昨日、東京都の感染者数が過去最高を記録したのを記念して記事(1年前の自分と対話する)を書いたが、今日はついに3000人超え。

菅首相、東京で最多更新の3000人感染にも「お答えする内容がない」と取材拒否:東京新聞
この日は、東京都で確認された新規感染者が初めて3000人を超えたが、官邸側は「本日はお答えする内容がない」(首相秘書官)として、首相の取材対応を拒否した。
たまたまテレビで、質問を無視して逃げる菅首相を見ていたのだが、あれはちょっとない。今までもそうだったが、彼には国民を安心させようという気がないとしか思えない。

安倍前首相はウソでも安心させようというコメントを出していた。彼の場合「ウソでも」というのが問題なのだが、少なくとも国民を安心させるという気はあったようだ。菅首相にはそれすらない。

緊急事態宣言の効き目が無くなっていて、もう打つ手がないのだろう。だが、一つだけ緊急事態宣言の効能を取り戻す方法がある。オリンピックの中断・中止である。

僕は安倍前首相の政治はほとんど評価していないが、二つだけ高く評価していることがある。一つはアベノミクスの初期、もう一つはコロナによる休校措置である。

休校措置はあまりに唐突で長期だったから、学校や親からは評判が悪かった。閣内からも合意が得られていなかったともいう。逆に言えば、それだけインパクトがあったのだ。学校が三ヶ月休みになるくらいだから、企業や商店も協力せざるを得ないというわけだ。

しかし、今は夏休みで初めから学校は休みである。そもそも緊急事態宣言慣れしているから、たとえ学期中でも効果は薄いだろう。だが、あれだけムリヤリやろうとしていたオリンピックの中断もしくは中止はインパクトがある。今それをすれば、間違いなく去年の3月ぐらいの状態にはできるだろう。

あるいはパラリンピックを中止にしようと思っているのかもしれない。それではダメだ。いまやっているオリンピックを途中でやめるからインパクトがあるのだ。オリンピックを最後までやってパラは中止では、かえって国民から足元を見られるだけだろう。

もちろん、今の無能な政府にオリンピックを途中でやめることなどできるわけがない。しかし、実際に中止するほどの効果はないが、もっと簡単な方法がある。

それは、オリンピック中止を匂わせる発言をすることである。もともと二階幹事長が「これ以上無理だということだったら、すぱっとやめないといけない」と言っていたのだから、匂わすことぐらい簡単だろう。もちろん、マスコミからは具体的な条件を聞かれるだろうが、それこそお得意のオトボケを使えばいい。

まあ、それすら出来ないのが菅政権なんだけどね。念仏みたいに「安心・安全」と唱えるのが関の山。あ、「例の運動会」って書き換えるの忘れてた。