カテゴリ: 漢文

『今昔物語集』に、曹娥という女の子が父親に殉じて川に投身したという説話がある。

『今昔物語集』巻9第7話 会稽州曹娥恋父入江死自亦身投江語 第七:やたナビTEXT

この説話は、『後漢書』列女伝が元ネタで、それによると次のような話になっている。
昔、会稽州に曹娥という十四歳の少女がいた。曹娥の父、盱(く)は歌や舞いを川の神様に献ずる人だったが、漢安二年(一四三)五月五日、神様に召されて川に落ちた。神様に召されたため遺体は上がらなかった。曹娥は父との別れを悲しみ、川ばたで七日七晩、昼夜を問わず声を上げて泣き、ついにみずから川に身を投げてしまった。地域の人たちは曹娥を孝女として讃え、県の長官は石碑を建てた。
現在この川は曹娥江という名前になっていて、紹興酒でおなじみ浙江省紹興市の北東にある。一度行きたいとは思っているのだが、紹興には三回も行っているものの、ちょっと離れている上にただの川なので、まだ行っていない。それはともかく、この説話、いろいろヘンな方向に広がりがあって面白い。

県の長官が建てたという石碑は現存しないが、碑文はかの書聖王羲之が書いたとされる『孝女曹娥碑』で伝わっている。ただし王羲之の時代には見られない筆法があるので、もっと後の時代のものとみられている。

これよると、曹娥ちゃんは身を投げて五日後、父親の屍を抱いて川から出てきたとある。本来、溺死した父に殉死したというだけの話が、すでに尾ひれが付いている。

そして『孝女曹娥碑』には、碑文の後にちょっと面白い文が書き加えられている。
孝女曹娥碑
漢の議郎の蔡邕(さいよう・碑文では蔡雍)は曹娥碑の話を聞いてこれを見に来たが、闇夜で見えなかったので、手さぐりでその文を読んだ。そして碑に「黄絹幼婦外孫韲臼」と書き込んだ。

蔡邕は『熹平石経』を書いたことで知られる後漢の学者である。見に来るんなら昼間に来いよとか、なに落書きしてるんだよとかツッコミどころはあるが、それにしても「黄絹幼婦外孫韲臼」の意味がまったく分からない。

ところが、これを読み解いた人がいる。三国志でおなじみ曹操と臣下の楊修である。
曹操が江南に行った時に『孝女曹娥碑』を見た。曹操は碑文の最後にある「黄絹幼婦…」の文言を見付けたが、いくら考えても意味をとることができない。同行の楊修に「お前、この意味分かるか?」と聞くと、楊修は「分かります」と言う。曹操は「ちょっと待て、ワシが解くまで答えを言うな」と言って、帰りの道中、必死に答えを考えた。三十里ほど行ったところでピンと来た曹操が楊修に答えを求めると、楊修は次のように答えた。

「黄絹は糸の色だから糸+色で【絶】、幼婦は少女だから女+少で【妙】、外孫は女(むすめ)の子どもだから女+子で【好】、韲臼(スリバチみたいなものか?)は受辛(辛いものを受ける)だから受+辛で【辤】(辞の異体字)。通して読むと『絶妙好辞(絶妙に良い言葉)』という意味です」

これを聞いた曹操は「私の考えた通りだ。しかし私の才は楊修には遠く及ばない。その差は距離にして三十里もあることを悟った」と言った。(『世説新語』捷悟)
楊修は曹操に仕えた優秀な役人である。この説話は、楊修の優秀さと、自分の能力の限界を理解しそれを補う優秀な人を積極的に登用した曹操の性格をよく表している。ナゾナゾを解読して優秀さを表現するという点では、『宇治拾遺物語』に出てくる小野篁の説話(第49話小野篁広才の事)を思い出す。

ついでにいうと、曹操は建安十年(二〇五年)、豪華な葬礼を戒めるため石碑の建立を禁止(禁碑令)している。もし曹娥の殉死が禁碑令の後だったら、これらの話は一つも生まれていなかったことになるのも面白い。

それにしても、王羲之が碑文を書いたとか、蔡邕がナゾナゾみたいな文句を書いたとか、それを楊修が読めたとか、よく出来た話ばかりで胡散臭い。なお、中国では現在も「黄絹幼婦」は「絶妙」を意味する故事成語として使われているらしい。

黄绢幼妇:百度百科
このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで京劇には全く興味がなかった。何しろ何を言っているのかわからないし、ある程度ストーリーを知っていても、うろ覚えだから演技だけで理解できる自信がない。

しかし、京劇には『水滸伝』を元ネタにするものがいくつかあるのを知って、Youtubeで見てみたらなかなか面白かった。ストーリーは知っているので、言葉は相変わらずよく分からないものの、誰が何をしているのかはよく分かる。

魯智深と林冲が暴れる『野猪林』、李逵が母親に会いに行き虎退治をする『李逵探母』、武松の虎退治『武松打虎』などを見たが、一番面白かったのが『時遷盗甲』。


時遷はこそ泥の達人である。宋江から、徐寧を仲間に引き入れるため家宝の鎧を盗めという命令が下り、夜中に徐寧の屋敷に忍び込み、天井の梁にぶら下げられている鎧の入った箱を盗み出す。単純明快なので、『水滸伝』を知らなくても楽しめるだろう。

登場人物はほぼ時遷一人だけ。これがまたヘンな格好をしている。表情も喋り方もしぐさも面白いし、パントマイムありアクロバットありコサックダンスもどきありで見ていて飽きない。京劇というと、やかましくドンドンシャンシャンやっているイメージだが、なにしろ鼓上蚤(太鼓の上ではねても蚤が飛ぶのと同じように音がしない)と渾名されるドロボーなので、ほとんど無音の場面も多い。

それにしても、箱が小さすぎる。書類箱みたいで、とても鎧一式が入っているようには見えないな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ことほどさように(昨日の記事参照)、トップにはゼネラリスト性が求められるのだが、最近水滸伝脳になっているので、林冲と王倫の場面を思い出した。

林冲は武術のスペシャリストである。彼は晁蓋らを受け入れなかった初代首領の王倫を殺してしまう。普通なら殺した林冲が首領になるが、自分は器でないと固辞し、首領の座を新参者の晁蓋に譲る。自分にゼネラリストとしての能力に欠けていることが分かっていたから晁蓋に譲ったと見ることができる。

さて、梁山泊の歴代首領は王倫・晁蓋・宋江の三人がいるのだが、この三人、全然違うタイプで、現代でも上司としていかにもいそうな感じでおもしろい。

1.王倫
王倫は科挙に落ちた落第書生である。落ちたとはいえ、科挙を受けるぐらいだから頭はいいのだろう。

しかし、彼は腕の立つ人物が来ると、自分の座が脅かされるのではないかと不安になり、仲間に入れることができない。自分以下のレベルの人しか扱えないのである。

こういう人はお山の大将で満足していて、組織を大きくすることはできないし、その気もない。いかにも中小企業の社長に多そうな人物である。

2.晁蓋
もともと田舎番長みたいな人で、宋江ほどではないが人望がある。番長だから腕に自信もある。しかし、下手に自信があるために、みんなが止めるのも聞かず、自分が戦場へ行ってしまったため戦死してしまった。

部下にとって必要なのは、トップの統率力であって、実力ではない。実際、『水滸伝』では、晁蓋が出陣しようとするのを、宋江たちが止める場面が度々出てくる。しかし、本人からするとそれでは我慢ができない。現場に出て腕をふるいたくてしかたがないのだ。

トップが現場を理解しているのは大事なことだが、みずから現場に出るのは困りものだ。だいたいロクな結果にならない。

3.宋江
宋江は番頭タイプの人である。文武両道のゼネラリストで、人望もあり統率力もあるのだが、トップに立つことを全く考えておらず、常に二番手以下を望んでいる。実際、そっちのほうが力を発揮するタイプだろう。

ところが、不幸にも晁蓋が死んでしまったために、周りから推されてトップにされてしまった。トップなんて思いもしないから、首領になった後もバカバカしいぐらいに首領の座を譲ろうとする。

ところが、人望で宋江に勝てる人はいないので、誰も引き受けない。ならば国のトップである皇帝をトップにするしかないということになる。だから宋江は招安(朝廷に帰順すること)にこだわる。宋江はもともと小役人だったが、いかにも役人的な考え方である。

どうにも三人とも帯に短し襷に長しで、なんともビミョーな気持ちになる。しかし、『水滸伝』はそこがいいのだ。どの〈好漢〉をとってもビミョーな気持ちになるのが、『水滸伝』の面白さである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

連休二日目、天気がいいので湯島聖堂の孔子祭に行った。いわゆる釈奠である。会場は湯島聖堂の大成殿。
大成殿
湯島聖堂といえば日本を代表する孔子廟だが、釈奠は儒式ではなく、裏の神田明神の神官が執り行う。雅楽が流れる中、「お〜〜〜」という警蹕とともに厨子を開け、お供えを捧げる。この形式は江戸時代から続くものらしい。
孔子祭
昔、僕はここに二年ほど住んでいた。孔子祭の前になると供物の用意をしなければならない。供物のリストをもらって、それを御徒町の吉池というスーパーへ買い出しに行くのだが、コンプリートするのが難しいので苦労した覚えがある。
供物
リンゴなどが乗っている容器を「豆(トウ)」という。「豆」という字とよく似た形をしているが、形が似ているから「豆」というのではなく、本来「豆」という字はこの容器を意味していた。

数ある供物の中でも、一番大事なのが生贄である。本来は生きた羊などをお供えすべきものだが、湯島聖堂では鯉になっている。2つめの写真にある7つの黒い箱に入っているはずだが、なぜか生気が感じられない。昔は大暴れする鯉を捕まえて箱につめ、やっとおとなしくなったと思ったら、儀式の最中に突然暴れだしたりしたものだが・・・。

終わってから箱の中を見ると・・・。
生贄の鯉
暴れないのも道理、なんとぺちゃんこの写真になっていた。職員に聞くと、震災の時に生きた鯉が入手難になって、そのまま写真になってしまったという。なるほど無益な殺生はよくない。しかし、写真というのもいかがなものかと思うので、そのうち立体的なのを寄付してあげようと思った。

神官による儀式の後は、祭主や来賓の拝礼が続き、早稲田大学の土田健次郎氏による講経(こうけい)があった。講経とは簡単な講義で、今回は「孔子の師は誰か」というテーマである。孔子の師匠(の一人)が老子というのは、『今昔物語集』10-9にも出てくるので、なかなか興味深かった。

しかし、来月は改元である。本来ならそこにも触れてほしいところだが、「令和」は『万葉集』が出典のためか、まったく触れられなかった。宇野茂彦氏による主催者挨拶でも出なかったので、寂しいかぎりである。

大成殿での儀式の後には講演会があるのだが、一時間立ちっぱなしで、はなはだ疲れたので遠慮した。せっかくここまで来たので、神田明神にもお参りしてきたのだが・・・。
神田明神
僕の知ってる神田明神じゃなくなってボーゼンとした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

男臭いバイオレンスでおなじみの『水滸伝』だが、意外にも書道も関係がある。

梁山泊一味の宿敵、奸臣の一人が蔡京である。梁山泊の宿敵になるぐらいだから、史実の蔡京もあまり評判がよろしくなく、『宋書』では列伝231奸臣2に入っている。正史で奸臣に入るのだから、相当なものだ。

その蔡京は、宋の四大家(蘇軾・黄庭堅・米芾・蔡襄)の一人、蔡襄(洛陽橋(万安橋)に行ってきた続 洛陽橋(万安橋)に行ってきた参照)の甥で、自身も能書家として知られている。

『水滸伝』には、蔡京が能書家であることをうまく利用したエピソードがある。

『水滸伝』第三十九回で、潯陽樓の壁に反乱の詩を書いた罪で囚われた宋江を梁山泊一味が救助するため、蔡京からの手紙を偽造する場面がある。作戦の発案者呉用の言葉に宋の四大家が出てくる。
如今天下盛行四家字体、是蘇東坡・黄魯直・米元章・蔡太師四家字体。蘇・黄・米・蔡宋朝四絶。

講談社文庫『水滸伝』(駒田信二訳)による和訳は次の通り。
いま天下にもてはやされているのは四家の書体、すなはち蘇東坡・黄魯直・米元章・蔡京の四家の書体で、蘇・黄・米・蔡といって宋朝の四絶と称されております。

呉用は書の達人蕭譲と彫刻の達人金大堅をむりくり仲間に引き入れて、蔡京の書と印を偽造させる。蔡京の書と印は、当時流行の書として、法帖(お手本)が出回っていたので、上手い人なら簡単に偽造することができたというわけだ。古い印をお手本にしたため、文書偽造がバレるという落ちがつくのだが、108人の好漢の中に書家と篆刻家(のようなもの)が入っているというのが面白い。

それにしても、呉用の言う宋朝四絶は現行の宋の四大家と違う。蘇東坡・黄魯直・米元章は、それぞれ蘇軾・黄庭堅・米芾だから問題ないが、蔡襄であるべきところが蔡京になっている。

『水滸伝』が書かれた明代では蔡京だったのか、あるいは、作品中で辻褄を合わせるために蔡京にしたのか。蔡京が奸臣だから蔡襄にしたというのは一応説得力はあるが、『水滸伝』の書かれた明代よりあとに、奸臣だからといって蔡襄にするのはちょっと遅すぎる気もする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、『水滸伝』にはまっている。

実は、登場人物がやたらと多い長編ドラマが苦手だ。読んでいるうちに誰がだれやら分からなくなってしまう。だから、中世文学が専門なのに、『平家物語』も『太平記』も苦手。『水滸伝』は108人の好漢が梁山泊に集結する物語というではないか。108人!聞いただけで興味が失せる。

というわけで、今まで、まったく興味がなかったのだが、妻が2011年に中国で制作されたテレビドラマ『水滸伝』を何話か見て面白いというから見てみた。たしかに面白い。テレビドラマだと顔が見えるので、文章を読むよりも登場人物が覚えやすくていい。それでも108人+諸々の人々は多すぎるけど。
水滸伝公式サイト

この機会に原作(の翻訳)も並行して読んでいる。

原作と比べてみると、後半になると冗長な合戦が省略されるようだが、話の流れはだいたい原作と同じ。

改変部分の傾向としては、

・残酷すぎる描写はカットかマイルドになっている(けど、血はドバドバ出る)。
・妖術などの神秘的な描写がない(ので、道士の公孫勝先生の存在感が薄い)。
・原作でキャラが崩れたとき、修正しようとする(特に宋江がらみ)。

バトルシーンはワイヤーアクションを多用して、最近のカンフーアクションっぽくなっている。特に前半は一対一のバトルが多いので、カンフー映画にしか見えない。舞台となる市街地や山寨がやたらとリアルだが、山東省に壮大な宋代のセットを組んで撮ったそうだ。そして、なんといっても俳優が個性的でいい。

はまったのにはもう一つ理由がある。さすがにこれだけ中国に行っているので、かなり土地勘があったことだ。よく出てくる、山東省・河北省は自転車旅行で二回縦断し、ツアーで一回行っているので、たいがいの場所は分かる。

中国自転車旅行記(北京〜上海):やたがらすナビ

梁山泊のある梁山県は18年前、初めての自転車旅行で行った。梁山県はカッサカサに埃っぽく乾いていたので、梁山泊はもっと外れにあるのだろうと思っていたのだが、実際には黄河の流れが変わったので、沼沢がなくなったらしい。街のど真ん中に小さな山があって、小汚い子供が登って遊んでいたのをよく覚えている。これが梁山泊の山寨だったらしい。

もちろん、内容が面白いのが一番の理由だったりするのだが、それはいずれ気が向いたときにでも。なにしろ、やたらと長い作品なので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大喜利そのものは、笑点以前からあったが、座布団を重ねるのは笑点が初めだそうだ。今では笑点といえば大喜利、大喜利といえば座布団となっている。

しかし、このシステム、誰が考えたかは、諸説あってよく分かっていないらしい。笑点の初代司会者で企画者でもある立川談志が考えたとも、当時の日本テレビチーフプロデューサー小暮美雄氏が考えたとも言われているが、確固たる証拠はないようだ。

「山田くんの座布団、実は自前説」不確かな「笑点」50年目トリビアを追う:exciteニュース
さて、この座布団をあげるシステム、誰が考えたのかがはっきりしていない。『金曜夜席』のプロデューサーだった小暮美雄氏が「寄席で演者ごとに座布団を裏返す所作にヒントを得た」というのがスタッフの間では通説。一方、大喜利をメインに構成したのは談志のアイデアであり、座布団のシステムも談志は「自ら考えた」と語っていたそうだ。
座布団を裏返す所作と、積み重ねる所作にはずいぶん開きがあるように思えるが、『蒙求和歌』に、どう考えても大喜利の座布団の由来としか思えない説話を見つけた。
『蒙求和歌』第14第16話 戴馮重席:やたナビTEXT
おほやけ、正旦の朝賀に、文道に賢き人を抜き出でて、召し合はせて、論談をなして、試みらるるに、負けたる人の筵取りて、勝ちたる人の筵に重ねられけり。

元旦の朝賀のとき、帝が賢人を集めて論談をさせた。負けた人の筵を取り上げて、勝った人の筵に重ねるルールだったが、戴馮は五十余枚を重ね、人々を目を驚かせた。

『蒙求和歌』なので、いうまでもなく典拠は『蒙求』だが、さらにもとをたどると、『後漢書』儒林列伝である。こちらは「戴馮」ではなく「戴憑」になっている(古注蒙求も「戴憑」とするものが多い)が、内容は同じ。
正旦朝賀,百僚畢会,帝令群臣能説経者更相難詰,義有不通,輒奪其席以益通者,憑遂重坐五十余席。
おそらく、大喜利のように何人も並んで問答したのではなく、一対一で論談し、負けた方の筵(むしろ。蒙求・後漢書では席だが、意味は筵)を勝った方が取ったのだろう。

これが本当に由来かどうか分からないが、『蒙求』にあるのなら、そこそこ知られていた話だろうから、談志なり小暮氏なりが知っていたとしても不思議ではない。全く無関係だとしても、漢代の皇帝と現代の日本人が同じことを考えるというのは、なかなか面白いことである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蒙求和歌』第10第17話(147) 荘周畏犠は、次のような説話である。
楚王が荘周を宰相にしようと使者を送った。使者からそのことを聞かされた荘周は、「あなたは生贄をご存知ないか。生贄は、最初はきれいに飾られて、餌も十分与えられるが、最後は殺されてしまう。私は生贄にはなりたくない」と言って、家にこもってしまった。
荘周は荘子のことだが、この説話の最後に、一言、こんな文が付け加えられている。
荘周は夢中に胡蝶となりし人なり

これが『荘子』斉物論の「胡蝶の夢」のことを言っているのはいうまでもない。高校の教科書にも出てくるほどポピュラーな説話である。内容はご存知の方が多いだろうし、説明するのも面倒くさいので、Wkipedia先生にお任せする。

胡蝶の夢:Wikipedia

「荘周は夢中に胡蝶となりし人なり」という文を読んで、なんだか微笑ましく思った。もし、僕が授業でこの説話を扱ったら、たぶん同じことを言うだろう。「この荘周ってのは、荘子のことだな。ホラ、夢で胡蝶になった人だよ」と。

この文は、『蒙求和歌』の対象とする読者がどういう人だったかを端的に表している。

もし単純に荘周が荘子だという注釈を付けたいなら、「荘周は荘子なり」ぐらいですむ。わざわざ「胡蝶の夢」を持ち出すからには、荘周という名前を聞いても、それが荘子だとピンとこない人、それでいて「胡蝶の夢」の話を知っている人を読者としているのである。

『荘子』の「胡蝶の夢」は「昔者荘周夢為胡蝶」で始まるので、漢籍をまともに読んだ人なら、荘周でピンとこない人はいない。『蒙求和歌』の時代、「胡蝶の夢」の話はかなり人口に膾炙していて、直接読んだことがなくても、口伝えで子供でも知っているレベルだったのだろう。

もともと『蒙求』は初学者向きに書かれ、日本では「勧学院の雀は蒙求を囀る」という諺があるほど、学問をする人にとってはメジャーな漢籍だった。「荘周は夢中に胡蝶となりし人なり」という文は、『蒙求和歌』が直接『蒙求』を読むことができる初学者以前の人(おそらく子供)を対象にしたものであることを示しているのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国会図書館本『蒙求和歌』第10第3話「屈原沢畔 漁父江浜」は、『楚辞』や「汨羅の淵」でおなじみ屈原の説話である。

『蒙求和歌』第10第3話 屈原沢畔 漁父江浜:やたナビTEXT

ここで、屈原が止めるのを聞かず、懐王が秦に行き、殺されるくだりがある。ここがちょっとおかしい。

懐王、秦に至らむとするを、「秦は虎・狼のごとし。君、行きて、帰ることを得じ」と、屈原、諫(いさ)むれども聞かずして、秦に向ひて、項羽がために亡ぼされぬ。
項羽がためにほろぼされぬ
これは妙だ。屈原や懐王は戦国時代の人である。項羽とは全く時代があわない。

面白いことに、宮内庁書陵部本では「秦に向て死す」となっていて、項羽の項の字も出てこない。
秦に向て死す
わざわざ間違ったことを書き加えるとも思えないので、やはり書陵部本の方が後なのだろう。

それにしても、なぜここで項羽が登場したのか。もちろん、『蒙求和歌』が参照したであろう『古注蒙求』にはそんなことは書いていないのだが、国会図書館本『附音増廣古注蒙求』にちょっと面白い記述を見つけた。
附音増廣古注蒙求
これは『附音増廣古注蒙求』の頭注にあたる部分だが、ちょうど屈原が懐王を諌めても聞かず、子蘭の勧めで秦に入り、そこで死んだことが書いてある。ここに、「其後懐王死於秦長子頃襄王立」とある。

これは、「其の後、懐王、秦に死す。長子頃襄王、立つ」と読むべきもので、頃襄王はまさしく懐王の長子である。しかし、『古注蒙求』本文の方では「襄王」となっているので、「其後懐王死於秦長子頃。襄王立」と区切ってしまい、さらに頃と項を読み違えて、項といえば項羽だと、ムリクリ項羽に殺されたことにしてしまったのではないだろうか。

ちょっとオソマツな誤読に思えなくもないが、これが『蒙求和歌』もともとの本文だったかは分からない。というのは、書陵部本だとこの部分は二字下げになっていて、注の形式を取っているからである(国会図書館本はそうなっていない)。『蒙求和歌』は注の混入が多く、これも後人が入れたものである可能性がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかしたら先行研究があるかもしれないが、ちょっと面白いことに気づいたので、メモ程度に書いておく。

『蒙求和歌』の第2第5話「漂母進食 郭公」は、貧しい時代の韓信が漂母というオバチャンに助けられ、後に楚王となった時に、恩を返したという話である。典拠は『蒙求』の他、『史記』淮陰侯列伝である。

韓信が漂母に出会う場面、国会図書館本『蒙求和歌』では次のようになっている。
下邳ト云所ニ行テイヲヲツクリケルニ漂母来テ・・・
国会図書館本蒙求和歌
「イヲヲツクリケルニ」は「庵を作りけるに」と解釈できる。「庵」は本来の表記では「いほ」が正しいが、この程度の表記ブレは珍しくない。

これでいいだろうと思ったのだが、ちょっと気になって、『蒙求』を見てみた。すると、韓信は魚を釣っている。次の写真は国会図書館本『付音増広古注蒙求』によるもの。「下邳ニ至リテ釣リス」と書いてある。
古注蒙求
念のため『史記』にもあたってみたが、やはり韓信は釣りをしている。

だとすれば、「イヲヲツクリケルニ」は「ク」を削除して、「イヲヲツリケルニ(魚を釣りけるに)」となる。「魚」は「いを」なので何の問題もない。「ク」と「リ」は字形もにているから、たぶん間違えて余分に書いちゃったんだろう。めでたしめでたし・・・。

だが、やはり気になるので、書陵部本の二本を見てみた。

桂宮本『蒙求和歌』:書陵部所蔵目録・画像公開システム
『蒙求和歌』:書陵部所蔵目録・画像公開システム

下の写真の左が桂宮本である。すると・・・。
書陵部本の二本
なんと、どちらも「家を作りけるに」となっているではないか。

おそらく、魚(イヲ)→庵(イヲ)→家(イヘ)になったものだろう。しかし、他の説話を見ると、国会図書館本が欠いている和歌が書陵部本にはあったりするので、直接の親子関係にはないように思える。

校訂本文をどうするか悩んだが、典拠に従って「魚(いを)を釣りけるに」にしておいた。書陵部本と違い、「魚を釣りけるに」という本文の痕跡が見えたからである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ