先日、白川郷へ行ってきた。「合掌造り民家園」なる野外博物館に竹馬があった。自由に乗っていいらしい。竹馬には自信があるが、なにしろ最後に乗ったのは40年以上前である。全然乗れないか、昔と同じく乗れるか、ちょっと試しに乗ってみた。まあ、インラインスケートと違い、こけそうになったら飛び降りればいいだけだから、ズデーンとはいかないだろう。

最初ちょっと手間取ったが、すぐにカンを取り戻した。見よ、この勇姿。それにしても、自分が竹馬に乗っている姿なんか初めて見た。
竹馬に乗るわたくし
これは十分にcontrollableだと確信したので、uncontrollableのふりをして写真を撮っている妻に襲いかかったら、本当にuncontrollableになって、飛び降りる間もなくコケた。竹馬には乗っても調子に乗ってはいけない。
こけた
家に帰ってからGoogle PhotoにUpしたら、勝手にパノラマ写真にされた。さすがGoogleのAIだ。でも、ちょっとバカにされているような気がするぞ。
こけるまでのプロセス
結局、全然乗れなかったわけでも、昔と同じように乗れたわけでもなく、飛び降りることもできなかったのだから、何一つ予想通りにはいかなかったわけである。