今日、京都アニメーション(以下京アニ)のスタジオが放火された。現在のところ死者は33人にのぼっている。容疑者は逮捕されたものの重体で、犯行の動機などは分かっていないらしい。

京アニ火災、死者33人に=確保の男、ガソリンまき「死ね」−殺害予告メールも・京都:時事ドットコム
京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日に発生した爆発火災で、新たに32人の死亡が確認され、死者は計33人となった。京都府警捜査1課などによると、当時75人が建物内にいたとみられ、負傷した35人を搬送、7人の無事が確認された。
 同課によると、身柄を確保された男(41)は所持していた免許証から関東地方在住と判明。1階出入り口付近でバケツのようなものに入ったガソリンをまき、火をつけたとみられる。建物に入った直後に爆発が起き、「死ね」と叫んだという。建物前の路上では、包丁数本が入ったかばんやハンマーなどが見つかった。
ショッキングな事件だし、犯人に憎しみを抱くのも、とくにアニメファンなら仕方がない。

しかし、まだ何も分かっていない段階で、犯人への憎しみを抱くのはいかがなものか。憎しみは憎しみしか産まない。これに乗じて、すでに差別主義者がヘイトデマを流布しようとしている。こういう連中に燃料を投下してはいけない。

僕らにできることは、生存者の無事と、これ以上死者が増えないように祈ること、そして亡くなった人の冥福を祈ることぐらいである。