主に妻が使っているThinkpad Edge E535が重い。

このPCは2013年1月に買ったものなので、すでに7年目である。もう買い替えてもよさそうなものだが、大きな不具合もないし、メモリが15GBもあるので、ブラウザを使うとかOfficeを使うとか言った用途では、ほとんどストレスを感じない。

しかし、とにかく立ち上がりが遅い。まともに使えるようになるまで5分以上かかってしまう。その間、PCからカリカリカリカリとひたすらハードディスク(以下HDD)の音が聞こえてくる。時代遅れのHDDをSSDにすれば早くなるのは間違いない。

これを買った当時、SSDはまだ高価だった。その時に比べて、SSDもかなり安くなった。容量単価はHDDと比べてはるかに高いが、ほとんどのデータはNASに入れているので、容量はそれほど必要ない。ただ、以前と違いいろんなメーカーから出ているので、どれにしようか迷う。面倒くさくなったので、僕のPCに採用して今のところ不具合もないSAMSUNG製にした。値段も格安ではないもののお手頃価格だ。

僕のPCに入っているのは、5年半に買った840EVOの120GBである。当時は約1万円。今回のSAMSUNG860EVOは250GBで約5000円である。容量は倍以上になってお値段は半分。5000円で早くなるなら新しいPCを買うよりはるかに安上がりだ。
SAMSUNG860EVO

作業する前に、MSのサポートからWindows10をダウンロードしてインストールディスクを作り、PC内のファイルをNASにバックアップした。古いディスクをそのままコピーする方法もあるのだが、Windows8時代から入っているいらないアプリも多かったので、今回はクリーンインストールすることにした。

レノボのPCは部品交換が容易にできるようになっているそうだ。実際、ネジをはずしてちょっとコジれば、裏蓋が外れてHDDとメモリが現れる。
裏蓋を開けたところ
と、ここまでは何も見ずにできたのだが、HDDがうまく外れない。ネジを二つ外して手前に引けば外れそうに見えるのだが、どんなに力を入れても外れない。レノボのサポートサイトには、各モデルの取り外し方の動画があるのだが、Edge E535のものは見当たらない。

似たような型番の動画をいくつか見て、近いのを見付けた。蓋の位置とネジの数が違うが、形はそっくり。どうやら透明なタブを持って上に引っ張り上げればいいらしい。
HDDの外し方:Lenovo
ビデオどおりやってみた。全く力がいらない。あっけなく外れた。
HDDを外す
次はHDDのまわりのワクを外す。4つネジがあるので、これを外せば簡単に外れる。
HDDn
付いていたのは、WD(Westan Digital)Blueの500GB。Blueは一般PC向けで、うちのNASにはRedが入っている。
WDblue

外したワクにSSDを取り付けて・・・。
SAMSUNG860EVO(裏)
コネクタに差し込んでネジで止め、裏蓋を閉めて終了。HDDの取り外しに少々戸惑ったが、極めて簡単に換装できた。

あとはWindows10をインストールをして、周辺機器の設定、必要なアプリをインストールして完了。再び起動してみると、これまでまともに使えるまで5分以上かかっていたのが、数十秒で終わる。

と、ここで大きなミスに気づいた。Windows10をインストールするときにHome版かPro版を選べるのだが、間違ってPro版を選んでしまったのだ。全ての作業が終わってから、アカウントを確認してみると、赤字で「アクティベーションが済んでいない」と書いてある。

昔はWindowsをインストールすると、本体に貼ってあるシールのライセンスキーというやたら長い文字列を入力しなければならなかった。最近のPCでは、本体内にそれがあって、いちいち入力する必要がない。このPCの場合、それがHome版のもの(購入時に入っていたのがWindows8Homeだったため)なので、Home版しか入れられないのである。

もちろんお金を出せばPro版にアップグレードすることもできるのだが、機能の違いをみるとわざわざお金を払ってまでアップグレードするほどのものではない。ではダウングレードするにはどうすればいいかと思って、いろいろ調べてみたら、

再びクリーンインストール。

ああ・・・。