8月の終わりに、栂池高原にある栂池自然園に行ってきた。
栂池自然園:公式サイト
栂池自然園の湿地
湿原は全部で4つあり、湿原そのものは上の写真のようなボードウォークがかかっていて歩きやすいのだが、全部回ろうと思うと結構な時間がかかるし、山道を歩かなければならないので、それなりの靴が必要になる。僕たちは時間の関係で、一番奥の展望湿原までは行けなかった。

ここは高山植物がたくさん見られたので、適当にパカパカ撮ってきたのをご紹介。なお、名前はビジターセンターで売っていたペライチ資料を参照したが、高山植物には詳しくないので、正直合っているのかどうかやや不安がある。間違っていたら、教えてください。

まず、サラシナショウマ(晒菜升麻)。根っこが漢方薬になるらしい。
サラシナショウマ
トリカブト。こっちは根っこが猛毒で有名だが、漢方薬にも使われる。いわゆる附子ですな。
トリカブト
ハンゴンソウ(反魂草)。「反魂香」を思い出すが、どうも無関係らしい。
ハンゴンソウ
タテヤマアザミ(立山薊)と虫。たぶんミツバチかと・・・。
タテヤマアザミと虫
タテヤマアザミ。アザミにしちゃでかい。
タテヤマアザミ
ミヤマセンキュウ(深山川芎)と蜂。
ミヤマセンキュウと蜂

キヌガサソウ(衣笠草)。この写真だとよく分からないが・・・。
キヌガサソウ
なかなか妙な咲き方をする。名前の由来は一目瞭然。
キヌガサソウ2
オヤマリンドウ(御山竜胆)。
オヤマリンドウ
オニシオガマ(鬼塩釜)。シオガマギク属だそうだが、その由来はWikipediaによると「塩竈とは、世阿弥の謡曲『松風』、後の歌舞伎・日本舞踊の演目『汐汲』において、浜で海水を沸かして製塩するかまど、塩竈があり、そこで「浜で(はまで)美しいのは塩竈」の言葉がでた。それが「葉まで(はまで)美しいのは塩竈」と洒落て、花も葉も美しい植物、シオガマギク(塩竈菊)という」らしいが、ムリクリすぎる。
オニシオガマ
オオバセンキュウ(大葉川芎)と虫。何の虫だか分からん。
オオバセンキュウと虫
オオバセンキュウとハナアブ(たぶん)。
オオバセンキュウとハナアブ
イワショウブ(岩菖蒲)の実。実もも全然菖蒲に似ていないんだが・・・。
イワショウブ