6月の終わりがとんでもない暑さだったのに比して、7月中は梅雨みたいな天気が多く、比較的(あくまで比較的)過ごしやすかった。今日はやたらと暑かったけど。

それにしても7月はいろいろなことが起きた。まず、7月2日のKDDIの携帯電話回線に通信障害が起きた。僕自身はKDDI回線を使っていないので無関係だが、なにしろ電話だから思わぬ影響があった。(KDDIの通信障害に泣かされた:2022年07月02日)。ちなみに、利用者には200円の返金を行なうという。該当者は莫大な数なので、一人二百円でも約73億円になるそうだが・・・う〜ん、どうなんだコレ。

なにしろ現代では最も重要なインフラの不通が3日も続いたから、これは今月一番のニュースだろうと思っていたら、それが霞んでしまうほどの大事件が起きるとは思わなかった。

KDDIの通信障害から約一週間後、安倍晋三元首相の暗殺事件が起きた(安倍晋三元首相、暗殺さる:2022年07月08日)。突然入ったニュースには目を疑ったが、時間が経過しいろいろなことが分かってくるにつれ、犯行が自作銃によるものだったこと、犯行の動機が旧統一教会に対するものだったことなど、暗殺事件そのもの以上にインパクトが大きく、テレビの報道も今日に至るまでこれ一色になっている。書きたいことはいろいろあったが、重すぎてひとつも書けなかった。

そして、新型コロナウィルス第七波である。10日に東京都の新型コロナウィルス感染者数:2022年07月10日という記事を書いたのは、ちょっとヤバそうだなと思ったからなのだが、あれよあれよといううちに都民60人に1人がコロナ陽性:2022年07月29日という事態になった。それでも政府からはロクな対策が出ず、もう自然減を待つ腹らしい。

個人的なことでは、石川忠久先生(石川忠久先生が亡くなられたらしい:2022年07月12日)と松本寧至先生(松本寧至先生が亡くなられた:2022年07月27日)の訃報が大きなニュースだった。二人とも僕が二十歳のころに初めて会って、その後の僕に大きな影響を与えてくれた。今はもう、感謝しかない。

例年、ブログ強化月間が終わると、書き終えた安堵感があるのだが、今年に限っては何か書き足りない気がする。「思しきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。」(『徒然草』第十九段)という気持ちである。