今月の出来事で忘れられないのが、元旦に発生した能登半島地震である。

その時、僕は近所の神社に初詣から帰ってきて、コンビニのおにぎりを食べていたら、妙にめまいがしてきた。普段めまいなんかしないし、酒も飲んでいない。初詣で小一時間行列に並んでいたから疲れたのだろうと思って寝てしまった。

目が覚めたら、弱い地震がきた。めまいと関係あるのかは分からないが、これが能登半島地震だった。300キロ離れた東京でも感じられる揺れがあった。テレビをつけると、NHKのアナウンサーが絶叫して津波からの避難を呼びかけていた。その後の被害は伝えられている通りである。

2日、今度は羽田空港で、震災対応のため新潟へ向かう予定の海上保安庁の飛行機と、日航の旅客機が衝突事故を起こした。日航機の乗客・乗員は全員無事だったものの、海保機の方は機長以外の五人が亡くなる惨事となった。

もう、書いているだけで気が重くなってきた。実はもうちょっといろいろ書こうと思っていたことがあったのだが、間違ったことを書いたらいけないし、そもそも震災自体はまだ終わっていない。

今は覚えに概要だけ書いておく。犠牲になった方のご冥福と、一日も早い現地の復興を祈るのみ。