保科恵『入門平安文学の読み方』(新典社)を読んだ。「読んだ」とか書いているが、実は読んだのは一年以上前。おそくなってごめんなさい。



文学には普遍性と特殊性がある。普遍性というのは時代・地域を問わず人間に共通のもので、これがあるから、どの時代・どの地域の文学でも、翻訳さえされていれば読める。これがないと、文学は生き残ることはできない。

一方で特殊性とは、時代・地域・作者個人に特有のもので、ただ翻訳されていても、それを知らないと深く理解できない。それを補うために注釈があるのだが、それだけでは不十分だ。そんな平安文学の特殊性を踏まえた読みの方法を解説した本である。

この本は初学者をターゲットにしてるため講義を模してあり、第一講から第五講、そして補講という構成になっている。

第一講「まずは疑ってみること」では、平安文学を読む際の心構えについて書かれている。といっても、ただ概念を並べているのではなく、多くの例文を挙げて説明している。ここに限らず、この本は例文が多く、具体例が示されているのが特徴である。

第二講「昔の暦の話」・第三講「月と干支」は時間の特殊性である。平安時代の人と現代人の一番の違いはここだろう。当時の人は太陰暦を使う。ここまではたいていの人が知っている。太陰暦は月の満ち欠けにリンクしているのだが、電気があって夜も明るい現代とは違い、月の重要度は比較にならない。一日の始まりと終りも、季節の感覚も現代人とは全く違う。そういう違いは当然文学作品にも現われる。

第四講「地名の話」は空間の特殊性である。平安文学は都人によって書かれ読まれていた。そんな彼らが使う地名は、単純に場所を表すだけではない。平安文学は彼らの常識を知ることによってより深く読める。

第五講「本文の話」は、テキストそのものの特殊性である。同じ日本語でも、古典の書き方は現代の書き方とは全く違う。そのままでは読みにくいので普通は校訂された本文で読むが、そこには常に校訂者の解釈が加わっている。そういう例を多く提示し、どう読むべきか指南してくれる。これを読めば、やたナビTEXTに校訂本文と翻刻の二つの本文がある理由も理解できると思う。

さて、僕はここまで読んで、「これは平安文学だけのことではないのではないか」と思った。平安時代の前後に当たる上代も中世も、なんなら近現代文学にだって、形は違えど共通する問題ではないか・・・と思っていたら、

補講「古典だけに留まらないこと」
そこで、本書で古典の文学に対してこれまで述べて来たことが、近・現代の文学にも関わりがあることを述べておきます。
ときた。いやー、こういうの手玉に取られてるみたいですごく悔しいぞ。もちろん、ここでも芥川龍之介・谷崎潤一郎・夏目漱石などの具体的な例を豊富に引用している。

最初に戻ると、文学には普遍性と特殊性がある。すぐれた文学作品ほど普遍性だけで読めるものだが、特殊性を押えておくとより深く、普遍性だけでは見えていなかった部分が見えてくる。この本は、そんな深い読みの方向性を示してくれる解釈の入門書である。

というわけで、文学を愛するすべての人にストロングバイ。