ちょっと古い話だが、今年に入ってから、amazonアソシエイト(アフィリエイト)が画像を配信する機能を停止した。そのため、かつてリンクを張っていたところはこんなふうになっている。リンクそのものも生きてはいない。
amazon書影リンク

現在、やたがらすナビの方はすべて削除して、新たに検索リンクを張ったのでもうこれは出ないが、このブログは修正しきれないので放置してある。特に古い記事にあるのはどうにもできない。

僕が書籍を紹介したときにamazonのリンクを使っていたのは、もちろんアフィリエイト収入がほしいからというのもあるが、それ以上に商品の画像(書影)が自動的に出たからである。

出版社のページへのリンクだと、形式がまちまちで、場合によっては書影がないこともある。絶版の本にはデータすらないこともある。また、書影の著作権もあって安易に紹介することもできない。書影を紹介するのもなかなか面倒なのだ。

書籍というものは中に書いてある内容が一番重要なのはいうまでもない。とはいえ、入手する前にすべてを読むことはできないから、それに題名と作者、出版社、刊行年月日、ISBNなどの情報が付く。本を特定するだけならこれで十分なのだが、生身の人間にとっては文字の情報だけで書籍を特定するのは難しい。

そこで書籍の外形の情報が必要になる。どのような装丁か、表紙には何が書かれているか、どのくらいの大きさか、これらは書籍を特定する重要な情報になる。amazonの書影で分かるのは表紙だけだが、それでもないよりは100倍ましなのである。

とくに古典の場合は、同じようなタイトルの本が複数出ている。場合によっては校訂者も出版社も同じだが、シリーズが違うということもある。表紙が見られればそんな場合でも一目瞭然で区別できる。

おそらく、商品画像を配信するコストと、それによるamazonの儲けが見合わなくなってきたのだろう。amazonも商売だから仕方がないが、書影のデータベースとしては便利だったのでとても残念である。