スマホとPCの連携というと、クラウドでファイルを共有するような派手な連携が思い浮かぶが、スマホよりもPCの方をよく使う人にとっては、もうちょっと地味〜な連携ができたら便利なのになと思っていた。

たとえば、スマホに電話がかかってきた時にPCにアラートを出してくれるとか、スマホのバッテリーの残量をPCから表示してくれるとか、その程度がほしい。でもLinuxだしむりだろ・・・と思っていたらGSConnectというのがあった。これは便利。



インストールの方法など、詳しくは上のページを見てもらうとして、GSConnectをインストールすると、同一ネットワーク上にあるPC(Gnome)とスマホ(Andloid)間で次のようなことができる。

PCからAndroid
  1. バッテリー状態の監視。
  2. スマホの着信音を鳴らす。
  3. スマホのアラートをPCに表示。
  4. クリップボードの共有。
  5. PCからスマホのブラウザへURLを送る(要ブラウザ拡張)。
  6. PCからスマホにファイルを送る。
  7. PCを使ってスマホからSMSメッセージを送る。
スマホの着信音を鳴らすのは、Googleデバイスを探すからでもできるけど、すぐ近くの布団の中で(スマホが)寝ていたりするのに、地図まで出てきて大げさだ。これだとGnomeのトップバーから簡単に鳴らせられる。クリップボードの共有も地味に便利。

AndroidからPC
  1. スマホからPCにファイルを送る。
  2. クリップボードの共有。
  3. マルチメディア(音楽プレーヤーやYoutubeなど)の操作。
  4. スマホからPCへマウス・キーボード入力。
  5. PCへのメッセージをスマホに表示。
僕の場合、AndroidからPCはあまり使わないけど、フリック入力の方がキーボードより早いなんていう人はいいかもしれない。あと、マウスが壊れた時とか。

もちろん、これらは任意に有効・無効に設定でき、一時的にすべて無効にすることもできる。ほかにもスマホからPCへコマンドを実行する機能があるが、イマイチ使い方がわからない。

このGSConnect、androidアプリの名前がKDE Connectになっているのでも分かる通り、KDE用が本家である。