このブログの洛陽橋(万安橋)に行ってきた:2010年11月17日という記事のアクセス数が妙に増えている。それもSNSからではなく、Googleなどの検索からの流入だ。何だろうと思って調べてみたら、福建省の万安橋が燃えたらしい。

現存する中国最長の木造アーチ型屋根付き橋で火災、900年の歴史―中国メディア:Record China
中国国営中央テレビによると、中国福建省寧徳市屏南県にある「現存する中国最長の木拱廊橋(木造アーチ型屋根付き橋)」の万安橋で6日夜、火災が起き、橋体が燃えて倒壊した。
火は同日午後10時45分に消し止められた。死傷者は出ていない。
ニュースを読んで一瞬目を疑った。僕が行ったのは石造りで燃えるわけがない。調べてみると、同じ福建省だが寧徳市屏南県という所にある万安橋だった。同じ福建省とはいうものの、省都福州市のさらに北にある、山の中の小さな町らしい。

僕が行ったのは福建省泉州市の万安橋で、一般的には洛陽橋という。だから「洛陽橋に行った」とだけ書いておけばよかったのだが、ここは宋の四大家の一人蔡襄の万安橋記という石碑で有名なので、カッコ付きで万安橋という別名も入れた。それが検索にヒットしたらしい。ちなみに蔡襄は『水滸伝』で梁山泊軍団とは敵役になる蔡京と親戚で、本来宋の四大家は蔡襄ではなく蔡京だったともいわれる。

それにしても、日本の報道はいいかげんである。たとえばこれ。
築900年の中国最長の橋「万安橋」が炎上 “国家級の歴史文化財“指定:Yahoo!News-ABEMA TIMES
「万安橋」は900年前に架けられた、中国で最長となる“98メートル”の橋だ。木造のアーチ橋として知られていて、釘を1本も使わない伝統的な方法で建てられ、中国では「国家級の歴史文化財」に指定されている。
98メートルぐらいで最長なわけがない。現代の橋は除くとしても、泉州の洛陽橋は1200メートル、北京の盧溝橋は266.5メートルである。「木造の橋としては最長」でなければおかしい。また、日本の報道はどれも「福建省」としか書いていない。中国の地名に疎い人が多いとはいえ、面積では北海道の1.5倍ぐらいあるのにいくらなんでも雑すぎる。