醒睡笑』がまだ終っていないが、駄洒落攻撃にいささか飽きてきたので、『唐鏡(からかがみ)』の電子テキスト化を開始した。

松平文庫本『唐鏡』:藤原茂範


『唐鏡』はその名の通り三皇五帝の時代から東晋までの中国の歴史を、『大鏡』のような歴史物語(鏡物)の様式にまとめたものである。作者は『本朝書籍目録』から藤原茂範とされ、13世紀の成立と考えられている。

鏡物なので大枠となる序があり、『大鏡』でいうと大宅世継と夏山繁樹に当たる人物もちゃんと出てくる。中国の歴史を語るのだから、中国人と通訳みたいな設定になっているのがおもしろい。
『唐鏡』序
この時、二人の高僧あり。転誦の始めより、聴聞の体にて傍らを離れ給はず。今夜近くゐ寄りてもののたまふ。一人は師とおぼしき体なり。そののたまふ言葉は聞き知られず。いま一人の、弟子とおぼしき人にぞ師の言葉を伝へらるる。通事などの儀なり。
今のところ、伏羲から尭まで作ってみたが、文字はややクセがあるものの、それほど読みにくくはない。だが、翻訳・翻案作品独特の難しさがある。

『唐鏡』は中国の歴史なので、やたらと難しい字がでてくる。それ自体は覚悟していたし、漢籍に出典があるので調べればすぐわかるが、作者もしくは筆写者がよく理解しないまま書いている部分があるようで、異体字なのか、誤字なのか、そもそもそんな字があるのか、判断が難しい部分もある。

僕では力の及ばないところもあるので、ぜひとも識者の方のご協力を仰ぎたいところ。よろしくお願いします。

もちろん、『醒睡笑』もまだまだ続くので、こちらもよろしくお願いします。