僕が使っているSynologyのNAS(DS216j)には、ハイバネーションという機能がある。一定の時間NASにアクセスしないと、スリープ状態になって、アクセスすると再起動する機能である。NASは基本的に24時間動かしておくものだが、それほどしょっちゅう使わない人にとっては、電気代の節約にもなるし、HDDの寿命にも関わってくるので大変ありがたい。

ところが、いつのまにかハイバネーション(サスペンド)しなくなっているのに気づいた。NASは目の前に置いてあるわけではない。起動しなくなったのならすぐに分かるが、ハイバネーションしないというのはなかなか気づかない。いつからこうなったのかよく分からない。

設定などを変えた記憶もない。外部からの不正アクセスも疑ったが、それらしきものも記録されていない。どうにもよく分からないまま、しばらく使わない日は手動で電源を落としていた。

あらためてLogを見てみると、7月23日以降、一度もハイバネーションしていないようだ。そのあたりに「Package [Synology Drive Server] has been successfully updated.」というのがあって、どうもこれが臭い。ついでにTwitterで検索してみると・・・。

やはりこれだ!

DriveServerの設定でどうにかなるかと思ったが、どこにもそれらしきものはない。Driveはちょっとだけ使っているので、アンインストールせずに停止してみたら、無事ハイバネーションするようになった。バンザーイ!

なお、Drive Serverってのはこれ。
Drive
上のアイコンがDrive Serverで、パッケージセンターからこれを停止すればいいのだが、下のMomentsも使っている場合は、Momentsを先に停止してからDrive Serverを停止すればOK。