも忘れるぐらいだから、たいしたことないのかもしれない。

すっかり書いたつもりで、実は書いていないということもある。僕はブログの記事をすべてEvernoteにコピーしていて後で検索するのだが、書いたつもりの記事がいくら検索しても引っかからないことがある。書いていないのだから引っかかるわけがない。

なんだかんだいって面倒くさいのだが、それでも書くのは、自分という唯一の読者のためだ。たとえば、旅行でどこかへ行って写真を撮ったとする。それがどこか、いつだったのか、それぐらいは分かる。だが、その時の自分の状態や気持ちなんかは案外忘れてしまうものだ。写真に記事があれば、書いていないことでも思い出せる。このブログも、積もり積もってすでに15年近くになった。昔の記事を読むのはとても楽しい。

それなら、チラシの裏にでも書くか、PCのどこかに保存しておいてもいいのだが、あいにく僕はナマケモノなので人に読まれない文章が書けない。ブログに書けば、多かれ少なかれ人に読まれるので、いろいろ考えて書く。読まれることを想定していない文章は、後で自分が読んでも、よく分からない文章になってしまうのだ。

Web上で公開している以上、誰かの役に立つこともあるかもしれない。少なくとも害になるようなことは書いていないつもりだ。読んでイヤな気持ちになる人はいるかもしれないけど。