今、書道を初めるなら、最初に手に入れるべき本は、高校書道Iの教科書一択である。どこの本屋にでもあるというものではないのが欠点だが、現在日本で売られている書道関連の本の中で、これ以上に買う価値のある本はないと断言できる。

学校の教科書は学習指導要領と同時に四年に一度改訂がある。書道の教科書はここ20年余りで、おどろくほど進化した。

かつて書道の教科書はすべてモノクロだった。墨の黒と紙の白だからこれでいいということだったのだろう。僕の記憶が正しければ、当時は8社ほど(たぶん)が書道の教科書を出していた。

そんな書道の教科書も、次第にカラーページが増えてきた。まず仮名のページがカラーになり美しい料紙が再現されるようになり、神龍半印本『蘭亭序』や『風信帖』がカラー・原寸大で全文が載るようになった。そして全ページがカラーになった。

初めて本物の神龍半印本『蘭亭序』を見たとき、もちろん本物であることには感動したが、それ以上に教科書グラビアの再現性の高さにびっくりした。今、このころの教科書を見るとそれでもイマイチに感じられる。今はさらに美しくなっているのだ。

このあたりで、印刷会社と強いつながりを持たない出版社の撤退があいついだ。カラーにしなければ採用されない、かといってカラーはコストが高くつくから採用数が少ないと大損するということだろう。

全てのページがカラーになると、今度は判型競争が始まりどんどん大きくなった。今の教科書は各社A4版である。これによりほとんどの法帖が原寸になり、拡大手本も大きくなった。

判型が大きくなると、今度は厚くなっていった。今度は内容で競争!というわけだが、厚くなると開きにくくなる。書道室の机はそれなりに大きいが、それでもでかいうえに厚いと使いにくい。最悪、書いている最中に教科書が自動的に閉じてしまう。

そんな中、光村図書が製本方法を変えて中綴じにしてきた。これは開きやすい。真ん中をホチキスみたいな金具で留めてあるだけなのでコストも安くすむのだろうと思ったら、こっちの方がコストがかかるそうだ。

さて、ここまでが前回の改訂。今回の改訂(来年度1年生が使う)では、光村図書に追随して開きやすい方向にいくのだろうと予想した。この予想自体はあっていたが方法が違った。

まず、光村図書は前回と同じ中綴じで勝負。
光村

教育図書(上)と教育出版(下)は2分冊に。どちらも拡大手本は分冊の方にまわして開きやすいように薄くしてある。どちらの分冊もカラーだが、教育図書は分冊で本体との独立性が高く、教育出版は本体の付録という感じ。
教育図書と教育出版
東京書籍は従来どおり(もちろん中身は変わっている)。すみません、見本が学校にあるんで、写真が撮れません。

印刷技術やインターネットとの連携、コラムの充実など、当然中身も進化している。今後はどう進化していくのか、ちょっと想像もつかない。

もちろん内容にもふれたいのだが、そんなことをすると恐ろしく長くなってしまので、このへんでやめておく。ともかく、今書道の勉強をするなら、どこの出版社であろうと書道Iの教科書が最高であることはもう一度言っておく。