夏休みのメンテナンス第二弾、今日はパソコンの掃除とケーブルのリストラをした。PC主要部に手を入れるわけではないので、これで動かなくなったりはしないはずだが、汗だのヨダレだの垂らすと一巻の終わりなので、頭に鉢巻き、口にはマスクで作業した。

まず、今回やることは、ケースを開けて内部を掃除することと、使っていないFDDドライブの代わりにカードリーダーを取り付けること、ケーブルのリストラをすることである。やることは単純だが、

まず本体ビフォー。
本体ビフォー
1997年に買ったパソコンなので、やたらとでかく重い。今の自作PCケースのように簡単には開かず、いくつものネジを外してやっと外れる。

中を見ると、予想通りCPUクーラーにホコリが溜まっている。
CPUクーラー(掃除前)
以前、この前のCPUクーラーをYoutubeにUPしたら、フォロアーなんかそんなにいないのに「汚い」だの「掃除しろ」だのコメントに書かれた(CPUクーラーのファン故障)。実は掃除した後の動画だったのだが、ちょっとショックだったので、もう少し頻繁に掃除しようと思った次第。

今のクーラーに換装したのが二年前なので、思ったほどは汚れていない。ブロアーで吹けば、すぐにきれいになった。CPUグリスも交換しようかと思ったが、まだ二年だから大丈夫だろう。もちろん他の部分もきれいにした。
CPUクーラー(掃除後)
次は3.5インチベイのFDDドライブを取り外し、カードリーダーを取り付ける。買ったのはこれ。マザーボードが古いのでUSB2.0である。お値段は1200円ほど。
カードリーダー

換装するためにボルト8本をはずして、ドライブが入っているケージを外さなくてはいけない。こんな感じ。
ベイケージ
なぜこんな面倒な仕組みなだろうと思っていたら思い出した。「横置きにも出来ますよ」というのが売りだったのだ。
横置きモード
当時は本体の上にディスプレイを置くのが一般的だったのだが、その当時でさえこんなバカでかい筐体を机の上で横置きにする人なんかいるのかと思ったものだ。

というわけで、取り付けるとこんな感じになった。DVDドライブとカードリーダーの間にあるのは、たんなる引き出しである。小さいのであまり入らないが、USBメモリとかSDカードなどが入れてある。
本体アフター
さて、もう一つの課題は、机の下のケーブルをリストラすることである。
ケーブルビフォー
ケーブルというものは、少しずつ増殖していく。増えるとホコリが溜まる上に掃除がしにくい。結束バンドでまとめるという方法もあるが、なぜかまとめた直後に外す必要が出てくる。

そんなわけでこんなふうになっちゃったのだが、この機会にあまり使わない機器のケーブルをはずし、使っているケーブルは机に付属しているケーブルダクトに隠すなどして、すっきりさせた。これでしばらく使ってみて、問題がなければ結束バンドで縛ってもう少しすっきりさせたい。
ケーブルアフター
書くとこの程度のものだが、なかなかしんどい仕事で一日かかってしまった。とりわけ、机の下に潜り込んで線を抜き差しするのが大変だった。このとき役に立ったものを紹介して終わりにする。

まず、ヘッドランプ。登山用具だが両手が開くので暗い所での作業に便利。防災用品としても使える。僕はずいぶん前に買ったペツルのジプカというのを使っている。


もう一つは、インラインスケートをするときに使うニーパッド。固い床にひざまずいても、まったく痛くならない。ちょっと暑苦しいけど。
ニーパッド

とりあえず、これで夏休みの宿題がまた一つ終わった。