先日のかっぱ橋で、ピーラーを買った。あまりにたくさんあるのでよく分からず、以前使っていたのと同じものをレジへ持っていったら、「当店オススメ」というのがあったので、その場で変更した。

買ったのはこれ。貝印SELECT100。
ピーラー

ご覧の通り、とてもシンプルな何の変哲もないピーラー。値段も1000円ちょっと。

使ってみたが、今までのピーラーとは段違いによく切れる(剥けるというべきか)。ニンジンなんぞは、軽く滑らすだけで、気持ちよく剥けていく。よく切れるだけあって断面もきれいなので、小さな食材ならピーラーとしてだけではなく、スライサーとしても十分使えそうだ。

切れないピーラーは使っていて楽しくない。とくにデコボコした野菜やちょっと固い野菜だと、かえって面倒くさいから包丁を使ってしまう。これならなんでも使える。カボチャで試してみたら、さすがにニンジンよりは手応えがあるが、やはり気持ちよくきれいに剥けた。

僕の経験では、包丁を使っているときよりも、ピーラーやスライサーを使っているときのほうが、ケガをしやすい。特に切れの悪いものは妙な所に力が入るから、突然手が滑って野菜の皮を剥いているつもりが自分の指の皮を剥いてしまうという事態になる。刃物は切れ味がいいに越したことはない。

というわけで、いいピーラーが欲しい人にはストロング・バイ。